フォト
無料ブログはココログ

2011年3月 1日 (火)

初めに

CompactPro

我が家に初めてアップルが届いたのは、1991年の秋でした。矢野顕子のアルバム「LOVE LIFE」と同期する気持ちのいい季節。その際、お世話になったアーカイブソフトがタイトルのCompactPro。もう開発も終了したとのこと。自分もすっかりウィンドウズ漬けの日々、時代の変遷を感じます。「反省するが懲りない」をテーマに過ごしたこれまで。様々な出来事を徐々にアーカイブし、自己の半生の棚卸をする試みにブログを活用したいと思います。過去にも向かっていく-Back to the Future-なブログをお楽しみください。

最初の記事 1983雪の日 1983年2月 8日 (火)

ブログ開始時期 2006年8月

プロフィール続き-"Back to the Future"とは?!-

そこで詳しい語注のついた英訳『オディッセイ』を買い込み、読み進めてみて、ある老人の特性描写に、次のような言い方をみつけたのであった。

――the only one who sees what is in front and what is behind. ――この人だけが前の方にあるものと、」背後にあるものとを見る(ことが出来る)。

 ところで、この一句につけられた訳注によると、古ギリシアでは、過去と現在が(われわれの)前方にあるものであり、従って(われわれが)見ることの出来ない未来は、(われわれの)背後にあるものである、と考えられていた、というのである。

 これをもう少し敷衍すれば、われわれはすべて背中から未来へ入って行く、ということになるであろう。すなわち、Back to the Futureである。

 これに味をしめて、今度はソフォクレスの『エディプス王』を読んでみると、そこにも合唱隊のセリフとして同様のものを見出した。 ――not seeing what is here nor what is behind. ――ここにあるものも見えなければ、』背後にあるものも見えない。

 つまり、ほんの少数の賢人だけがわれわれの背後にあるもの(未来)を見ることが出来るのだ、ということになるであろう。かくて、未来がわれわれの背後にあってわれわれには見えない、ということになると、この未来はいくらか魔物めいて来ることは、避けがたいと思われる。

 しかし、魔物めいて来はしても、この方が、キリスト教の千年王国説や啓蒙派、あるいは産業革命前後のユートピアを前提とした人間進歩説よりも、たとえ逆説的であったとしても、少なくとも濃度の濃いリアリティーをもっている、と私などには思われるのであった。

 また、過去と現在こそが、われわれの眼前にあるものであって、それは見ようとさえすれば見えるのだ、という考え方も、また、濃いリアリティーをもっている。ここで過去という言い方を、歴史、と言い換えてもいいであろう。

 こういうことを考えながら、では未来を予言する預言者たちは、どういう顔付きをしていたものであったかと思い、ギリシア彫刻を集成した本などを眺めてみると、預言者といわれる人々はみなヒゲをはやした老人で、その表情は緊張し切っていて、自分の透視するものの負荷に堪えない、とでも言うように、どちらかと言えばすべて悲劇的な顔付きに見えるのであった。(以下略)
(堀田善衞「未来からの挨拶」から)

2008年11月 7日 (金)

新規投稿-最近のゴハンシリーズ

最近のゴハンシリーズとして下記を新規投稿しました。


2008年10月 5日 (日) バーガーキング@越谷
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-bc3c.html
 なつかしのアメリカのお味を追体験?!


2008年10月 4日 (土) うなぎ@神田

http://junta.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-db28.html
 やっぱり鰻をガッツリいただくにはココ!


2008年9月29日 (月) 味噌煮込うどん@名古屋

http://junta.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-79a9.html
 「味噌煮込うどん」の二台巨頭激突!


2008年9月28日 (日) 丸天@静岡
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-70d5.html
 静岡駅そばで美味しい店を発見!


2008年9月27日 (土) 上海湯包小舘@銀座
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-cd02.html
 ひょんなことから手ごろなショウロンポウ屋さんを!


2008年9月14日 (日) 菊華荘@富士屋ホテル

http://junta.cocolog-nifty.com/blog/cat6088847/index.html
 豪華な会席を由緒ある建物にて!


2008年8月31日 (日) 肴町長寿庵‎@白山
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post-4d6f.html
 老舗の長寿庵‎で美味しいお蕎麦を!

2007年4月 5日 (木)

新規投稿-1995年9月 9日 デトロイト 最終日~米国~

1995年9月 9日 (土) ↓をクリック
デトロイト 最終日~米国~

どこに行っても名残惜しいのが最終日。
ただ、友人Oのおかげで、買い物も充実した一日。

2007年3月31日 (土)

新規投稿-1995年9月 8日 デトロイト 3日目~米国~

1995年9月 8日 (金) ↓をクリック
デトロイト 3日目~米国~
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/1995/09/_3_7f5d.html

デトロイト美術館(DIA)とデトロイト中心街へ。
小雨まじりの荒廃した街を見学、
ちょっと重苦しい一日でした。

2007年3月29日 (木)

新規投稿-1995年9月 7日 デトロイト 2日目~米国~

1995年9月 7日 (木) ↓をクリック
デトロイト 2日目~米国~
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/1995/09/2_9c72.html

ハーレーでツーリングに行くも・・・
フォード博物館、ロードサイド各種大型店舗でお買い物。

2007年3月21日 (水)

新規投稿-1995年9月 6日 デトロイトへ~米国~

1995年9月 6日 (水) ↓をクリック
デトロイトへ~米国~
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/1995/09/199593_5_3b17.html

ボルダーを離れ、デトロイトへ。
時差が3時間もあるのでかなり損をした気分。

2007年3月 3日 (土)

新規投稿-1988年3月13日 ウィーン 2日目~オーストリア~

1988年3月13日 (日) ↓をクリック
ウィーン 2日目~オーストリア~
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/1988/03/post_e5c5.html
ウィーンフィルで「ワルシャワの生き残り」、
すばらしいホールのコンツェルトハウスで「ヨハネ受難曲」、
ウィーンで音楽を満喫の一日。

2007年2月22日 (木)

新規投稿-1995年9月 4日 ボルダー 3日目~米国~

1995年9月 4日 (月) ↓をクリック
ボルダー 3日目~米国~

ホームステイ3日目。
一生の思い出となる美しい自然!
アメリカ人の休日のすごし方を
目の当たりにした充実した一日。

2007年2月15日 (木)

新規投稿-1988年3月10日 ウィーン 初日~オーストリア~

1988年3月10日 (木) ↓をクリック
ウィーン 初日~オーストリア~
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/1988/03/post_a59c.html

セセッションのベートヴェンフリーズに感動!
そして初のムジークフェライン体験!

2007年2月 9日 (金)

新規投稿-1995年9月3日 ボルダー 2日目~米国~

1995年9月3日 (日) ↓をクリック
ボルダー 2日目~米国~

ホームステイ2日目。
ナショナルパークのドライブ!
豊かな自然と豊かな語らいの一日。

より以前の記事一覧