フォト
無料ブログはココログ

« 海外ツーリング&ドライブまとめ | トップページ | 海外ドライブ@Yukon »

2011年9月 5日 (月)

Go!Go! Yukon@Yukon

多少冒険要素あるこの夏のユーコン行き。
宿の確保も難儀しました。
メールアドレスを調べて送っても一向に返信がこない荒野のホテル。
そもそもオープンしているか自体が、
不明なモーテル(行ってみるしかない)。
ホワイトホース以外は、WEB予約ができるホテルは皆無。
FAXを駆使してなんとか、とびとびで宿泊先を確保した状態。
という訳で、キャンプの用意もしておこうということになり、
持参装備にもちょっと力を入れました。
まあ、米国ネバダ州あたりですら、泊まろうと思った街が
ゴーストタウンだったりしたので、
今度はもっと僻地なのだから、
覚悟しなくてはならないのは自明です。


●装備編
プリムスの「ウルトラ・スパイダーストーブ」
まずは、バーナーを購入し、
暖をとり、ランチもしっかりとれるようにしました。
ただこのバーナーなんともフォルムが美しくて
そちらに目が行ってしまったのも事実。
そして、178gという軽さもスゴイ。
機内持ち込み不可のガスは現地調達予定。
カナダの田舎町でホント買えるのか?!は不明也。

1109080


サーモス/FEI-501
昨年のカナダツーリングでも大活躍だった魔法瓶。
寒冷地では欠かせないアイテムです。
バーナーで入れた熱熱の飲み物を
北限の地で楽しむ寸法。
今回は車なのでちょっと大きめサイズを
ビックカメラで物色しました。
そして、散々迷って購入したのがコチラ。
購入の決め手は、容量が決まったら、
保温力はどれも50歩100歩なので
要は、キャップがカップ式がよいのか、
重量は軽いか、の二つに絞られます。
で、お眼鏡にかなったのがコチラだった次第。

1109081


スノーピーク トレックコンボ
コッフェル等物色するのは本当に久方ぶりで、
いろいろ調べてみたら、最近は、チタン製やステンレス製が
販売されておりビックリ。
で、結果購入したのが定番のアルミ製。
チタンは軽いのが売りだが熱伝導が悪いらしく、
すなわち美味しい料理ができにくいってことかと思い、断念。
ステンレスはいささか重い、でアルミに落ち着きました。
でも、きっとお湯くらいしかわかさないんだろうなぁ。
あとスプーン、フォーク、ナイフの3役をこなすSporkも買ってみました。

1109082


・インスタント食料
非常食と称して多分ランチになってしまう麺々。
湯が沸かせると、この程度のものなら簡単に野外でも
食べることができるのだなぁ。
久々に山屋さんに出入りしていろいろ開眼。
次回はツーリングでもバーナー持参となりそうです。
ちなみに、このカップヌードルリフィルって、
麺自体も80%に圧縮されてて、かなりコンパクトです。
個人的には煮込みうどんが気になってます。

1109083


HIGHMOUNT LEDランタン&トーチ SV 44477
必須の灯りですが、これは便利!
単三4本でワークし、
LEDでもここまで明るくなったのと感心する一品。
しかも最大45時間電池がもつとのこと。
地震などの非常時用途でも実力を発揮しそうです。

1109084


Vixen ズーム単眼鏡 ジョイフル モノキュラー7倍~21倍zoom
だいぶ前、ツァイスの単眼鏡を旅先で紛失して、
未調達だったのですが、再度物色して出会ったのがコイツ。
ズームがついた優れもの。
低倍率でアタリをつけて高倍率化ってのが手軽にできるのです。
今回は動物探しに使う予定。
あとあとは観劇にも使用可能かと。

1109085


AUDUBON BIRD CALL
頭のねじを回すとキュキュと鳥のさえずり音が鳴り、
鳥が集まってくるとか。
チープで手作り感あふれながらも、
愛らしいフォルムがグッとくるガジェットです。
さて、その効果は如何に?!

