フォト
無料ブログはココログ

« Edinburghへ@スコットランド 全行程242km | トップページ | Heathrow、成田@エジンバラ »

2012年10月13日 (土)

Rosslyn Chapel,THE PEAT INN@エジンバラ

B&Bで朝食後、市内からさほど遠くないRosslyn Chapelへ。その後はスコットランド議会建物を見学後、楽しみにしていたミュージカル「オペラ座の怪人」をこれまた古い劇場で鑑賞。夜はエジンバラから車で1時間半を要する田園地帯にポツンとあるレストランで食事、これが格別。イギリス最後の夜にイギリスの(スコットランドのww)おいしさを確認。

朝はエジンバラ滞在中世話になっているCameron B&Bでフルブレックファースト。トマトの横はハギス。ここは朝食からハギスがでてきた。ちなみにフェリーの食堂でこのフルブレックファーストを食べている方々を観察していると。トーストをこの大皿にのせてナイフとフォークでトーストを切った後に、これらハギスやら卵やらを上手にトースト断片に乗せて食している方も多くいた。@Cameron Bed & Breakfast
121013b000

Rosslyn Chapel ロスリン礼拝堂 映画「ダ・ヴィンチ・コード」のラストに登場した教会の遺跡。映画のおかげか立派なビジターセンターを併設。映画のシーンは失念したが、彫刻による装飾が豊かで一般的なキリスト教の装飾とは異なった原始的な彫刻が散見されて非常に面白い史跡。その数々の彫刻には小説さながらの謎が多々隠されており、現在でもここに聖杯やキリストの遺骨が隠されている等の噂があるらしい。(現在、史跡内は写真撮影禁止)@Rosslyn Chapel
121013b001


エジンバラの市内の王宮を門の外からちょっとだけ覗く。
121013b002

The Scottish Parliamentスコットランド議会 1998年にイングランド議会から独立。そして、2004年に建てられた新議事堂の建築が見事とのことで見学。スペインの建築家によるものだが、建造費の高額さ外国の建築家の登用が物議をかもしたとのことw。ただ、古い建物との調和という視点では疑問も残るだろうが、やはり見事な建築で、賛否に関わらず、こういったチャレンジをしていることが欧州の凄みかと。尚、この議事堂のお披露目式には俳優のショーン・コネリーやブレア元首相(ともにスコットランド出身)なんかも来ていて、式典のVTRなんかも見ることができる。@The Scottish Parliament
121013b003

傍聴スペースの椅子、スコットランドの形をしているw。@The Scottish Parliament
121013b004

議会内の食堂でお食事、ブロッコリのスープなのだが、けっこう美味しい。ただ、ボリュームがある。
121013b005

珍しくスプレーアートが街角に。
121013b006

ファッジ、非常に甘~いお菓子。最初は驚くような甘さながら、味わうと上品な甘さでお茶にあう。
121013b007

マチネのミュージカル「オペラ座の怪人」The Phantom of the Operaへ。劇場はEdinburgh Playhouse、こちらも古くて貫禄ある建物。
121013b008

主役のクリスティーヌの歌が見事でメロメロにw。新聞評でもファントムとクリスティーヌが秀逸との評価だったよう。地方公演になるのでセット等は多少工夫がしてあり、若干ロンドン(NY)とカラクリが異なるが、そのハンデを役者の演技が穴埋めしているのが吉。@Edinburgh Playhouse
121013b009

これはEdinburgh Playhouseの劇場建物。装飾が見事。オペラ座を舞台としているだけに、こんな劇場で観劇すると客席と舞台が一体化して、余計気分が盛り上がる。@Edinburgh Playhouse
121013b010

夕食まで時間があるので、エジンバラの街を散策。こちらは古地図屋、各種各国の古地図が販売されており、日本地図(大正時代くらいの英文のもの)まであった。
121013b011

市街地の夕焼け。
121013b012

エジンバラ大学の学生会館。学生会館としてはイギリス最古の建物らしい。こちらのバーでビールをいただく。
121013b013

夜は9時からエジンバラ郊外(田舎のレストランTHE PEAT INN)で食事をするためにドライブ。写真にうっすら写っているのが巨大なフォース鉄道橋。
121013b014

THE PEAT INN。予約が数週間先まで埋まっているとのことで、遅くならと知人が確保してくれた。英国最後の夜に美味しくて楽しい夕食!
121013b015

ちょっとスパイスの効いたスープ。
121013b016

スモークした鯖の和え物。
121013b017

牡蠣のムース。
121013b018

ホロホロ鳥。
121013b019

こちらはライチョウ。
121013b020

身も心も満足しきった、エジンバラ最後の夜でした。


« Edinburghへ@スコットランド 全行程242km | トップページ | Heathrow、成田@エジンバラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/47878394

この記事へのトラックバック一覧です: Rosslyn Chapel,THE PEAT INN@エジンバラ:

« Edinburghへ@スコットランド 全行程242km | トップページ | Heathrow、成田@エジンバラ »