フォト
無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2012年8月 »

2011年9月18日 (日)

Go!Go! Yukon 顛末

110918yukon

110918yukon_2

今回のユーコン旅行のGPSのデータを改めて眺めてみました。
これらのデータは、愛用しているGARMIN社のGPSに付属している
MapSourceという地図ソフトで手軽にとりまとめることができます。

全走行距離は7日間で 3,677km
ルートは地図上の黄色の線の通りで、
走行した近辺の標高はあまり高くなく1000m程度。
最北のInuvik近辺はマッケンジー川河口の湿地帯なので
ほとんど0m地帯だったようです。
こんな風に、あとで眺める楽しみがあるのも
GARMIN社のGPSのよいところです。

ちなみに燃費を計算してみると9.9Km/ℓで、
371 ℓガソリンを消費してました。

ガソリン価格はカナダで100円/ℓ程度なのですが
最高値と最安値を比較してみると
最高値:Inuvik(カナダ) 1.790 CAD/ℓ  約134.3円/ℓ
最安値:Delta Junction(米国) 19.28 USD /ℓ  約82.8円/ℓ
でした。
国境付近なら、なるべくアメリカでガソリンを入れたくなります。

ところで、今回は次回につながる資料、大収穫でした!

110918

アラスカ州のTokという街にあった
アラスカ・ユーコン一帯のインフォメーションセンターにて
入手した資料、そして、カナダの各町の書店で
購入したもの地図や雑誌等々。
これらのおかげで、
来年はどこに行こうか、今頃は寒いだろうな、
とか訪問地を想像したりして
帰国してからも一年中、楽しめるのです。

2011年9月16日 (金)

さらばYUKON!@Whitehorse YT

帰国の日。
6:55発の飛行機に乗るべく
5時30分SKKY hotelをでます。
空港へは徒歩5分程度ですが
ホテルがバスを用意してくれ、
荷物が多い身にはとても助かります。

110916b0


朝焼けの滑走路を飛び立ち
バンクーバーへ。
見慣れた景色を上空から臨みます。

110916b1


110916b2


Vancouver International Airport着。
観光にも力を入れており、
楽しく、モダンかつ便利な空港です。

110916b3


110916b4


ここは国際空港だけでなく国内ターミナルも
無料wifiが網羅されており、
長いトランジット待機中は本当に助かります。
また、カフェ等のテーブルにも電源が細やかに
ついているのもうれしいです。
このwifiを通じ、ipadの画面にあるように
フライト情報まで簡単に表示されます。
テナントを充実させるだけでなく、
こういった利便性をあげているのは
素晴らしいですね。

110916b5


さてこれにて旅も終わり、
次回は如何いたそうか、と思いつつ
さらばYUKON!

2011年9月15日 (木)

Alaska Highway@Whitehorse YT

●本日のルート
Beaver Creek - (Alaska Highway) - Whitehorse 457km

最終日の今日は、
Whitehorse市内をぶらつきたいので
かなり朝早くBeaver Creek を発ちます。
しかし、なんと車が凍りついてドアが開かない!
暖機運転なんぞ久方ぶりにしつつ。
朝焼け美しい平原にGO!

110915b0

110915b1


110915b2


110915b3


110915b4


110915b5


110915b6


110915b7


朝焼けが終わっても見事な景色が連なります。
Alaska Highwayは歴史も古く幹線道路であることから
道も広く意外と単調な景色かと思ったのですが
予想は良い方に裏切られ
最高のドライブコースになることがわかりました。

110915b8


110915b9


110915b10


110915b11


110915b12


110915b13


110915b14


110915b15


110915b16


本日は457kmの道のりを走り、
Whitehorseには13時に到着、
街を散策します。

110915b17


MacBridge Museumなる自然史博物館には
ホワイトホースの郷土資料館のようでもあり
これまでの町の発展、近代化過程での
人々の暮らしぶりの展示も数多くあります。
また、動物の剥製も陳列されており
近くで見るムースの巨大さなんかも実感できます。

110915b18

110915b19


Whitehorse街中はブラブラしつつ
土産物屋を巡り、本屋ではカナダの地図、
キャンプ雑誌などを購入。
アメリカの書店にはない、
カナダならでは旅行紙などもあり
興味深いものでした。

110915b21


こちらはメイン通りに面したアウトドアショップ店内。
あらゆる装備が購入でき、アパレルも男女ともに豊富です。
値段は日本より少し高い程度です。
また、広大な店内に大きな長椅子があって、
寝袋やシートの寝心地を試すことが
できるようになっていました。
こちらの男性はいくつもシートを試していましたが、
これは、とてもよいサービスです。
日本の都会の店舗では面積の関係で、
これだけのアイテムを揃えて長椅子を
置くのは難しそうですが・・・

110915b20


市内の散策の後は
いつも楽しみにしている大型店舗巡り、
初日は気がつかなかったのですが、
数キロ離れた大型店舗ゾーンには
Walmartまでありました。
これは食材売場でのメイプルシロップ!
同じお値段でお土産屋で買う十倍の分量が入っています。
これは、前回のカナダ旅行で得た知恵。
自宅用含めて大量に購入します。

110915b22


こちらはCanadian Tire(ホームセンター)のテント売り場、
値札の上にけっこう精巧なテントの
ミニチュアがズラーっと並んでます。
メーカーが支給しているのでしょうか?
とてもサンプルがよくデキていて、感心します。
間口の大きさやヒサシの出っ張り具合等が
確認できるのがよいです。

110915b24


そろそろ、車返却の時間も近づいているので
宿泊予定の空港そばのホテルへ。
ホテルの横に洗車場があったので
別に決められているわけではないのですが
再度、車を洗車します。
一週間世話になったので思い出も愛着もあり
輝く車体に一礼!

