フォト
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ

2013年8月28日 (水)

いざ蒲郡のクラシックホテルへ

紀伊半島はかなり広く、高速道路も伊勢付近までしかない。半島先端近くの熊野からの帰りは名古屋近辺に戻るだけでも半日近く要する。そこで、東京へ帰る途中、もう一泊しようと思い、本日は予てから泊まってみたかった蒲郡ホテルを目的地と設定。天候にも恵まれ海を横目に気持ちの良い一日!

今日の行程、330km。
130828009

カヌー仲間と別れ、湯ノ口温泉ともお別れ。
130828010

丸山千枚田、帰路の途中にありちょっと立ち寄ってみた。日本のアチコチにある棚田なのですが、コチラは紀伊半島特有のゆったりした山々に囲まれて美しいのと、おどけたカカシ達が魅力。
130828012

丸山千枚田、棚田を上から下まで歩いて散策するあぜ道兼遊歩道がありました。
130828013


愛車と千枚田(笑)。
130828014

千枚田から国道までの近道を通ったところ、路面が苔生している。滑ってはアカンとゆっくり運転。
130828015

ここから先は伊勢方面の高速入り口まで海沿いをのんびり流します。
130828016

松坂のインターを降りて10分あまり走り、松阪牛伝導の功労者である和田金へ。こちらは牛御殿(笑)、これだけ立派な建物なので平日は予約なしでもOKな様子。せっかくの機会でもあり、すき焼きをいただきました。
ちなみに牛はここから三キロ離れた山方面に2000頭が飼育されているらしい。
130828017

国産牛肉を見る目が変わってしまった。サシは多くなく、肉自体のうま味が際限ない・・・
130828018


この伊勢湾岸高速のおかげで名古屋市内を抜けることなく豊田、岡崎方面に。交通量も少ないのであっという間に目的地、蒲郡クラシックホテルに到着。
130828019

蒲郡クラシックホテル
クラシックホテルのたたずまいが好きで、いつかはここに泊まってみたいと思っていた。ご多分に漏れず蒲郡ホテルも経営が度々かわり、琵琶湖ホテルのように宿泊ができなくなってしまう可能性もあり、気をもんでいたのだが、ついにその機会が。
蒲郡は関東に住む者からするとなかなか泊まるには微妙な場所で、いずれと思っていながらなかなか機会がなかった。やはり、ここまで来たら名古屋に泊まるか、手前の浜松あたりの温泉+ウナギか、となってしまうからである(笑)。
で、ついにやってきました蒲郡ホテル。最近、西武グループの手を離れてやきもきしていたが、幸運にも昔の趣をしっかり残しつつ営業中。
バイクで高台のホテル玄関に乗り付けるとご高齢のドアマンの方が心配顔でオートバイの専用の置き場がない、と。駐車場に屋根がないことと監視が行き届かないことを、とっさに配慮してくれたらしい。ここからしてホスピタリティのよさをジンワリ感じる。後にわかったことだが、この方もバイク乗りで、たいへんよくしてくれ、時間をかけてホテルの歴史を案内してくださった。
ちなみに、蒲郡ホテルは昨年で旧「常磐館」として創業してから100周年を迎えた。今回、宿泊した建物のほうは築80年の和洋折衷建築。「常磐館」は現在取り壊され、跡地に建つ文学記念館に往年の調度品などが飾られている。


小高い海に面した丘に建てられており、向かいには竹島という小島があって風光明媚な立地。ホテル前にはたくさんのツツジが植え込まれており、開花時は壮観とのこと。戦中は病院として使用され、戦後は数年間、米軍に接収され将校達が使っていたらしい。
130828042

やや暗めで重厚なロビー。
130828044

ロビー頭上。
130828045

レストランの照明。
130828046

エレベーターはフロアを針で指し示すタイプ。門構えのファザードは威厳ある面構え。数年前まで扉は蛇腹式だったらしい。
130828051

これは部屋のバスルームへの扉。ちょっとアール・デコっぽい。
130828052

階段途中の窓。
130828053

玄関より。最上階の4階は展望台であったが、老朽化の為閉鎖中とのこと。ドアマン氏によると、展望台からは、またちょっと趣向の変わった景色が楽しめるとか。
130828061


玄関の先の梁と松の紋様だけは初代の「常磐館」より移設したらしい。
130828062


ホテル下にある海辺の文学記念館。ホテル前身の「常磐館」の趣を再現しており、昔のホテルの調度品が展示されている。
130828063


昔のホテルパンフレット。
130828064


調度品の一部。
130828065


常磐館の見事な欄間。
130828066

宿泊したホテルの部屋からの景色(夕暮れ時)。向かいは400m先に浮かぶ竹島。
130828070


竹島側からホテル全景を。文豪達が愛したのも、よくわかる、絶景を前にゆったりできる素晴らしい環境。
130828071


レストランで使われているお皿の絵柄も。
130828074


ちなみにお皿は大倉製。
130828075

巡り合わせよく、夕暮れ時に角のテラス席にてディナー。
130828079


2013年8月27日 (火)

