フォト
無料ブログはココログ

« MAMMA MIA! @Novello Theatre 2012/9/29 | トップページ | Bath,Bovington Tank Museum,Stonehenge バイクツーリング »

2012年9月30日 (日)

Cotswoldsバイクツーリング@コッツウォルズ

鳥が道をふさぎ、羊がこちらを見つめ、なだらかな丘と連続する心地よいカーブ。コッツウォルズは、なんとも気持ちのよいツーリングができる地帯。どこを切り取っても絵のような風景が続き、天候は晴れ間が3割、曇天7割で、雨にはあわず、申し分なく快適なツーリングであった。
朝、7時にロンドンを出発。日曜日の朝なので道は空いており、9時くらいには現地に到着。Shipston on Stourのホテルでのんびり朝食をとった後に、まずは名所にも足を運ぼうとBroadway Tower Country Parkへ。その後は適当に村々を過ぎる道を楽しみながらCastle Combeへ。Castle Combe Villageはなぜか2つある『コッツウォルズで一番美しい村』wのひとつ。確かに逗留したくなるような美しい村であった。そこに、よいマナーホテルがあったので優雅にお茶をした後、バースに到着、適当なホテルを見つけ宿泊先とする。ひょんなことから今宵もコンサートにw。

Cotswoldsツーリングのルート。青いラインが軌跡、カメラアイコンがチェックポイント。全行程292km
120930b000

ホテル近くの路上駐車スペース。教会の脇なので心理的にも盗難対策は万全w。
120930b001

高速道路は空いていて、皆さんかなりのスピードを出している。私はカウルの無い車種なので、だいたい100km/hくらいで走行。
120930b002

コッツウォルズ到着。これから豊かな自然の田舎道をツーリングできると思うと胸が高鳴る。
120930b003

よく見かける石造りの橋。最初は珍しくて写真を撮るw。
120930b004

名もしらない村々をゆっくり流す。
120930b005

幹道は道も綺麗で、右手は石壁。@Cotswolds
120930b006

小さい村でも立派な教会がある。@Cotswolds
120930b007

Chipping Campdenでは朝市の準備中。ただ、商品は観光客目当てのラインナップでした。@Shipston on Stour
120930b008

目についた小さな村のホテルで、朝食。この国の朝食はワンパターンながらハズレはないw。冷え切っていた身体が温まり、幸せ気分。@The George Hotel, Shipston on Stour
120930b009

また、教会w@ Cotswolds
120930b010

高台の牧場、羊の群れの向こうは大平原が。@Cotswolds
120930b011

NHK-BS『世界一美しい村に住む人々~イギリス コッツウォルズ』で紹介されていたキフツゲート・コート・ガーデン。女でひとつで立ち上げた広大な庭園を母から娘へ3代にわたって切り盛りされている。残念ながら開いておらず。@Kiftsgate Court Gardens
120930b012

使っているGPSのアルゴリズムがどうなっているか不明で、こんな道を推薦されてしまう。たぶん距離的には近いのだろうが・・・ww@Cotswolds
120930b013

更にこんな道も。大型バイクじゃなく中型をレンタル(600cc)してよかった。@Cotswolds
120930b014

見事に蔦の絡まる建物。@Chipping Campden
120930b015

コッツウォルズで有名なBroadway Towerへ。観光名所ではないところも十分美しいが、ひとつくらいと思って立ち寄った次第。@Broadway Tower ,Cotswolds
120930b016

村々の間の細い道にあった石壁の重厚な建物@ Cotswolds
120930b017

またまた、立派な教会@Cotswolds
120930b018

Castle Combe Villageは名所の類いではあるものの、ちょっと不便な立地なので団体客はパスするらしい。さすがイギリス一の村なる受賞も幾度かある村で、落ち着いた独特の美がある空間。こちらはマナーハウス(manor house)の門@Castle Combe Village
120930b019

14世紀だかに建てられた母屋@Castle Combe Village
120930b020

一息入れたところなかなかよく、ちょっと読書までしてしまった、同マナーハウスのカフェ。アフターヌーンティもいけるようです@Castle Combe Village
120930b021

ちょうど、結婚パーティをやっていたようで、庭先には花嫁に加えて、立派な装いの紳士淑女がいっぱいで祝祭ムードたっぷり@Castle Combe Village
120930b022