110915b25


今宵泊るホテルは
SKKY Hotel
91622 Alaska Highway Whitehorse, Yukon Canada
道の向こう側はホワイトホースの空港です。

110915b26


ホテル前ではキツネが出迎えてくれました。

110915b27


夕暮れ時のホテル。外観も綺麗ですし、

110915b28


室内も清潔でモダンな装い。

110915b29


空港にレンタカーを返却しに行きます。
ガラスにひびが入っていたものだから気になって
担当者に説明しようとしたものの
カウンターに担当者がおらず、
最後は指定通り、箱にキーを入れて
所定の場所に車を返却。
けっこうこういう仕組みは多いらしいですね。
あとで請求書が怖いな、と思いつつ・・・
(結局、保険で処理したようです。)
そして、空港からホテルに徒歩で帰る途中、
美しい夕暮れ時の空港が。

110915b30


荷造りをしていると、深夜1時
いよいよ明日早朝の便で帰国予定。

2011年9月14日 (水)

Tok cutoff とAlaska Highway @Beaver Creek YT

●本日のルート
Delta Junction - (Richardson Highway) - Gakona
- (Tok cutoff) - Tok - (Alaska Highway) - Beaver Creek 603km

一昨日Inuvik からの帰路を急いだおかげで、
アンカレッジ(Anchorage)やフェアバンクス(Fairbanks)から
ほど近いDelta Junctionまで来ることができました。

そこで、本日はデナリ山脈を横目に南下し
Richardson HighwayをつたってGakona まで下り、
再びTok cutoffという道路をTokに向かい北上し、
というアラスカの景勝地をまわることに。

110914b0


こちらはMt. Moffit。

110914b1


途中、アラスカ州ならではパイプラインとの並走
となりました。

110914b2


110914b3


110914b4


110914b5


山脈と大河が延々と続きます。

110914b6


110914b7


110914b8


Tok cutoffからは、
紅葉の見事な道々となりました。
天気も快晴に!

110914b9


110914b10


110914b11


110914b12


110914b13


ちょっと珍しいキャンピングカーを見かけました。
牽引をミニクーパーというのもお初ながら、
おしゃれな上に、キャンピングカーのおにぎり型の
フォルムがなんともかわいらしい!
こんなので湖畔でキャンプなんて最高ですね!

110914b14


Tokで土産物屋を物色した後は、
カナダに再入国すべく
Beaver Creekに向かいます。

110914b15


なぜかアメリカの国境施設とカナダの国境施設とは
20マイルも離れており、アメリカの出国手続きは全くなく、
なぜか、米国出国カードはカナダ側で回収していました。

110914b16


カナダ入国は米国入国時と異なり無料です。
また、車から降りる必要もありませんでした。

110914b18


カナダ側のイミグレをすぎて少々走ると
Beaver Creekの町に入ります。
ホテルがいくつかあったので
ここに宿泊を決め、まずは給油をし
部屋が空いているかを確認します。

広大なオーストラリアも同様らしいのですが、
僻地で街のない所には、ガソリンスタンド+食堂+
モーテル+コンビニがセットになった店が
数百キロおきにありました。
スタンドは給油機2口、食堂は4テーブル、
モーテルは6部屋、コンビニはスナック等の棚4つ程度と、
かなりショボくて、小説やロードムービーの世界です。

110914b19


宿泊地として選んだBeaver Creekは
小さな国境の町でモーテルが3つ、
冬季閉鎖に入ってしまったホテルが一つと
商店もなく、街の人口はけっして多くないようですが、
カソリックの綺麗な教会がありました。


110914b20


こういった街の散策も楽しいながら、
裏に回ると民家の前には
たくさんの廃車が並んでいたりと寂しげな街で、
冬の厳しさをしのばせる、なんとも感慨深い散策でした。
こちらのおうちは見事なヘラジカが玄関先に!

110914b21


この2日間、行き当たりばったりのモーテル泊まり
だったのでイマイチの通信環境が続き、
ネット接続が不安定でした。
特にBeaver CreekのIDA’Sモーテルは、
なんと店主が帰宅時にWifiルータの電源を落とすので
宿泊客は夜Wifiを使えませんでした(苦笑)。

2011年9月13日 (火)

Top of the World Highway@Delta Junction AK

●本日のルート
Dawson City - (Top of the World Highway) - Poker Creek
- (Taylor Highway) - Tok - (Alaska Highway) - Delta Junction 534km

朝7時半、今日はこれからアメリカ(アラスカ州)国境
に向かって出発です。
まずは街のはずれにあるフェリー乗り場にいきます。

110913b1


フェリーで、ユーコン川を渡るとそこが
Top of the World Highway(舗装された最北端のハイウェイ)の
入り口です。
フェリーからの朝焼けは美しいかぎりで、
朝から天気がよかったせいもあり、山々が輝いていました。

110913b2


朝焼けの中、高台に向かう道は絶景だらけ。

110913b3


110913b4


110913b5


110913b6


展望台で一息ついていると
まさしく「熊のパワー」らしきものを感じる光景が。
カナダもアメリカも国立公園等のレストエリアにあるゴミ箱は
すべて熊対策で鉄製の上に、重いフタがつき、
更にはフタの取っ手にロックがかかるようになっています。

110913b7


そのゴミ箱のフタに鋭い穴があいており、
熊の仕業かと・・・。

110913b8


お次は展望台の同じく金属製のガイド板、こちらも・・・。
それとも誰かが鉄砲でいたずらした跡なのかなぁ。

110913b9


そして、絶景の尾根道を更に登っていきます。

110913b10


110913b11


110913b12


頂上付近で、Poker Creekなる米国最北端の国境にたどり着きます。

110913b13


ちなみにこのイミグレも
9/25で今季は閉鎖とのこと。
ギリギリのTop of the World Highwayの通過でした。

110913b14


110913b15


イミグレでパスポートに押されたのは、
こんなスタンプ。なんともカワイイ、ヘラ鹿!

110913b16


これで晴れて、アラスカ州入りとなります。

110913b17


この国境を越えたあたりから
Taylor Highwayと道路の名前が変わります。
昔はこのハイウェイが金鉱で栄えた町々
とつなぐ役割を果たしていたようで、
その名残となる金鉱跡が道路の所々にあるようです。
そして、デナリ公園の山々を遠方に臨め、
なかなかの景色のハイウェイでもあります。

110913b18


かつて金鉱で栄え、
今は人口わずか10人のChicken
という町のドライブインにて。
この飛行機、つくりはかなり華奢ながら、
多少のブッシュや砂利の滑走路でも平気な
太いタイヤをはいています。

110913b19


男の子が憧れる道具だらけの作業小屋!

110913b20


Tokに向かい、
下り坂を下りると平野部に入ります。

110913b21


この付近のフェアバンクス、アンカレッジ
ドーソンシティ、ホワイトホースへの道の
交差路となるTokという付近最大の町では、
なんとも立派なアラスカ・ユーコン一帯の
インフォメーションセンターがありました。
ここに立ち寄って、翌年以降の情報を仕入れます。

110913b22


Tokで給油をしていると飛行機が!
なんとガソリンスタンドに入ってきました。
カヌーや船、バギー、自転車等を
ピックアップトラックが運ぶのはよく見かけますが、
飛行機をまるごと運ぶ様は初めて見ました。
お気に入りの飛行場を決めたら、
しばらくその土地に逗留しつつ
セスナで付近を大空から散策するのでしょうか、
まさしく大人のロマン!

