フォト
無料ブログはココログ

2013年8月28日 (水)

いざ蒲郡のクラシックホテルへ

紀伊半島はかなり広く、高速道路も伊勢付近までしかない。半島先端近くの熊野からの帰りは名古屋近辺に戻るだけでも半日近く要する。そこで、東京へ帰る途中、もう一泊しようと思い、本日は予てから泊まってみたかった蒲郡ホテルを目的地と設定。天候にも恵まれ海を横目に気持ちの良い一日!

今日の行程、330km。
130828009

カヌー仲間と別れ、湯ノ口温泉ともお別れ。
130828010

丸山千枚田、帰路の途中にありちょっと立ち寄ってみた。日本のアチコチにある棚田なのですが、コチラは紀伊半島特有のゆったりした山々に囲まれて美しいのと、おどけたカカシ達が魅力。
130828012

丸山千枚田、棚田を上から下まで歩いて散策するあぜ道兼遊歩道がありました。
130828013


愛車と千枚田(笑)。
130828014

千枚田から国道までの近道を通ったところ、路面が苔生している。滑ってはアカンとゆっくり運転。
130828015

ここから先は伊勢方面の高速入り口まで海沿いをのんびり流します。
130828016

松坂のインターを降りて10分あまり走り、松阪牛伝導の功労者である和田金へ。こちらは牛御殿(笑)、これだけ立派な建物なので平日は予約なしでもOKな様子。せっかくの機会でもあり、すき焼きをいただきました。
ちなみに牛はここから三キロ離れた山方面に2000頭が飼育されているらしい。
130828017

国産牛肉を見る目が変わってしまった。サシは多くなく、肉自体のうま味が際限ない・・・
130828018


この伊勢湾岸高速のおかげで名古屋市内を抜けることなく豊田、岡崎方面に。交通量も少ないのであっという間に目的地、蒲郡クラシックホテルに到着。
130828019

蒲郡クラシックホテル
クラシックホテルのたたずまいが好きで、いつかはここに泊まってみたいと思っていた。ご多分に漏れず蒲郡ホテルも経営が度々かわり、琵琶湖ホテルのように宿泊ができなくなってしまう可能性もあり、気をもんでいたのだが、ついにその機会が。
蒲郡は関東に住む者からするとなかなか泊まるには微妙な場所で、いずれと思っていながらなかなか機会がなかった。やはり、ここまで来たら名古屋に泊まるか、手前の浜松あたりの温泉+ウナギか、となってしまうからである(笑)。
で、ついにやってきました蒲郡ホテル。最近、西武グループの手を離れてやきもきしていたが、幸運にも昔の趣をしっかり残しつつ営業中。
バイクで高台のホテル玄関に乗り付けるとご高齢のドアマンの方が心配顔でオートバイの専用の置き場がない、と。駐車場に屋根がないことと監視が行き届かないことを、とっさに配慮してくれたらしい。ここからしてホスピタリティのよさをジンワリ感じる。後にわかったことだが、この方もバイク乗りで、たいへんよくしてくれ、時間をかけてホテルの歴史を案内してくださった。
ちなみに、蒲郡ホテルは昨年で旧「常磐館」として創業してから100周年を迎えた。今回、宿泊した建物のほうは築80年の和洋折衷建築。「常磐館」は現在取り壊され、跡地に建つ文学記念館に往年の調度品などが飾られている。


小高い海に面した丘に建てられており、向かいには竹島という小島があって風光明媚な立地。ホテル前にはたくさんのツツジが植え込まれており、開花時は壮観とのこと。戦中は病院として使用され、戦後は数年間、米軍に接収され将校達が使っていたらしい。
130828042

やや暗めで重厚なロビー。
130828044

ロビー頭上。
130828045

レストランの照明。
130828046

エレベーターはフロアを針で指し示すタイプ。門構えのファザードは威厳ある面構え。数年前まで扉は蛇腹式だったらしい。
130828051

これは部屋のバスルームへの扉。ちょっとアール・デコっぽい。
130828052

階段途中の窓。
130828053

玄関より。最上階の4階は展望台であったが、老朽化の為閉鎖中とのこと。ドアマン氏によると、展望台からは、またちょっと趣向の変わった景色が楽しめるとか。
130828061


