フォト
無料ブログはココログ

« Philharmonia Orchestra&Esa-Pekka Salonen @Royal Festival Hall 2012/9/27 | トップページ | English Chamber Orchestra @Royal Festival Hall 2012/9/28 »

2012年9月28日 (金)

British Museum、Raceways Motorcycle Rentals@ロンドン

レンタルバイクを拾う前の時間を活用して、朝から大英博物館へ。その後、約束の時間に順調にバイクもレンタルでき、足ができたので、NHKでやっていたロンドン名物を食しに行くも既に閉店(お昼過ぎまでの営業)。しかたなく、ホテルにバイクを持って行く途中にトラブル発生。で、あれやこれやの対応をして、なんとかホテル側までバイクを持って行き、ほぼ一日は終了。その後、慌てて「モツレク」のコンサートへ。なんとか間にあったものの、非常にツイていない一日w。

代わり映えのしない朝ごはん。体調を考え鉄分を取るべく豚の内臓のソーセージや卵も多めに。
120928b000

果物もたっぷり採る。
120928b001

大英博物館 館内行程 9300歩 約7km
大量のゴヤ、リベーラの版画作品を公開している特別展があり、これが充実の一言。歩数計によると大英博物館は6km近くあり、やはりデカい。ただ、遺跡関係は現地にて、できれば観たいもの。実はあまりじっくり見ていない。
映画「ハムナプトラ」に出てきたスカラベ。古代エジプトでは本当に崇拝されていたようです。尚、本物は噛みついてきたりしないそうです。
120928b002

映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」に出てきたクリスタル・スカル。「これは偽物ですよ」の説明があって、ブースの隅に追いやられていたw。詳しくは以下。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2415872/3112339

120928b003

家族に石マニアがおり、どうしてもロゼッタストーンのレプリカが欲しいとw。しかたなく£35も支払って購入。高い上に非常に重い。@British Museum
120928b004


これはヤバいw。予期せず大量のゴヤ、リベーラに遭遇。ほとんどが大英博物館所蔵とのこと、いやはやwこんなものまであるとは!@British Museum
120928b005

リベーラの作品
120928b006

絵画版との対比の説明付。こんな感じでゴヤやベラスケスなど数点ずつ展示されている。
120928b007


昼過ぎにバイクのレンタルショップRaceways Motorcycle Rentalsへ。接客が丁寧でホッと一安心。(アメリカはとても機械的にさばかれます。)
120928b008

ちょうど貸し出すバイクを洗車中。レンタルしたバイクはヤマハのPHAZER。左は店長のオヤジさん。
120928b010

今回は短期間なので装備(ヘルメット、ジャケット、グローブ)はすべてお店で借りた。すべてフリーです。ちなみにこの借りたグローブ防水性が高く、自分用にひとつ買いました。日本製のグローブは手の大きい私に合わないのと、防水性がイマイチなので、けっこうめっけもの。@Raceways Motorcycle Rentals
120928b009

イギリスの給油方法は先にセルフで給油して、ガソリンスタンドの建物内にあるカウンターに給油機ナンバーを伝えて精算する方式。給油機がクレジットカード対応になっているところは、少ないようだ。
120928b011

慣らし運転を兼ねてバイクショップから近かったカティーサーク号まで流してみる。小雨が降っているが、ロンドンの雨は本降りにならないので、雨具を着ていれば全く気にならない。@The Cutty Sark
120928b012

NHK「グランドグルメ ヨーロッパ食材紀行」の「ウナギの味はテムズの流れとともに」という番組で取り上げられていた店「Manze's」。前日、灰色のテムズ川を見てて思い出した次第。TVで見た時から食べる気は全くおこらなかったwが、ネタとしてよいかな、と思い立ち、バイクで乗り付けてみた。ちなみにメニューは冷製ウナギゼリーと緑のソースをかけたウナギのシチューww。日本の鰻の食文化の目線からは厳しそうな予感。で、こちらの店は残念ながら閉まっており、チャンスを逃した感じ。ツイていない。@Manzes
120928b013

更にトラブル発生。レンタルしたヤマハのPHAZERのエンジンが走行中に突然停まってしまった。しかも悪いことにトラブった場所がcity of London(大手町と兜町をあわせたような所)というロンドンのど真ん中。なんとか交通の邪魔にならぬように歩道にバイクをあげたはいいが、歩道は狭いし(そもそもバイクを歩道に停車するのはNGで、CCDカメラ等で違反は至る所でチェックしているらしい)歩行者にも疎ましがられるという状況。問い合わせてもレンタルバイク屋はAAに電話しろの一点張りでアテにならず。(そもそも当方はAAって何?みたいな状況w)。その後、レンタルバイク屋とのやりとりで、AAはロードサービスであることがわかり、周囲のビジネスマンにも助けてもらいAAを呼んで応急処置でなんとかホテルにだとりついた次第。原因はバッテリーがかなり弱くなっていたようだ。渋滞でファンが勢いよく回っていたので気になっていたが、まさかバッテリーが昇天するとは。ホテルまではローギアで回転を上げ充電しつつ戻った。翌朝早々にバイクを交換してもらおうと心に決める。
120928b014

こちらはAAのバイク。「これいいだろ?」だってw。「そっちを貸してくれ」、と言ったら苦笑いでかわされたw。親切な方で、ホテルに行く途中、しばらく様子を見つつ併走してくれた。この後、ホテルそばにバイクを停め、急ぎ足でEnglish Chamber Orchestraを聴きに。開演には何とか間に合う。
120928b015

ロンドンには至る所にバイクを停めるスペースがある。道は走りにくいが、駐車に関しては、よいシステム。標識に停めて言い時間がこれまた丁寧に書いてある。写真はコンサート後、夜駐車状況を見に行った際に撮ったもの。
120928b016


« Philharmonia Orchestra&Esa-Pekka Salonen @Royal Festival Hall 2012/9/27 | トップページ | English Chamber Orchestra @Royal Festival Hall 2012/9/28 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/47624815

この記事へのトラックバック一覧です: British Museum、Raceways Motorcycle Rentals@ロンドン:

« Philharmonia Orchestra&Esa-Pekka Salonen @Royal Festival Hall 2012/9/27 | トップページ | English Chamber Orchestra @Royal Festival Hall 2012/9/28 »