110913b23


110913b24


更には地元の著名な肉屋で
バファローとエルクのソーセージを購入!

110913b25


110913b26


壁にはハンティングの写真が自慢げに。

110913b27


このお肉やさん、愛犬用の骨がテンコ盛り。

110913b28


そして、夕方遅くにAlaska Highwayの
終点にあたるDelta Junctionに到着!

110913b29


Delta Junction の
唯一と思われるスーパーマーケット
IGAが楽しかった。
人口1000人程度の街にしてはユニークなのが、
ロシア食品の充実度、ロシア語表記の食品等
が大量に陳列してあり、当然、安い。

110913b30

110913b31


そして更にユニークなのはトイレへの誘導。
バックヤードの奥深くへ顧客を導くために
オレンジの熊の足跡をたどっていくしくみ、
そして最後にはへたうまな熊の絵が案内してくれます!

110913b32

この界隈、もう一軒あった
小綺麗なモーテルは満室で、
町外れのいささか寂れたモーテルに
宿泊となりましたが、これも一興です。

110913b33


110913b34


110913b35


付近には何もなく
夕食はモーテルでバーナーを使って
マカロニスープとパン、シャケ缶が夕食で
本日はお終い。

2011年9月12日 (月)

Moose/Dempster Highway@Dawson City YT

●本日のルート
Inuvik - (Dempster Highway) - Dawson City 782km

今日はEagle plainsまで行ければヨシ、という気持ちと
途中二度渡らなければいけない
フェリーも始発が遅かったようなので、という理由から
朝からマッタリしてしまい、
朝9時30分にInuvikを発つという遅い出発。

とりあえず、走るに不都合がないように
窓ガラスの泥はよけておきます。

110912b0


ところが、遅めに出発したものの、
あまりの好天につき780キロのダート道を一気に下り
Dawson Cityまで行ってもよいかも・・・
という気持ちに切り替わりました。行けるかな?!

110912b1


110912b2


110912b3


110912b4


110912b5


110912b6


前日は雪にまみれていた州境の道標付近は晴れ上がり、
残雪など全くなく、路面もかなり走りやすくなっています。

110912b7


こちらが前日、行きの写真です。
全く大違い!

110912b8


110912b9


帰路は再度ここEagle plainsに宿泊予定でしたが、
ランチをとって給油をします。

110912b10


110912b11


車の泥は好天でもあいかわらずで
車体下は泥がつらら状になっています。

110912b12


あとは真っ青な空の下を走る走る。

110912b13


110912b14


110912b15

と、本日は親子のムースに遭遇。
ゆるゆると藪の中に入っていってしまい
遠くに小さく見えます。

110912b16


また、藪からでてきました。
耳がくるくる回り、おっとりした風情はけっこう愛らしく
都合20分くらい眺めていました。

110912b17


そしてコチラはヤマアラシ(尻尾です)。
夕方になると道端にコロコロ転がっている様な感じで
散見できました。

110912b18


そして、日が落ちつつ日没間近に
Dempster Highwayを一気にDawson Cityまで走破完了!
出発が遅かったのと日の入りが20時過ぎという時間帯も相まって、
夕日に染まる山々や夕方に活発になる動物たちが見ることができ、
ちょっと疲れましたが、まずまずのよい按配。
780キロのダート道を11時間半かけて走破した次第です。

110912b19


110912b20


Dempster Highwayを一日で駆け抜けてしまったのは
ちとモッタイナイのですが、
大河ドラマを一気見した醍醐味もありました。
こちらはDempster Highwayの入り口付近
終点のイヌビックで入手したステッカーと記念撮影。

110912b21


車もあまりに泥まみれだったので、
麓のガソリンスタンドで洗車もしておきました。
バンパー辺りは泥ではなくて
虫がひっついていて汚れております。

110912b22


そして、Dawson Cityの入り口では
見事な夕焼けが迎えてくれました。

110912b23


Dawson Cityはモーテルは管理人がおらず閉まっていたので
Aurora Innに再度宿泊。
3日前に宿泊しているので、顔を覚えてくれており
遅い時間にも関わらず、すんなりチェックイン!
時計は既に21時をまわっており、
晩ご飯は味噌煮込みうどんをホテルの一室で。

110912b24


本日の強行軍にて日程に余裕ができたので、
この先はアメリカ側(アラスカ州)にもかなり足をのばせそうな予感。

ちなみに今日のGPSデータを見ると
移動平均速度が83キロ/hなので、
多少4輪の運転も上達したかも、と思うと
ちょっとうれしくなります。

2011年9月11日 (日)

刻々と変化する雲/Dempster Highway@ Inuvik NT

●本日のルート
Eagle plains - (Dempster Highway) - Inuvik 374km

朝6時、北極圏への突入目指して、
今日はInuvikに向かって出発です。

110911b0

ちょっと出発が早すぎましたかね。
まだ、真っ暗です。

110911b1

途中、緊急用滑走路を兼ねた広い道がありました。
確かに、丘陵地帯ですし道路を滑走路にするしかなさそうな場所です。

110911b2


110911b3

Dempster Highwayに対する昨日の見立てはかなり甘かった!
北極圏に入る辺りでは、小雨の中、泥道と化していました。

110911b4


110911b5


ご覧の通り、他の車も酷い汚れようです。
ナンバープレートなんか全く読めません。

110911b6


110911b7


110911b8


更にYT(ユーコン準州)とNT(ノースウェスト準州)の
州境の道標付近はなんと雪!
ちょうど峠だったこともあり、何とも冷たい風が吹いています。

110911b9


路面は車輪をとられるぬかるみ状態、
凸凹がある箇所も前半より多くありました。
私のテクではオフロードバイクでもちと無理っぽいですね。
やはり、4輪で来てよかった…。

110911b10


その後、天気は昼前くらいからよくなり、
一気に湿原に向かってくだる道は
再びダイナミックな景色が続きます。

110911b11


天候が目まぐるしく変わり、
それに伴って刻々と変化する雲の流れと
地表へ投影される雲の影が動く様がなんとも圧巻でした。

110911b12


110911b13


110911b14


110911b15


高度が下がったあたりでの大平原は360度
ドバ-っとひらけており、突風吹く中ですが
目を見張るほどの絶景!
この彼方までに熊は何頭いるの、
カリブーはいるのかな、などと想像してしまいます。