玄関の先の梁と松の紋様だけは初代の「常磐館」より移設したらしい。
130828062


ホテル下にある海辺の文学記念館。ホテル前身の「常磐館」の趣を再現しており、昔のホテルの調度品が展示されている。
130828063


昔のホテルパンフレット。
130828064


調度品の一部。
130828065


常磐館の見事な欄間。
130828066

宿泊したホテルの部屋からの景色(夕暮れ時)。向かいは400m先に浮かぶ竹島。
130828070


竹島側からホテル全景を。文豪達が愛したのも、よくわかる、絶景を前にゆったりできる素晴らしい環境。
130828071


レストランで使われているお皿の絵柄も。
130828074


ちなみにお皿は大倉製。
130828075

巡り合わせよく、夕暮れ時に角のテラス席にてディナー。
130828079


2013年8月27日 (火)

熊野川でカヌーの二日間

以前オートバイから眺めて、その雄壮っぷりに惚れ惚れしていた熊野川を本日はカヌーで下る。川幅が広く、海辺の熊野速玉大社まで至る川はどこか神々しく厳かな川。この川をカヌーで下れるとは思いもよらなかった。あいにくの小雨模様だが、流れも緩くパドルを相応に漕がなくてはならないので涼しい環境はそれなりに快適(笑)。


黄色がGPSによる航跡。全長17キロ、最後は海が目前。
130826001

まずは腹ごしらえ。名物のサバとさんまのお寿司。
130826002


緩やかなで静かな川下り。川幅が広いので、心に余裕も(笑)
130826003


二日目は、瀞峡・北山川カヌー&熊野古道ウォーキング。早朝4時起床で朝靄の瀞峡(どろきょう)からカヌー出発、世界に通用する圧巻の景色。天候にも恵まれ、午後は熊野古道を散策。バイクでの旅行が多いとなかなかウォーキングの機会がなくて、これまた貴重。本当の意味で初めて熊野を堪能した気がした。

まだ薄暗いうちに出発。
130827002

朝靄の立ちこめる瀞峡。川面からの眺めはいっそう幻想的。
130827003

水の透明度が高く、カヌーが宙に浮いているよう。
130827004

みんなでカヌーを積み込み(笑)
130827005


朝ご飯には勝浦港産のマグロ丼をたらふくいただき、熊野古道へ。とても天気がよい一日。
130827006

古道らしい写真を。神様がアチコチにいるようで、歩いていて飽きない。
130827007

道の両面は林の手前にシダが密集。
130827008

熊野本宮大社の八咫烏、かわいい(笑)。かつてこの柄の手ぬぐいを販売していたのだが、今は見当たらずチト残念。
130827009

お昼のめはり寿司。高菜で味付けご飯を巻いたおにぎり。塩加減が絶妙で、いくらでもお腹に入ってしまう。
130827010


2013年8月25日 (日)

紀伊半島ツーリング

前日、伊勢に入り、今日は紀伊半島の真ん中をはしる国道168号線。鉄道が走っていない為に、コンビニなんかも一軒もなく、昔から自然が維持されているエリア。見事な渓谷と清流、風情のある小さな村々、ダムや古い鉄橋、吊り橋が道中いくつもあり、最後は熊野古道にいたる秘境感あふれる道。幾度か訪れているのだが、徐々にトンネル化が進み、さらに川の真上に高架の道路もできて味わい深い景観は失われつつある。旧道は豪雨により崩落してしまうことの多い一車線の道なので、住んでいる方には道路整備は吉報だと思うが、景観を楽しめるうちに是非もう一度訪れたい。