美しい村のスナップ@Castle Combe Village
120930b023

120930b024

120930b025

120930b026

120930b027

120930b028

気持ちよい平原があったので一休み。本当はもっとバイクを停めて写真を撮りたいが、ご覧のようにこちらの道はけっこうな基幹道路でも路肩がないのです。遠くに見えるのがバースの街並み
120930b029


お風呂の語源になったBathに到着ナウ。Castle Combe Villageというなぜか2つある『コッツウォルズで一番美しい村』wのひとつを訪問時、なかなかよいマナーホテルを見つけ優雅にお茶をしていたら、到着が遅くなってしまった・・・。Bathはなんとも美しい街なのに観光できず残念。ガソリンスタンドで教えてもらった町のインフォメーションを探す内に行きあたった市内のりっぱな教会。この向かいによさげなホテルが・・・@Pratt's Hotel
120930b030

教会で訪ねたところ、日曜の為、街のインフォメーションセンターが閉まっているとのこと。であれば、向かいのホテルで情報をいただこうと思ったところ、このホテル、部屋も空いていて、金額も手頃。なにせ若いホテルマンも受付もとても親切なのでここに宿泊と決める。尚、建物は1700年代半ばに建てられたモノらしい。
チェックイン手続き中、カウンターの横でモーツァルトの楽譜を切り貼りしているアジア女性がおり、その譜面を見つめていたところ、「日本人か?」と声をかけられ、その方が今晩のコンサートのコンミスであると判明w。で、そちら公演に誘われ、夜はコンサートに行くことに。若い音大卒業メンバーのオケの立ち上げ公演らしくオールモーツァルトプログラムらしい、ちょっと楽しみ。@Pratt's Hotel
120930b031

ホテルマンに教えてもらったバイクの停め方。駐停車OKでも当たり前のことながら歩道と横断歩道は駐車禁止。で。写真の斜めの石(横断歩道になる間際の石)までは停めてよいとのこと、本当だろうか?!w。で、かくなる停車となった次第。@Pratt's Hotel
120930b032

ホテル室内、女中部屋のようw。古い建物だけあって床はギシギシ音がして、隣の部屋の声も少々聞こえる@Pratt's Hotel
120930b033

ホテルの中庭。どこもかしこも古めかしくて、夜はちょっと幽霊が出そうで怖い雰囲気w@Pratt's Hotel
120930b034

散歩中、よさげなパブがあったので、結局ビールwとチキンパイ。まあ、なんの変哲もないパイであったが、そこがうれしいw。味はグレービーソース含めてちょっと薄め。店舗スタッフは素朴でとても親切@Bath
120930b035

夕食を済ませて、これまた古い街並みが趣あるバースを歩いてコンサート会場へ。@Bath
120930b036

20時から開始のコンサート。ロンドンとバースの若い音大卒業メンバーのオケのコラボ演奏会とのことで、けっこうな人が入っている。曲目は21番目のピアノコンチェルト(前日と同じw)アリア2曲と41番。室内楽のような息の合った演奏。よすぎるホールの残響もあいまって、宇宙にいるような感覚。どの演奏家も入賞経験があるようで、演奏の腕は確かで、声楽から器楽まで音にもツヤがある。そして、41番の終楽章は攻撃的なほど突き進む演奏が耳に残っている、お見事!ホールは200名ほどの小ホール。ローマ浴場に併設され建物自体が由緒あるようで、こちらも得した気分。@Bath Spa
120930b037

休憩中に撮った外観写真。こんな雰囲気の建物の中で音楽を楽しめるのはプライベートなコンサートのようで贅沢w@Bath Spa
120930b038

こちらはバースの象徴であるバース・アビーと月。@Bath Abbey
120930b039


« MAMMA MIA! @Novello Theatre 2012/9/29 | トップページ | Bath,Bovington Tank Museum,Stonehenge バイクツーリング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/47650616

この記事へのトラックバック一覧です: Cotswoldsバイクツーリング@コッツウォルズ:

« MAMMA MIA! @Novello Theatre 2012/9/29 | トップページ | Bath,Bovington Tank Museum,Stonehenge バイクツーリング »