110911b16


110911b17


110911b18


そして、Inuvikへたどり着くには湿地帯故に夏場は
渡河用の5分程度のフェリーに2回ほど乗ります。

110911b19


ここでは、デカいトレーラーと相乗りになります。

110911b20


やっと初めての人里Fort McPherson。
800人くらいのこの街にはホテルが一軒あります。
再訪するか、不明ですが、軽く街中を流して
ホテルとスーパーが2軒あることを確かめます。
Inuvikまでガソリンは持ちそうなので給油はしませんでした。

110911b21


110911b22

そして、もう一度フェリーに乗り・・・・

110911b23


この泥だらけの車体!
どうせすぐ汚れるので洗う気がおきません。

110911b24


そして、停車しても隠れるでもない雷鳥。

110911b25


やっと夏場陸路で行ける最北の街Inuvikに
14時30分に到着です。でも、正しくは15時30分。
ユーコン準州とノースウエスト準州の間には時差が1時間あります。
結局、370キロ走破に8時間要しました。

110911b26


今晩御世話になるホテルは
Mackenzie Hotel
#185 Mackenzie Road, P.O. Box 2303
Inuvik, NT X0E 0T0

110911b27


一応、事前予約をメールとFAXですることが可能でした。
予約時は周囲のホテルがほとんど埋まっており
街で一番のこのホテルしか空いておらず
なにかイベントでもあるのか、と焦りました。
そして、街に着てみると、そんな様子は全くなくて
実のところシーズンオフで次々、
店じまいをしていたのが実情のようです。

110911b28


人口数千人のイヌイットの街Inuvikは
円形の教会以外観光スポットのないこぢんまりとした街でした。

110911b29


110911b30


街中の大きなスーパーマーケット「NorthMART」が
唯一の商業施設のようで、
店頭ではたくさんの方が談笑しており
地元の社交場にもなっているようです。
このスーパーの商品は充実しており、
酷寒仕様のアウターや靴、
毛皮商品など興味深いものから
輸送費込みの為かちょっと割高な食品群まで豊富で
地元の生活を垣間見ることができます。

110911b31


110911b32

110911b33


夏場はここInuvikが陸路で行ける最北の地ですが
冬に氷が張ればこの道をずっと進み、
Ice Roadになった道を経て
160キロ先のTuktoyaktukまで行けます。

110911b34


このカラフルな建物は実は病院です。

110911b35


またまた、カラフルな郵便局の看板

110911b36


夕方は街の外れにある川岸に散歩にきました。

110911b37


日曜日の夕方なので、
次々と釣り人が小さな船着き場に戻ってきており
自家用ボートをよっこらしょと自家用車で牽引して
自分の船を引き上げる様をのんびりと眺めていました。
大半が夫婦や子供連れのイヌイットの人達。
釣り具を片付ける旦那をしり目に奥さん同士が釣果を語り合ったり、
男同士は船の引き上げを助け合ったり、
日常の余暇を楽しむ様を眺めていると心が安まりました。

110911b38


110911b39

極北の過酷な地で暮らす彼らの憩いの時間。
いやがおうにも環境的には恵まれていながら?な
東京での自分の生活と比較してしまいます。

2011年9月10日 (土)

Bear country/Dempster Highway@Eagle plains YT

●本日のルート
Dawson City - (Dempster Highway) - Eagle plains 412km

朝5時20分にDawson Cityを発ち、
今回の白眉Dempster Highwayへ向かいます。

110910b0


110910b1


Tombstone Territorial Parkの入り口辺りで
空は白み始めましたが生憎の曇天。
しかしながら、ちょっとした山岳地帯につき絶景が続きます。

110910b2


110910b3


110910b5

110910b6


朝ご飯は「どん兵衛」を。
とにかく寒くて暖かいものが食べたなり
こんな時、日本のうどんはうれしいですね。
風が強くても、火が消えにくいプリムスのバーナーも重宝します。

110910b7


平野部はこんな路面で
Dempster Highwayも想像したほど悪路ではなく、
ハーレータンデムは無理ながら、
オフロードバイクなら楽な部類かと思いました。
BMWのGSあたりで再訪したいですね。
(注:実はこの路面判断は翌日
 全く見当違いだったことが 判明いたします。)

110910b8

100kmくらい置きに砂利もしくは芝生の滑走路があり
こちらのハンターの方々、手を振ってくれてます。
お互い一日に数名しか人間には出会いませんから
人影はちょっとホッとします。
ブッシュパイロットをチャーターしたか、
自身で操縦するレンタルセスナか不明ですが
彼の地では最適な乗り物です。
ちなみにフロート付きのセスナで湿地帯である
この辺りを釣り+キャンプでまわっている旅人もいるらしいです。

110910b9


相変わらずの曇天ですが、道は先まで見通せます。
でも、こういった天候の時のほうが日中、
動物に出会いやすいんですよね。

110910b10


それで、まず出会った熊がグリズリーベアーのお二方
穴掘り夢中で自動車にも動じず、
せっせと歩き回ってとても行動的。
背中のコブの盛り上がりが特徴で
(「How you can stay safe in bear country」より)
ブラックベアと区別ができます。

食べているのは、植物の根とかのようです、
顔を穴に突っ込んで食べていましたので。
土を掘って草木を切り裂く音が
とても力強くてビビリましたが、
あまりに頼もしい様でもあり、
15分くらいサンルーフから眺めてました。

110910b11


その後は色づいた木々を愛でつつ先にすすみます。

110910b12


110910b13


こちらは比較的大きめのレストポイント
(トイレ付き100km置きくらい)。
ご覧のようにどんな車も半日で泥だらけになります。
トレーラーは車体が大きいので清掃もさぞかしたいへんそう。
ただ、このトレーラー方、米国以上に、
車体もデカくて猛スピード、脅威なのです。
ダート道を用心深く流しているこちらを尻目に
こやつらが100kmオーバーで追い越して行きます。
追い越されるのは日に1回あるかないかなので、
それだけでも驚きます。

110910b14


ちょっと先の方が明るくなってきました。

110910b15


と、その内に前方の道路を横切る黒い影が・・・
お次に出会った熊はブラックベアでした。
鼻筋が通っていて、けっこう美形です。
アメリカの国立公園でも、
こんな頻繁に熊には会いませんでしたので
ちょっと得した気分。
Dempster Highwayは車もほとんど走っていませんので、
本当に動物達の天下ですね

110910b16


Dempster Highwayのど真ん中、
にある荒野のオアシスEagle plainsに13時半、到着。
途中ガソリンスタンドが400キロ近くない地帯。
秘境の雰囲気を十分堪能できます。

110910b17


丘の頂上にある巨大な駐車場はRVパークも兼ねており
Dempster Highwayを通行するトレーラー含めた
すべての車が給油します。

110910b18


Eagle Plains Hotel
Bag Service 1735, Whitehorse YT Y1A 3V5
予約メールの返信はくれないし、
トラックの運ちゃんの休憩場所でもあり、
必須のガソリン補給地点であることから想像するに
相当ショボい宿をイメージしていました。
そして、到着してみると、その外見から
南極の基地か!?大丈夫か?!と思った次第。

110910b19


ところが、玄関をくぐった時のなんともクラシックな内装と
室温の暖かさにグッときてしまいました。
そして、ユーコンの原野の高台に
位置しているので眺めも絶品。
こちらのホテルかなりお勧めです。

部屋は綺麗だし、
食事も安くて美味しいと申し分ありません。
ホテルの触れ込みは
「An oasis in the wilderness at the Arctic Circle」
まさしく!