本日の行程 237km
130825101


バス等でも、なかなかアクセスのよろしくない天河神社へ。ここらはパワースポットらしくちょっとおごそか。雨は止んだが、気温は22度。
130825100


小雨ながらも涼しく快適な一本道。
130825102


ダイナミックな景観が延々と続きます。
130825103

谷瀬の吊り橋 長さ297m高さ54m、長さ日本一らしい。実は以前も訪問しているのだが、いよいよ駐車場が有料になっていた。バイクは100円だが。
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/3_b2d4.html

130825104

ぶよぶよの踏み板と板の狭間から見る谷底は恐怖。
130825105

最新の高架の道。7年前はなかった。快適かつ安全ながら風情はゼロ。
130825108

国道168号線の終点付近の川湯温泉で最後は足湯でマッタリ。川の底から温泉が出ているため、水温が高く皆さんずっと浸かって遊んでいる。ただ、温泉なので、長く泳いでいると、のぼせるらしい。宿泊は写真の亀屋旅館。たたずまいは旅館と言うより民宿。
130825204

薬膳料理が楽しめるということで、チョイスした宿。期待通りの美味しい薬膳でした。
130825206

各お料理には丁寧な解説が。
130825207

いつもなら残暑が続く中、20度ちょっとの外気というのは考えようによっては快適なツーリング。小雨に煙る川は風情もあるし、ここに来ると必ず半分の確率で雨に降られるが、やはり再訪したくなる紀伊半島であった。

2013年8月24日 (土)

伊勢方面へ数日のツーリング&カヌー!

今日から数日のツーリング&カヌー。今日は500km走って伊勢神宮を目指します。

出発の朝6時頃 皇居そばでなんと虹のお見送り。
130824102

足柄SAにて。雨は降らず曇り空、なんとか富士山が拝める。
130824104

伊勢湾岸道路のおかげで、三重県がとても近くに。新東名→伊勢湾岸で渋滞知らずであっと言う間に名古屋通過。
130824106

今年の伊勢神宮は20年ごとに社殿を建て替える式年遷宮で、外宮正殿の敷地内に白石を敷く御白石持行事というのがおこなわれているらしい。で、大賑わい。
130824113

そんなこんなで赤福も激混み。赤福氷、15分待ち。お抹茶シロップが上品風の味付け。
130824115

おかげ横丁でランチ。観光地ご飯と思いきや、どれも美味しい魚で、あなどれない@海老丸 おかげ横丁
130824117

雨模様なので、早々に伊勢神宮から引き上げ、ホテル近辺を2時間程度散歩。なんともひなびたよい街並みなのだ。こちらの甘味屋さんは以前から着目していた。
130824213

ショーウィンドウもこんな感じで味わい深い。
130824214

向かい側には、古き良き時代の丸い郵便ポストが未だ現役。
130824215

飲み屋街のファザード看板たち。
130824216

廃業してしまったジャズ喫茶。看板建築で頭上は煉瓦のお城風だった。
130824218

アーケード中央にあった、ちょっと戦えそうもないガンダム。
130824219


2013年2月22日 (金)

富士山朝霧高原フェアリーカフェへ真冬ツーリング

久々に真冬のツーリング。昔買い込んだ電熱ウェアに電熱グローブ、海外ツーリングで世話になっている足下防寒のスパッツを引っ張り出して、0度近い富士山麓を駆け巡って目指すは三好 礼子さんのフェアリーカフェへ。


フェアリーカフェ全景。目の間が富士山というのは借景としては豪華すぎw
130222001

美味しい自家製チーズケーキ
130222002


礼子さんの思い出がたくさんの店内
130222003

130222004


光の加減がすこぶる良いカフェの建物
130222005


ペースケさんに教わったベストヴューポイントに
130222006


手にしているところを見て、ペースケさんが懐かしがっていた地図もアップ。行きは139号で富士山を眺めつつ走り、帰りは71号で雪に覆われた樹海の道を通りました。ビューポイントは雪かきもしてあり絶景が楽しめます。
130222007


富士の樹海も雪だらけ
130222008


お泊まりは河口湖の温泉。こちらは翌朝の富士山。冬は空気が澄んでおり富士山も栄えます。
130222009


2012年8月24日 (金)