熊野川でカヌーの二日間

以前オートバイから眺めて、その雄壮っぷりに惚れ惚れしていた熊野川を本日はカヌーで下る。川幅が広く、海辺の熊野速玉大社まで至る川はどこか神々しく厳かな川。この川をカヌーで下れるとは思いもよらなかった。あいにくの小雨模様だが、流れも緩くパドルを相応に漕がなくてはならないので涼しい環境はそれなりに快適(笑)。


黄色がGPSによる航跡。全長17キロ、最後は海が目前。
130826001

まずは腹ごしらえ。名物のサバとさんまのお寿司。
130826002


緩やかなで静かな川下り。川幅が広いので、心に余裕も(笑)
130826003


二日目は、瀞峡・北山川カヌー&熊野古道ウォーキング。早朝4時起床で朝靄の瀞峡(どろきょう)からカヌー出発、世界に通用する圧巻の景色。天候にも恵まれ、午後は熊野古道を散策。バイクでの旅行が多いとなかなかウォーキングの機会がなくて、これまた貴重。本当の意味で初めて熊野を堪能した気がした。

まだ薄暗いうちに出発。
130827002

朝靄の立ちこめる瀞峡。川面からの眺めはいっそう幻想的。
130827003

水の透明度が高く、カヌーが宙に浮いているよう。
130827004

みんなでカヌーを積み込み(笑)
130827005


朝ご飯には勝浦港産のマグロ丼をたらふくいただき、熊野古道へ。とても天気がよい一日。
130827006

古道らしい写真を。神様がアチコチにいるようで、歩いていて飽きない。
130827007

道の両面は林の手前にシダが密集。
130827008

熊野本宮大社の八咫烏、かわいい(笑)。かつてこの柄の手ぬぐいを販売していたのだが、今は見当たらずチト残念。
130827009

お昼のめはり寿司。高菜で味付けご飯を巻いたおにぎり。塩加減が絶妙で、いくらでもお腹に入ってしまう。
130827010


2013年8月25日 (日)

紀伊半島ツーリング

前日、伊勢に入り、今日は紀伊半島の真ん中をはしる国道168号線。鉄道が走っていない為に、コンビニなんかも一軒もなく、昔から自然が維持されているエリア。見事な渓谷と清流、風情のある小さな村々、ダムや古い鉄橋、吊り橋が道中いくつもあり、最後は熊野古道にいたる秘境感あふれる道。幾度か訪れているのだが、徐々にトンネル化が進み、さらに川の真上に高架の道路もできて味わい深い景観は失われつつある。旧道は豪雨により崩落してしまうことの多い一車線の道なので、住んでいる方には道路整備は吉報だと思うが、景観を楽しめるうちに是非もう一度訪れたい。

本日の行程 237km
130825101


バス等でも、なかなかアクセスのよろしくない天河神社へ。ここらはパワースポットらしくちょっとおごそか。雨は止んだが、気温は22度。
130825100


小雨ながらも涼しく快適な一本道。
130825102


ダイナミックな景観が延々と続きます。
130825103

谷瀬の吊り橋 長さ297m高さ54m、長さ日本一らしい。実は以前も訪問しているのだが、いよいよ駐車場が有料になっていた。バイクは100円だが。
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/3_b2d4.html

130825104

ぶよぶよの踏み板と板の狭間から見る谷底は恐怖。
130825105

最新の高架の道。7年前はなかった。快適かつ安全ながら風情はゼロ。
130825108

国道168号線の終点付近の川湯温泉で最後は足湯でマッタリ。川の底から温泉が出ているため、水温が高く皆さんずっと浸かって遊んでいる。ただ、温泉なので、長く泳いでいると、のぼせるらしい。宿泊は写真の亀屋旅館。たたずまいは旅館と言うより民宿。
130825204

薬膳料理が楽しめるということで、チョイスした宿。期待通りの美味しい薬膳でした。
130825206

各お料理には丁寧な解説が。
130825207

いつもなら残暑が続く中、20度ちょっとの外気というのは考えようによっては快適なツーリング。小雨に煙る川は風情もあるし、ここに来ると必ず半分の確率で雨に降られるが、やはり再訪したくなる紀伊半島であった。

2013年8月24日 (土)

伊勢方面へ数日のツーリング&カヌー!