110910b20


110910b21


110910b22


110910b23


110910b24


110910b25


110910b26


ロッジの食堂にて「Eagle Burger」巨大バーガー完食。
(two 5oz patties, cheese, turkey, and fried eggですよ!)
見た目はガサツですが、ポテトもパテも皆手作りで
お味はたいしたものでした。
愛想のよい、キッチンのおじさんの腕は確かですね。

110910b27

まだ、夕方、今日はここで沈没を決め込み。
さてこれからウィスキーと読書を楽しみます。

410キロ走行を8時間かけて、ノロノロと、ゆったり
これまで体験したことのないレベルの雄大な景色を楽しんだ一日。
9月のユーコンは紅葉まっさかりで、とても良い時季にあたりました。

2011年9月 9日 (金)

Pretty town@Dawson City YT

●本日のルート
Whitehorse - (Klondike Highway) - Dawson City 535km

せっかく、居心地のよいホテルなのですが
早朝に起床して荷造りをし、早々に出発をします。

110909b0

まずは、GPSやナビゲータなんかをセットし
続いて、荷物を暗い中、次々と整理して積み込み、
日の出前の6時、出発です。
本日はKlondike HighwayというDawson Cityまでの
ユーコン川とところどころ並走する舗装道路をひた走ります。

110909b1


徐々に空が白んできて、
毎度のことながら走り出した最初は気分よく
大自然の景色とやはり今年も来れた!とう充実感。

110909b2


ただ、天気は朝方は薄曇りで時折小雨混じり。
こういう天気の時はバイクだと面倒ですが
車であれば、レインウェアを着るでもなく
安泰でいささかホッとします。

110909b3


Carmacksという比較的大きめな宿に
ガソリンスタンドと小規模なスーパーがある街で
ガソリン補給後、橋でユーコン川を渡ります。

110909b4


昼前くらいからは、だんだん晴れて
広大な景色が眼前に拡がってきました。

110909b5


Pelly Crossingとう小さな村で昼時をむかえ
うねる川を臨む絶景の高台でランチをとる為に停車します。

110909b6


ランチはカナダのスーパーで買ったカップ麺
見るからに美味しくなさそうなのですが、
やはり珍しいと手が出てしまい・・・
食してみると、案の定和風でもなく
中途半端なアジアンテイストで美味しくありません。(苦笑)

110909b7


そんなこんなで絶景を眺めていると
古いアメ車で通りがかりました。
2人の地元インディアンのご婦人が
わざわざ車を止められ、話しかけてきます。
「こんなところで火を炊くな」と怒られるかと思いきや。
親しげに、どうだ素晴らしい景色だろう、と。
そして、「ここはFirst Nationのエリアだ」と誇らしげ。
う~む「First Nation」??
後で知ったのは「First Nations」とは
特にカナダに住んでいる先住民のうち、
イヌイットもしくはメティ以外の民族のことを指し、
Native Americanに該当する言葉でした。
昨年同様、カナダの人はネイティブの方を含め、
終始、フレンドリーで非常に心暖まります。
なにやら今年もよい旅行になりそうな予感です。

110909b8


Klomdike Highwayの後半は青空が拡がる
気持ちのよい好天ぶり。

110909b9


結局、WhitehorseからDawson City間550キロを
ダラダラ9時間近くかけて走行しました。
見事な黄色のグラデーションの紅葉と
蛇行するユーコン川やその支流の
景観に魅入られ、ついつい停車してしまい、
先になかなか進めません。

110909b10


Dawson Cityには15時に到着。
ガソリンを補給して宿に入ります。

110909b11


本日の宿はThe Aurora Inn
ここはFacebookのファンページまであり
事前予約もできた田舎町にして
なかなか洗練された宿でした。

110909b12


Dawson Cityは人口2000人程度の中規模の町です。
ただ以前は州都であり、ゴールドラッシュの時は
人口が40,000人もいたそうです。
街並みはご覧の通り、オールドタウンでとても風情があります。

110909b13


110909b14


一昨年訪れたボディ(Bodie)というゴーストタウンの在りし日の姿
がこんなだったのでは、と思わせます。
「Bodie State Histric Park」 
正直、なかなか簡単に行ける場所ではありませんが、
ここ数年の町々を旅してきましたが、ここまで古い街並みが
キチンと揃っている町は珍しいと思います。

110909b15


110909b16


110909b17


110909b18


110909b19


110909b20


110909b21


110909b22


110909b23


110909b24


地元のはんなりとしたスーパーで夕飯を購入。
チーズとお肉をチョイスできるサンドイッチ。
で、ローストビーフサンドとターキーサンドをテイクアウト。

110909b25


このサンドがけっこう旨い、カナダワインとでいただきました。

110909b26


明日はいよいよDempster Highway!
ワインの酔いもあり、早々に就寝することになりました。

2011年9月 8日 (木)

長い移動@Whitehorse YT

昼過ぎのNEXで出発!
今回は車なので、
やや荷物も気にせず詰めたところ
けっこうな分量になってしまいました。
テント以外すべてのキャンプ用品を詰め込んで
パンク修理キットを二つ(その内ひとつは
電動コンプレッサー付)も持参するのですから
当たり前ですが。

110908b0


そして、搭乗するは17:10エアカナダバンクーバー行き。
バンクーバーまで9時間+トランジットで7時間待機し
更に2時間半ローカル便で機上の人となり、
目的地ホワイトホース(Whitehorse)には現地時間20時に到着予定という 
合計18時間半のなんとも長い旅です。

110908b1

で、搭乗ゲートにて機内に乗り込む前に
名指しで呼び出しのアナウンスが!
なんと事前に調査したにも関わらずパンク修理キットの
シリンダー(小型の圧縮二酸化炭素ボンベ)が
荷物預けでもNGとのこと。
ボンベも可燃性でなければよさげだったのですが、
シリンダー状のものはNGとのこと。
応急パンク修理対策が半減し、不安になりつつも
もめる訳にもいかず、廃棄処分を御願いして一件落着。