松本~高山ツーリング

松本出発→安房峠(旧道)→平湯→459号→高山→361号→野麦峠→松本 全行程214km 移動時間5:35 停止時間5:13 移動平均速度38.4km/h 全体平均速度19.8m/h
12082300a

乗鞍の麓の温泉街の平湯。山の上なのにかなり大きな街。右手奥が足湯(無料)@平湯
120824000


足湯の先で冷えた野菜が@平湯
120824001

道も綺麗で景色もよい@平湯→459号→高山
120824002

リノベーションが観たくて、町中の観光蕎麦屋w@高山
120824003


朝市のカボチャ@高山/宮川朝市
120824004

ももが安い!@高山/宮川朝市
120824005


ひなびた商店街に飛騨生コン歴史資料館発見w@高山/飛騨生コン歴史資料館
120824006


この生コン車一台でキツキツの博物館@高山/飛騨生コン歴史資料館
120824007

棒が一本ないのが残念!愛嬌ある書体と微妙なカーブが美しい。@高山
120824008


オールドスタイルの電灯@高山
120824009

泊まりたい…右のはポストのようだ@高山
120824010

山あり、川あり、森あり。道は狭いが車は非常に少ない@高山→361号→野麦峠
120824011


ところどころかなり山深い@高山→361号→野麦峠
120824012


高根第一ダム。アーチ式ダムとのことで弧を描いている@高山→361号→野麦峠
120824013


野麦峠まであと少し。こんな天気よかったのに…@高山→361号→野麦峠
120824014


昭和の味わいの野麦峠の館。入館料大人500円、一日何人訪れるのだろう@野麦峠
120824015


土砂降りの夕立でバスの停留所に避難@保平バス停留所/野麦峠下
120824016


おっ、日が射してきた!@保平バス停留所/野麦峠下
120824017


道は濡れ小雨まじり、でも前方は晴。緑のにおいが立ちこめ、なんともいい香り!@松本手前40km
120824018


2012年8月23日 (木)

東京から安曇野-長峰山-へ

中央高速 八ヶ岳SAにて 天気がよい!
12082322001


長峰山から北アルプス方面を。現在、おにぎりを食し中で、日本の夏を堪能中。とてもよい天気で木陰のそよ風が心地よい@安曇野
12082322005

長峰山近辺は狭いながらも完全舗装で楽に走れます。
12082322006

温泉発見!露天風呂独り占めwでのんびり中@湯多里山の神(松本近郊)
12082322007

好天の下、久方ぶりのツーリング初日となりました。

2011年8月19日 (金)

充実のお食事@ソウル

今回は初韓国。
羽田から2時間ちょい、
8:30に乗ると11:30に金浦空港到着という
海外とは思えぬ近さを体感。

早速、明洞そばのホテルをでて
お昼に食したのが近場の冷麺。
おばさんがハサミを入れてくれ
あとは自分でお酢を入れて味を調節。
暑い日には、ヒンヤリとよい昼食でした。

1108190


夜は「馬山方博士」というアンコウの煮付けで有名なお店へ。
店先の小ぶりのタコ。

1108191


こんな風に生のまま供してくれます。
コリコリぬたぬた、お酒のつまみによろしいです。

1108192


そして店前のカニたちは・・・

1108193

お母さんが丁寧に丼にご飯と醤油に漬けたカニを混ぜ合わせ

1108194


こんな感じで供してくれます。

1108195


そして、名物のアンコウの煮付け!
もやしまで辛いのですが、アンコウの味も引き立ち
更にご飯が食べたくなる、アグレッシブなお料理でした。

1108196


翌日は「カロスキル」入り口側の参鶏湯(サムゲタン)専門店で。
いささか風邪気味+飲みすぎには、非常によい選択。
塩味は自分で調整しつつ、
スプーンで身をほぐしていただきます。
暑い日に鍋?とも思いましたが、
かえって体調を整えてくれて、
その後の一日をなかなか気分よく過ごせたすぐれものの料理です。

1108197


そして、夜はアナゴの専門店へ。
少々大ぶりな穴子が水槽の中で優雅に泳いでいます。

1108198


そのアナゴの食べ方ですが、
ご覧のように器用に骨抜きをされた白身を
石焼でいただきます。

1108199


メインの焼き方は、焼肉と一緒。
野菜とにんにくミソとニラキムチでいただきます。
くどすぎない穴子の脂と野菜がマッチして
一つのおいしい穴子の食べ方と感心!