今日から数日のツーリング&カヌー。今日は500km走って伊勢神宮を目指します。

出発の朝6時頃 皇居そばでなんと虹のお見送り。
130824102

足柄SAにて。雨は降らず曇り空、なんとか富士山が拝める。
130824104

伊勢湾岸道路のおかげで、三重県がとても近くに。新東名→伊勢湾岸で渋滞知らずであっと言う間に名古屋通過。
130824106

今年の伊勢神宮は20年ごとに社殿を建て替える式年遷宮で、外宮正殿の敷地内に白石を敷く御白石持行事というのがおこなわれているらしい。で、大賑わい。
130824113

そんなこんなで赤福も激混み。赤福氷、15分待ち。お抹茶シロップが上品風の味付け。
130824115

おかげ横丁でランチ。観光地ご飯と思いきや、どれも美味しい魚で、あなどれない@海老丸 おかげ横丁
130824117

雨模様なので、早々に伊勢神宮から引き上げ、ホテル近辺を2時間程度散歩。なんともひなびたよい街並みなのだ。こちらの甘味屋さんは以前から着目していた。
130824213

ショーウィンドウもこんな感じで味わい深い。
130824214

向かい側には、古き良き時代の丸い郵便ポストが未だ現役。
130824215

飲み屋街のファザード看板たち。
130824216

廃業してしまったジャズ喫茶。看板建築で頭上は煉瓦のお城風だった。
130824218

アーケード中央にあった、ちょっと戦えそうもないガンダム。
130824219


2013年8月 8日 (木)

Nuforce Reference9 V3 SE

140808001

Nuforceのアップグレードプログラムを活用してReference 9 V2 SEをReference9 V3 SEへ、とパワーアンプをアップグレード。2009 年10 月からアップグレードの対応をしていたらしいが、購入して1年あまりだったので、見送り続けていた。ほぼ使い始めて5年が経ち、購入価格の一割程度で最新機種になるのと、劣化するコンデンサの入れ替えにもなるのかな、と踏み切った次第。更に切れ味がよくなり、レンジも拡がった感がある。

今回は趣向をちょっと変えてアイドルものでチェック。
朝の連続ドラマ「あまちゃん」のおかげで朝から小泉今日子の歌を聴くことが多かった昨今、まずはkyon²のLPレコードをひっぱりだしてアイドル時代のベスト盤を聴き直してみた。年齢にもかかわらず独特のチャーミングとも言える声質は変わらず、「あまちゃん」でも健在なのは、さすが。ただ元来、声の音域が狭いのと、どうも声を綺麗に伸ばすのが上手じゃない様子。
このベスト盤、シングルレコードの発売順に各曲が並んでいるのだけれど、録音の変遷が面白い。デビュー曲の「私の16才」から始まり、実力が評価されるにつれて、録音設備が整ってきたのか徐々に音質が上がってきて、ステレオ感が増してくる。更には、曲を追う毎に歌手のハンデを補うような楽曲つくりもされ、レンジが広い苦手部分はエコーをかけて録音手法でごまかす技術までも上達しているようだw。その結果、「渚のはいから人魚」は中域の彼女の可愛い声を大いに活かした魅力ある曲になっている、と初めて気がついた。ところで、ドラマ効果で売れまくっている「潮騒のメモリー」は彼女の娘役も歌う設定の為か、小泉今日子にとってはチョイ手強そうな曲で、CDの仕上がりが気になるところ。

140808002

お次は、レコード棚にまだあった中森明菜のベストアルバム。小泉今日子は時系列で顕著に歌い方が上達していったが、この人は最初からすこぶる上手。「あまちゃん」では、音痴を誤魔化す為に影武者が歌ったりのスッタもんだが繰り広げられているが、基本的にこの頃のアイドルが歌が下手というのは全くもって誤解であって、とりわけ「スター誕生」を足がかりにしているアイドルは、歌唱力はほぼ折り紙付き。中学生くらいから『歌ぢから』で勝負して勝ち抜いてきているので、プロ意識や強運も備えていると思われる。
で、中森明菜であるが声の音域がともかく広い。低音から高域までキチンとでる上に、低音のスモーキーな感じの声が魅力的で惚れ惚れしてしまう。そして歌唱力、小泉今日子には「少女A」の出だしの安定した音程や「スローモーション」の伸びやかな歌い回しは多分難しいだろう。
ちなみにこれら聴き直した音源はすべてアナログの録音技術が最高潮に達した時代のLPレコードなので、リマスタリングされたCDでこの音質がどこまで保持されているのかは未確認。また、日本の音盤やリマスタリング全般に言えることだが、とにかく高域と低域をカットしてしまうのでLPレコードですら音量を上げて聴かないと音像の立体感がでてこないのは困る。
140808005