110908b2


そして、バンクーバー空港での国内便ゲートへの乗り換えは
思いのほか速やかで、イミグレ含めて小一時間。
ダラダラとトランジット時間をしのぎ、
続くローカル便の機内では昼寝+遊覧モードで
Whitehorseになんとか到着!
ここまでの機上からの眺めは、雪をいただく山々に続き、
低地はアチコチ紅葉めいており、ブッシュパイロット気分。
高揚感がこみあげてきます。

110908b3


ホワイトホースの空港に着くやいなや
予約したBudgetレンタカーのカウンターへ。
バイクの時と同様、書面にはあれこれサインをさせられ
新人スタッフなのか事務処理の不慣れさ為に
手続きに20分程度は要していました。
でも、キーを渡されてからはスムース。
空港のドア前の駐車場にレンタカーは準備され
たいへんお手軽。
また、車種も事前の不安は杞憂に終わり
FORD のSUV ESCAPEをしっかりゲット。

早速、ホテルに向かう前に
まだ空いているとばかりに買い物へ。
21時閉店のCanadian Tireになんとか15分前に到着。
短いお買い物タイムながら
親切な店員さんのおかげで熊スプレーも調達でき
バーナー用のガスボンベ、キャンプ用の簡易食品を購入。

110908b4


続いて、ほぼ近くに「Real Canadian Superstore」なる
巨大スーパーが22時まで開いており、
これぞ天の恵み、
これで明朝は買い物の手間がはぶけ
早朝から出発できる!と、
ここでは、パンやバターやチーズ、缶詰、果物、
そして今晩の夕食を買い込みました。

110908b6


そして、旅で大切なお酒も運よく道沿いに酒屋を発見。
ユーコンでは酒類は専門店でしか買えず
しかもここは酒屋さんに入って格子越しに
商品をやりとりするしくみでした。
缶ビールまとめ買い+ウィスキーも入手。

110908b7


ホテルは事前に確保済みのBEST WESTERN Gold Rush Inn
BEST WESTERNは旅のはじまりに御世話になることが多く、
お値段はそこそこしますが、部屋も設備もホスピタリティも間違いがないのが安心。
旅の初日から予約が入っていないとか、
部屋が妙に汚いとかで落ち着かないのはよろしくないので
まあ保険のような感じですね。

110908b8


110908b9

約18時間の移動を終え、買い物も順調で装備も揃い
晩ご飯、ビールがうまい!
そして、このイチゴ昔の日本のイチゴそっくりで
ちょっとゴツゴツして甘酸っぱい懐かしい味!

110908b10


空港には各種ガイドがたくさん置いてあり
その中にあった熊対応マニュアル
「How you can stay safe in bear country」
なんていうのもあり、パラパラめくると
けっこうゾッとするような写真もあり
一応、一夜漬けながら命にかかわりそうなので
真剣に勉強をします。

110908b11


定刻に到着した飛行機と予定通り準備された車
そして、遅くまで開いている大型スーパーのおかげで
必要な資材や食料もすべて調達でき
明日は早朝から出発可能で、
今まで経験した中でも比類なき順調な滑り出し!
今年はよい旅行になる予感がします。

2011年9月 7日 (水)

海外ドライブ@Yukon

昨年のカナダでのバイクツーリングに続き、
今回はバイクからSUVに乗り換え、
同じカナダでも北極圏を越えて
カナダ北端の地Inuvik まで行ってきました。

今回、車に乗り換えた大きな理由は
極北のDempster Highwayの路面が
劣悪なダートと予想されること、
更には9月ですら深夜は氷点下になる地であり
前後数百キロ孤立無援の地であること、からでした。

そんなわけで、少々リスクは感じつつも、
3年がかりで彼の地の予習をし、
カナダの大自然と極北の大地に目見えたく
ドライブにて2度目のカナダに行ってきました。

只今、写真整理中です!


110909b9

110910b11

110911b9


110911b15


110911b24


110912b6


110913b5


110914b1


110915b3


110915b14

●ルートマップ (クリックで拡大)
110925yukon


●標高推移
110925yukon_2


●ポイント
Whitehorse
Dawson City
Eagle plains
Inuvik
Poker Creek
Delta Junction
Klondike Highway
Dempster Highway
Top of the World Highway
Taylor Highway
Alaska Highway
Richardson Highway

●全走行距離 3,677km

●ルート
9月9日(金)
Whitehorse - (Klondike Highway) - Dawson City 535km
9月10日(土)
Dawson City - (Dempster Highway) - Eagle plains 412km
9月11日(日)
Eagle plains - (Dempster Highway) - Inuvik 374km
9月12日(月)
Inuvik - (Dempster Highway) - Dawson City 782km
9月13日(火)
Dawson City - (Top of the World Highway) - Poker Creek
- (Taylor Highway) - Tok - (Alaska Highway) - Delta Junction 534km
9月14日(水)
Delta Junction - (Richardson Highway) - Gakona
- (Tok cutoff) - Tok - (Alaska Highway) - Beaver Creek 603km
9月15日(木)
Beaver Creek - (Alaska Highway) - Whitehorse 457km

2011年9月 5日 (月)

Go!Go! Yukon@Yukon

多少冒険要素あるこの夏のユーコン行き。
宿の確保も難儀しました。
メールアドレスを調べて送っても一向に返信がこない荒野のホテル。
そもそもオープンしているか自体が、
不明なモーテル(行ってみるしかない)。
ホワイトホース以外は、WEB予約ができるホテルは皆無。
FAXを駆使してなんとか、とびとびで宿泊先を確保した状態。
という訳で、キャンプの用意もしておこうということになり、
持参装備にもちょっと力を入れました。
まあ、米国ネバダ州あたりですら、泊まろうと思った街が
ゴーストタウンだったりしたので、
今度はもっと僻地なのだから、
覚悟しなくてはならないのは自明です。


●装備編
プリムスの「ウルトラ・スパイダーストーブ」
まずは、バーナーを購入し、
暖をとり、ランチもしっかりとれるようにしました。
ただこのバーナーなんともフォルムが美しくて
そちらに目が行ってしまったのも事実。
そして、178gという軽さもスゴイ。
機内持ち込み不可のガスは現地調達予定。
カナダの田舎町でホント買えるのか?!は不明也。