11081910


また、胡麻の葉や玉ねぎとアナゴを甘辛く炒めたもの。
これは、ビールやマッコリにとてもよくあいます。

11081911


最後の最後は、ご飯を入れて焼き飯に!
穴子三昧を満喫しました。

11081912


翌日のランチはプルコギ屋さんで。
下味付きとそのままの2種類を食すが
独特の下味をつけた肉はやはり味わい深く
ほかの店の味なんかも試してみたくなる。

11081913

お肉の後は、軽く冷麺を。
しかしこれが超辛くて驚き。
唐辛子が幾重にも混じった味を
堪能するには辛さへの舌の耐性が必要に感じます。

11081914


そして、夜は豚肉の焼肉へ。
こちらは塩でいただいたり、
胡麻の葉で巻いたり、
ほんのり甘い豚肉の脂がまたおいしい。

11081915


二日酔いに効くという干し鱈スープを食べに「プゴクッチプ」へ。
創業40年の老舗とのこと。

11081916


こちらがそのスープ。
単品勝負のお店なのであっという間に
スープは配膳されます。
このスープにアミの塩辛を混ぜて
塩味をつけて食べます。
ご飯をそのままスープに混ぜて食べている方もいました。

11081917

さて、夕方は帰路の金浦空港にて
目立たぬところに、大きめのフードコートが!
空港スタッフも供に食事をする形態らしく
お値段も安く、お店も10以上。
その中から冷麺専門店で二種の冷麺が堪能できるこちらを。
やはり本場の冷麺は麺がなんとも言えず新鮮で旨い!

11081918

3泊ながら慌ただしい韓国でしたが、
食事はたいへん充実した四日間、
また、堪能したいという想いを秘め、
ソウルを後にしました。

11081919


2011年7月10日 (日)

やっぱりアジア@香港

佐敦・油麻地・旺角(ジョーダン・ヤウマティ・モンコック)周辺を
ぶらつくと、とにかく楽しくて怪しい屋台が多く飽きません。

アジアの屋台というと、
やはり汚い、危ない、不潔というイメージがありますが
香港の屋台は基本的に安全、かつまあまあ清潔です。
清潔は主観なのですが、外国に行ったら
箸を机のティッシュで拭く等が常識と思っている程度の方なら
全く問題なし!

こちらのお店なんかは屋台集積地の一角にありますが
冷房が効いた家族経営っぽい食堂。
店内はキレイで普通に安くご飯が食べられる素敵なお店でした。

1107100_2


これは大好物の焼きそば。
麺が細くてやや固めのソース焼きそばです。
暑い時には、お粥の代わりに頼んでいます。

1107101_2


お店の人が「香辛料は大きいの小さいの?」と聞くモノだから
「小さいの」と答えたところ、出てきた辛味白菜炒め。
写真とは裏腹にこれがむっちゃ辛い!
なんと唐辛子の種まで刻んで入っていました。(でも旨い)
「大きいの」を選んでいたら、刻み唐辛子程度だったのかも!

1107102_2


お次は、夜中に行った屋台。
ビニールカーテンの中は冷房がバッチリ効いています。

1107103_2


鴨とビールで軽~くお夜食。
ビールの大瓶が10HK$(100円)だから
もう周りの卓には何十本と空瓶が並んでます。

1107104_2


こちらは最終日にもう一度初日のお粥屋で朝ご飯。
手前のひと皿は前回、
隣のお兄ちゃんが旨そうにつまんでいた「腸粉」。
半生の米でつくった皮にお肉が入っています。
プルプルの食感が楽しいですね。

