フォト
無料ブログはココログ

« 奇岩だらけ@Oamaru | トップページ | 絶景続き@Milford Road »

2013年3月19日 (火)

世界最速のインディアン@Invercargill

今回インバカーギルに立ち寄ったのは映画「世界最速のインディアン」の主人公の博物館があるからでした。
この主人公は実在の人物で、バート・マンロー(Burt Munro)と言う単車の世界記録を持つ人物です。1920年製のインディアンと言うバイクを50年間いじり続け、ついに50代にして単車の世界最高速記録を打ち立てる(今現在も破られていない)という驚異の技術開発を軸にしたオヤジの成長物語なのです。
ニュージーランド&オートバイからみの一作なのですが、映画としても最高の出来映えでして、男性も女性も観た後に不満が残ることはまずない良作と思います。映画のお話は、もちろんオートバイを軸に進むのですが、役者の演技も緩やかで映像も淡々としながら脚本が実に素晴らしく、緊張感が最後まで持続します。最後まで緩い葛藤が延々と連なり、初老の主人公ながらロマンスも多々あり、語り部が子役であったり、独立系の映画ならではの名脇役陣が固めていたりとツボを押さえ、結果的に、知恵と工夫に熱意が加わって大団円を迎える様は圧巻でした。監督のオーディオコメンタリーも興味深いので、興味のある方は是非DVDでご覧になるとよろしいかと。
ちなみにバート・マンローの博物館と言ってもE. Hayes & Sons Ltdというインバカーギルの街のど真ん中の金物屋(ホームセンター)の店内の一角にバート・マンロー関連の品々が展示をされているスタイルです。近郊の農業関係者のためか、お店は朝の7:30からオープンしており、ほぼ開店時間に伺ったところ店舗の方が丁寧に接してくださり、展示品の背景等を説明してくださいました。店内にはバート関連以外のバイクや車の展示も多く、見るものを飽きさせません。@E Hayes & Sons Ltd - Invercargill

映画「世界最速のインディアン」のDVDはこちら

バート・マンロー博物館のあるE Hayes & Sons Ltd。街の中心地の目抜き通りにホームセンターがあってビックリ。ちなみに裏手にも駐車場側の入り口がある。
130319000_2

ウィンドウには「インディアンがあるよ」のポスター。
130319001

大通り側のお店の看板。
130319000


早朝なので店内はお客が誰もおらず、店員から説明を聞くことができてラッキー。
映画の撮影で使われたインディアン(実車のレプリカ)
130319003_2

130319002

レプリカの内側
130319003

解説板
130319002_2


関連グッズもたくさん販売している。
130319004_2

130319005_2

こちらはマンローのオリジナル
130319004

こちらは彼の自作したピストン等、映画を観た方なら思い出深いかと。
130319005

フロアマットまでw
130319006

店内はバイクショップと見間違えるほど展示品が多いw。
130319007

バート関連以外の旧車バイクや年代物の車も多く展示されている。
130319008


« 奇岩だらけ@Oamaru | トップページ | 絶景続き@Milford Road »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/50971807

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最速のインディアン@Invercargill:

« 奇岩だらけ@Oamaru | トップページ | 絶景続き@Milford Road »