1109080


サーモス/FEI-501
昨年のカナダツーリングでも大活躍だった魔法瓶。
寒冷地では欠かせないアイテムです。
バーナーで入れた熱熱の飲み物を
北限の地で楽しむ寸法。
今回は車なのでちょっと大きめサイズを
ビックカメラで物色しました。
そして、散々迷って購入したのがコチラ。
購入の決め手は、容量が決まったら、
保温力はどれも50歩100歩なので
要は、キャップがカップ式がよいのか、
重量は軽いか、の二つに絞られます。
で、お眼鏡にかなったのがコチラだった次第。

1109081


スノーピーク トレックコンボ
コッフェル等物色するのは本当に久方ぶりで、
いろいろ調べてみたら、最近は、チタン製やステンレス製が
販売されておりビックリ。
で、結果購入したのが定番のアルミ製。
チタンは軽いのが売りだが熱伝導が悪いらしく、
すなわち美味しい料理ができにくいってことかと思い、断念。
ステンレスはいささか重い、でアルミに落ち着きました。
でも、きっとお湯くらいしかわかさないんだろうなぁ。
あとスプーン、フォーク、ナイフの3役をこなすSporkも買ってみました。

1109082


・インスタント食料
非常食と称して多分ランチになってしまう麺々。
湯が沸かせると、この程度のものなら簡単に野外でも
食べることができるのだなぁ。
久々に山屋さんに出入りしていろいろ開眼。
次回はツーリングでもバーナー持参となりそうです。
ちなみに、このカップヌードルリフィルって、
麺自体も80%に圧縮されてて、かなりコンパクトです。
個人的には煮込みうどんが気になってます。

1109083


HIGHMOUNT LEDランタン&トーチ SV 44477
必須の灯りですが、これは便利!
単三4本でワークし、
LEDでもここまで明るくなったのと感心する一品。
しかも最大45時間電池がもつとのこと。
地震などの非常時用途でも実力を発揮しそうです。

1109084


Vixen ズーム単眼鏡 ジョイフル モノキュラー7倍~21倍zoom
だいぶ前、ツァイスの単眼鏡を旅先で紛失して、
未調達だったのですが、再度物色して出会ったのがコイツ。
ズームがついた優れもの。
低倍率でアタリをつけて高倍率化ってのが手軽にできるのです。
今回は動物探しに使う予定。
あとあとは観劇にも使用可能かと。

1109085


AUDUBON BIRD CALL
頭のねじを回すとキュキュと鳥のさえずり音が鳴り、
鳥が集まってくるとか。
チープで手作り感あふれながらも、
愛らしいフォルムがグッとくるガジェットです。
さて、その効果は如何に?!

1109086


そして、リスク管理為の品々がコチラです。
KOHLA(コーラ) ホイッスル
一番、警戒しているのが熊。
アメリカでもカナダでも国立公園にはつきものの彼ら。
各地で見かけてはいるものの、
お近づきにはなったことはまだなく。
また、あまり親しくもしたくはなく・・・
熊スプレーは現地調達の予定ながら、
一応笛も持参予定。
遭難時も活用可能かも。

1109087


・熊鈴
熊よけの鈴は各種あり、
鐘型と鈴型があるようです。
鐘型のほうがの音色がよく
耳聞こえがよさそうなのですが
簡単に消音ができる鈴型を選択しました。
Manner Modeというベルトを鈴に差し込むと
音が消えるしくみ。
熊以外も逃げてしまうので、
この機能、必須のようです。

1109088

・虫除け、防虫、フェイスネット等
もうひとつ警戒しているのが虫!
特にアラスカ方面の蚊の大群は有名で、
車もバイクも前面びっしり虫がひっついて、
ライトなど真っ黒な様をよく見かけます。
まあ9月も半ばになればしれているかもしれませんが、
一応念のため持参します。
ただ、日本の薬類は海外の蚊には効かないとの噂もあり、
今回はその実験でもあります。

1109089


残るは、現地調達の予定。
カナディアンタイヤのホワイトホース店が今回の資材調達候補店。
08:30AM開店で9:00 PMまでやっている
カナダ有数の大型ホームセンター。
開店時間の長さも魅力的です。
ちなみに購入予定品はバーナー用ガス、熊スプレー、
包丁等の機内持込み不可の品々。
ちなみに週末のフライヤーが毎週アップされてて
こちらの内容がお国柄を表してて興味深いです。


●相棒編(あくまでも予定)
・レンタル予定の車種はフォードのSUV「エスケープ」
予定通りの車種が待っていればよいのだが、
彼の国では実はこれがかなりアテにならない…。
いよいよ日程が近づくと一番の不安要素が、
果たしてそこに車両はあるのか・・・。
うまく借りれれば、リアシートを倒した按配で一泊くらいなら
余裕のスペースが確保できそうでテントいらず、
期待度大なのです。
あと、レンタカー屋の書面にある
「FORD ESCAPE or similar」の小さく「or similar」というのも不安。

11090811

11090812


SLIME(スライム) パンク修理キット

ダート道を走る場合。一番警戒しているのがパンク。
ダートが多いようなので今回は二輪を断念しつつ、
ただパンクのリスクは同様かつ車のほうがやっかい。
で、レンタカーやにはスペアタイア搭載を確認済ながら、
更には修理キットと牽引ロープも持参する予定。

11090813


●エンターテインメント編
さて毎回楽しみでもあり悩ましいのが旅先に持っていく書籍の選択。
毎度の「Zen and the Art of…」以外には、
アラスカの御大の書籍を読み直そうかと。
開高健は彼の地で夜につらつら写真を眺めるだけでも楽しそう。
植村直己はなんと30年ぶりに読み返す、
初読時のわくわく感を再度実感できるか如何に?!

11090814


お次に考えたのが持参する音楽。
いつもはバイクツーリングなのでCD持参になるのですが
(ハーレーのエレグラはCDプレーヤーが標準装備です)
ヘルメット越しではクラシックの弱音が全く聞こえないので、
毎回、いい加減な選択でした。
今回は車なので、自ずと力が入ります。
で、選んだのは北欧のお二人、ニールセンとシベリウス、
彼らの交響曲全曲を通しで一度聴いてみようかと。
あと、グールドの清涼感と可愛らしさあふるる
ソナチネも北限の地でどのように聴こえるか、楽しみです。

11090815


そして、音楽を聴くために購入したのが
スマホ、ノートPC用ポータブルスピーカー 400-SP015
車でiPod、iPadを使用するならと思い購入。
トランスミッターはやはりノイズが入るようだし、
妙な車載用スピーカーガジェットよりマシかと。
音は割れずにけっこう大きな音が出て、音質も悪くない。
USB充電可も吉。
今後国内の旅行なんかでiPadで映画見たりするのにも
活躍しそうな予感。

11090816


●リサーチ編
これらアラスカ、ユーコン関係書籍。
3年かけて、渡米時やアメリカAmazonを使いコツコツと
楽しみつつかき集めました。
実は日本には「地球の歩き方」含めて
北限方面の情報は極めて乏しいのが実情です。
特にユーコンは皆無!
一方、海外誌ながらマイルポスト「The Milepost」
1949年創刊の秀逸な旅行誌です。
イエローページほどの厚さでありながら毎年刊行され、
内容もアラスカ、ユーコン、BCを網羅しています。
しかも地図や写真も多く眺めていても楽しい!
これら書籍に助けられ、事前リサーチでも相当楽しませてもらいました。
で、その活用成果は如何に?!