1107105_2


さて、他の街の屋台はこんな感じです。
テイクアウトだったり店の前にテーブルがあったりで
調理場は建物の中ですが、食べるのは外。
これが香港流。
(所謂、屋台は20年前に禁止になったようです)

1107106


こちらは繁華街の中のお店。
皆、歩きながら食べていました。

1107107


椰汁大王!ってちょっと迫力ありますよね。
手前はサトウキビのかす、ですね。

1107108


夜を前に支度にいそしむコック達。
皆、なぜか半裸・・・・

1107109


そして、食材の数々。

11071010


左手奥の各種貝類、右手奥はカニや魚。
どれも新鮮そうで、旨そうです。
(クリックして拡大してみてください)

11071011


こっちは生きのよいシャコが飛びだしちゃってます。

11071012


そして、夜中の1時でこんな感じ!
やはりアジアの夜はよろしいですなぁ。

11071013


<おまけ>
香港空港での遅めのランチ。
ちょいと注文しすぎですが、
どれも八角やらスパイスの効いた本場の味でナカナカです。
イミグレ後にこういったモノを落ち着いて
食べられるレストランがたくさんある空港はうれしいですね。
成田も羽田も見習って欲しいなぁ。

11071014


2011年6月18日 (土)

青空市場@重慶

重慶の朝、早起きをしてホテル周辺を散策。
市井の生活感あふれる体験ができるので
出張時はこの習慣を大事にしているのですが
まさしく、非常にワクワクするような野外市場に遭遇しました。


入り口はお花の市場の装いでした。

21


ところが、路地の突きあたりでお店が一変し、生鮮市場へ

21


ぶりぶりのニンニクや生姜!

21


鶏肉屋さん、鳩、ガチョウ、鶏、生きたまま
籠にぎゅうぎゅうに詰め込まれています。
そして卵やピータンまで鳥といっしょに売ってます。

21

21


これは別の鶏肉屋さんの店先、
鳥を解体して、売っています。
モツは小さいのでワンセット一羽のようです。
中国の方に聞いたところ、
これらのモツは炒め物によく使うらしいです。

21


こちらは、また別の鶏肉屋さん。
手前のおばちゃんの指示で、
真っ二つに切り分けています。

21


こちらは撮りをつり下げて売っています。
足の色で区別するのですかねぇ?

21


臓物屋さんですね。
レバーや血を固めたモノが売られています。

21


そして、香辛料屋さん。
四川なのでこだわりもただならぬことでしょう。
そういえば、これだけの種類の生の香辛料を見たのは
アラブのスーク以来でした。

22


しかも美味しいはずです。
横ですりつぶして、そのまま小分けしてもらえるのですから。

22


こちらは、魚屋さんです。
内陸なので、たぶん川魚ですよね。
よく見かける光景ですが、
肉でも魚でも構わずお客は手づかみして
品定めをしています。

22


これまた懐かしいてんびん秤ですね。

22


こちらは鰻屋さん。
専用の細長いまな板が微笑ましいです。

22


粉モン屋さんも充実しています。

22


よく見ると乾麺なのがおわかりかと。

22


これは油揚げですかね?!
たくさん人が群がって品定めをしていました。
ご存じの方いたら、教えていただきたいです。

22


朝食に欠かせない揚げパンです。

22


お粥屋さんの具がたくさんありました、
取り放題のようです。

22


まかないを食べる少年。
この肉厚な平麺はなかなか
日本ではお目にかかれませんが
これはこれで美味しいですよね。

33


そして野菜果物も充実!
青空市場の途中にあった屋内市場もこんな混雑ぶり。

33


バナナも相応に交渉して買っていました。

33


色とりどりの果物群!
土地の豊かさを感じさせますね。

33


最後は、ビューティフルなさくらんぼ!

33


衛生面がどうのこうの、という意見もあるでしょうが、
昔の日本の原風景でもあり、
そもそもこれだけ鮮度が高い食材が揃っていれば
あとは調理法で対処すればよいこと。
この上ない、最上のご飯をつくれると思いますし
買われていったおばちゃん達の食卓を是非突撃してみたいです。

より以前の記事一覧