「あまちゃん」では、主に髪型の話題で登場している松田聖子。彼女の音盤で手元にあるのは、こちらの「SEIKO-TRAIN」なるCDのみ。松任谷由実による曲だけを集めたアルバム。なんとアマゾンでは5,000円以上の高値で取引されているようで驚いた。
こちらを聴き直してみて思うのは、松田聖子のテカテカつやつやの声は天賦のもので、時折みせる細やかなビブラートなんかも含めて、たいへんな技巧派。それ故に、妙な歌詞wを違和感なく歌い上げ、曲中の特定の部分だけ甘ったるい媚びた歌い方もできたりする。上手、下手など論評の対象にすべきではない非常に高いレベルで完成された歌い手である。
一方、これらの曲を作曲した松任谷由実の歌唱力は、どうにもいただけないのだが、このアルバムを聴いていると自身でやれないこと&やりたいことを松田聖子に託しているような気がしなくもない。
松田聖子は歌い方を含めて、とやかく言われることの多い人だが、とやかく言う前に「Rock’n Rouge」をカラオケで完璧に歌えるのか、と問いたいwww。転調が多い新曲を数ヶ月おきに歌いこなした上で、こういった難曲をあちらこちらで歌いまくることは神業に近いと思う。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005ILZR/ref=olp_product_details?ie=UTF8&me&seller

もう一枚、松田聖子。ソニーが力を入れているBlu-spec CD2で、オリジナル音源からリマスタリングしたものの中から馴染み深い「ユートピア」を選んだ。かかる曲かかる曲懐かしく、かつ松田聖子の声に惚れ惚れ。30年前の記憶ながら格段に音はよくなっている。「SEIKO-TRAIN」と比較してもこの音の違いは顕著。
相変わらず音像の定位はよろしくないが、音質はすこぶるよい。所謂ドンシャリではなく低音はなだらかに下まで入っており、高域もキンキンせずに滑らかに伸びている。その結果、音がとてもプリプリ、みずみずしくなっているのだ。シングルで発売された曲は更に突然サウンドステージが拡がる(笑)。特に「秘密の花園」の出だしはゾクッとするほどだ。
オーディオ関係の何かの本で読んだが10代で記憶に残った声はリファレンスレコードとして、歳を経た先々の指針になると。であれば、当時、中学生だった自分が度肝を抜かれた1stアルバム「SQUALL」も買い直してみたくなった。思えば、松田聖子の「えくぼの秘密あげたいわ~」の高く天にも昇るような声が音楽体験の入り口かつ原点だったような気がする。ここを起点に次々いろいろな曲を聴き始め、クラシック音楽まで到達した。そして、次に度肝を抜かれる音楽体験は、オペラに開眼したグルベローヴァのツェルビネッタまで待たなくてはならなかったのだった。
http://www.amazon.co.jp/ユートピア-松田聖子/dp/B00D1B8R2I/ref=ntt_mus_dp_dpt_1


最後は、CD棚に埋もれていた『森高千里 DO THE BEST』を取り出し、聴き直してみた。歌詞がとにかく素敵に凄すぎて、こちらも久方ぶりに満喫。作詞を自らおこない、時には自ら音をあて、更には演奏もしている曲もある。森高千里はスタイルもよくて美人だし、歌唱力もまあまあ。マルチな才能で緩急自在に自己表現を紡ぎ出す彼女は、与えられた曲を歌っていた松田聖子とは全く別もの。アイドルともちょっと違う。
一方、彼女の歌は跳ねるようなサウンドととっぴな歌詞の割に、実は音程の変化も少なく歌いやすいようだ。喉が鳴っているような声はとても好きなのだけれども、少々一本調子な感もある。
全体を通じて各曲の録音はサウンドステージもある程度認識でき、このところ聴いてきた音盤の中ではよいほう、時折、収録後に声をいじっている気がしないでもない曲もある。ただ、こんな音質云々は永遠の名曲「渡良瀬橋」の存在の前に意味をなさないw。さりげなく意志を歌う歌詞が、演歌や四畳半フォークとも一線を画しているのも心地よさの原因か。付属の小冊子に作詞の経緯を自ら書き記しており、これまた興味深い。
http://www.amazon.co.jp/DO-THE-BEST-森高千里/dp/B00005G3N8/ref=cm_cr_pr_product_top


<<システム構成>>
 スピーカー:Avalon Acoustics Eidolon
 プリアンプ:MarkLevinson No.380L
 DAC:Nuforce DAC-9 192K
 パワーアンプ:Nuforce Reference9 V3 SE
 PCオーディオ:Shuttle SH67H3 SuperSilent + Media Monkey
 CDプレーヤー:ESOTERIC X-50w 
 レコードプレーヤー:LINN AXIS
 カートリッジ:ORTOFON MC Kontrapunkt-a
 フォノアンプ:SHELTER MODEL216
 モニター:TOSHIBA REGZA ZX9000
 ブルーレイプレイヤー:DENON DVD-3800BD
 ブルーレイレコーダー:TOSHIBA DBR-T350
LDプレーヤーPIONEER:DVL-9

« 2013年3月 | トップページ