11090810

それでは、行ってまいります!!

2011年9月 1日 (木)

海外ツーリング&ドライブまとめ

★2007年 アリゾナ Arizona★
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post.html

●ルートマップ (クリックで拡大)
070615


●標高推移
070615_2


●ポイント
Jerome State Historic Park
Grand Canyon National Park
Monument Valley
Wupatki National Monument
Meteor Creter

●全走行距離 1,911km

●ルート
6月19日 (火)
Phoenix - Cotton Wood - Jerome - Sedona - Flag Staff - Tusayan 434km
6月20日 (水)
Tusayan - Cameron - Page - Monument Valley - Mexican Hat 595km
6月21日 (木)
MexicanHat - Monument Valley - Cameron - Wupatki National Monument - Meteor Creter - Holbrook 503km
6月22日 (金)
Holbrook - Show Low - Glove - Apach Junction - Phoenix 373km

★2008年 オレゴン Oregon★
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post.html

●ルートマップ (クリックで拡大)
080616

●標高推移
080616_2

●ポイント
Lassen Volcanic Natinal Park
Mt Shasta
Cratar Lake National Park
The Historic Columbia River Highway
Mt.Hood
Oregon Coast Aquarium
Redwood National Park
Humboldt Redwoods State Park

●全走行距離 2,905km

●ルート
6月20日 (金)
San Francisco - Sacramento - Auburn 228km
6月21日 (土)
Auburn - Truckee - Quincy - Lassen - Mt.shasta 536km
6月22日 (日)
Mt.shasta - Doris - Klamath Falls - Crater Lake - Beaver - Elk Lake - Bend 479Km
6月23日 (月)
Bend - Redmond - Maupin - Hood River - Mt.Hood - Portland 416Km
6月24日 (火)
Portland - Lincoln city - Newport - Florence - Gold Beach 479Km
6月25日 (水)
Gold Beach - Crescent City - Redwood National Park - Eureka - Willits - Mendocino 516Km
6月26日 (木)
Mendocino - Cloverdale - San Francisco 250Km

★2009年 ネバダ Nevada★
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/nevada-5ced.html

●ルートマップ (クリックで拡大)
090919


●標高推移
090919_2

●ポイント
The Loneliest Road in America
Bodie State Histric Park
Yosemite National Park
Glacier Point
Mariposa Grove
Castle Air Museum
Monterey Bay Aqua
Apple Computer
Tech Museum of Innovation
San Francisco Symphony

●全走行距離 2,052km

●ルート
9月20日 (日)
San Francisco - Davis -Truckee 352Km
9月21日 (月)
Truckee - South Lake Tahoe - Carson City - Fallon - Eastgate - Austin - Middlegate - Gabbs - Hawthorne 651Km
9月22日 (火)
Hawthorne - Bodie - Lee Vining -120(Tioga Road) - Glacier Point - El Portal 365Km
9月23日 (水)
El Portal - Yosemite Village - Mariposa Grove - Fish Camp(Tenaya Lodge) 102Km
9月24日 (木)
Fish Camp - Mariposa - Merced - Atwater - Los Banos - Monterey 346km
9月25日 (金)
Monterey - Cupertino - SanJose - San Francisco 236km

★2010年 アルバータ Alberta★
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/alberta-2f96.html

●ルートマップ (クリックで拡大)
100820

●標高推移
100820_2

●ポイント
North Cascades National Park
Colville National Park
Kootenai National Forest
Glacier National Park
Waterton Lakes National Park
Kootenay National Park
Banff National Park
Jasper National Park
The Icefields Parkway
Yoho National Park
Glacier National Park
Mt Revelstoke National Park
Future of Flight Aviation Center
The Museum of Flight
Pike Place Market
Seattle Art Museum

●全走行距離 3,283km

●ルート
8月21日(土)
Seattle - Burlington - Concrete - North Cascades National Park/Diablo Lake - Winsthrop - Omak 425km
8月22日(日)
Omak - Tonasket - Tiger - Sandpoint - Libby - Kalispell 658km
8月23日(月)
Kalispell - Glacier National Park/Lake McDonald - St Mary - Cowley - Fernie - Invermere 593km
8月24日(火)
Invermere - Radium - Lake Louise - Icefield Center - Jasper 405km
8月25日(水)
Jasper - Lake Louise - Golden - Salmon Arm - Kamloops 681km
8月26日(木)
Kamloops - Hope - Abbotsford - Sumas - Bellingham - Everett 448km
8月27日(金)
Everett - Seattle 74km


★2011年 ユーコン Yukon★
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/gogo-yukon.html

●ルートマップ (クリックで拡大)
110925yukon


●標高推移
110925yukon_2


●ポイント
Whitehorse
Dawson City
Eagle plains
Inuvik
Poker Creek
Delta Junction
Klondike Highway
Dempster Highway
Top of the World Highway
Taylor Highway
Alaska Highway
Richardson Highway

●全走行距離 3,677km

●ルート
9月9日(金)
Whitehorse - (Klondike Highway) - Dawson City 535km
9月10日(土)
Dawson City - (Dempster Highway) - Eagle plains 412km
9月11日(日)
Eagle plains - (Dempster Highway) - Inuvik 374km
9月12日(月)
Inuvik - (Dempster Highway) - Dawson City 782km
9月13日(火)
Dawson City - (Top of the World Highway) - Poker Creek
- (Taylor Highway) - Tok - (Alaska Highway) - Delta Junction 534km
9月14日(水)
Delta Junction - (Richardson Highway) - Gakona
- (Tok cutoff) - Tok - (Alaska Highway) - Beaver Creek 603km
9月15日(木)
Beaver Creek - (Alaska Highway) - Whitehorse 457km

« 2011年8月 | トップページ | 2012年8月 »