1109086


そして、リスク管理為の品々がコチラです。
KOHLA(コーラ) ホイッスル
一番、警戒しているのが熊。
アメリカでもカナダでも国立公園にはつきものの彼ら。
各地で見かけてはいるものの、
お近づきにはなったことはまだなく。
また、あまり親しくもしたくはなく・・・
熊スプレーは現地調達の予定ながら、
一応笛も持参予定。
遭難時も活用可能かも。

1109087


・熊鈴
熊よけの鈴は各種あり、
鐘型と鈴型があるようです。
鐘型のほうがの音色がよく
耳聞こえがよさそうなのですが
簡単に消音ができる鈴型を選択しました。
Manner Modeというベルトを鈴に差し込むと
音が消えるしくみ。
熊以外も逃げてしまうので、
この機能、必須のようです。

1109088

・虫除け、防虫、フェイスネット等
もうひとつ警戒しているのが虫!
特にアラスカ方面の蚊の大群は有名で、
車もバイクも前面びっしり虫がひっついて、
ライトなど真っ黒な様をよく見かけます。
まあ9月も半ばになればしれているかもしれませんが、
一応念のため持参します。
ただ、日本の薬類は海外の蚊には効かないとの噂もあり、
今回はその実験でもあります。

1109089


残るは、現地調達の予定。
カナディアンタイヤのホワイトホース店が今回の資材調達候補店。
08:30AM開店で9:00 PMまでやっている
カナダ有数の大型ホームセンター。
開店時間の長さも魅力的です。
ちなみに購入予定品はバーナー用ガス、熊スプレー、
包丁等の機内持込み不可の品々。
ちなみに週末のフライヤーが毎週アップされてて
こちらの内容がお国柄を表してて興味深いです。


●相棒編(あくまでも予定)
・レンタル予定の車種はフォードのSUV「エスケープ」
予定通りの車種が待っていればよいのだが、
彼の国では実はこれがかなりアテにならない…。
いよいよ日程が近づくと一番の不安要素が、
果たしてそこに車両はあるのか・・・。
うまく借りれれば、リアシートを倒した按配で一泊くらいなら
余裕のスペースが確保できそうでテントいらず、
期待度大なのです。
あと、レンタカー屋の書面にある
「FORD ESCAPE or similar」の小さく「or similar」というのも不安。

11090811

11090812


SLIME(スライム) パンク修理キット

ダート道を走る場合。一番警戒しているのがパンク。
ダートが多いようなので今回は二輪を断念しつつ、
ただパンクのリスクは同様かつ車のほうがやっかい。
で、レンタカーやにはスペアタイア搭載を確認済ながら、
更には修理キットと牽引ロープも持参する予定。

11090813


●エンターテインメント編
さて毎回楽しみでもあり悩ましいのが旅先に持っていく書籍の選択。
毎度の「Zen and the Art of…」以外には、
アラスカの御大の書籍を読み直そうかと。
開高健は彼の地で夜につらつら写真を眺めるだけでも楽しそう。
植村直己はなんと30年ぶりに読み返す、
初読時のわくわく感を再度実感できるか如何に?!

11090814


お次に考えたのが持参する音楽。
いつもはバイクツーリングなのでCD持参になるのですが
(ハーレーのエレグラはCDプレーヤーが標準装備です)
ヘルメット越しではクラシックの弱音が全く聞こえないので、
毎回、いい加減な選択でした。
今回は車なので、自ずと力が入ります。
で、選んだのは北欧のお二人、ニールセンとシベリウス、
彼らの交響曲全曲を通しで一度聴いてみようかと。
あと、グールドの清涼感と可愛らしさあふるる
ソナチネも北限の地でどのように聴こえるか、楽しみです。

11090815


そして、音楽を聴くために購入したのが
スマホ、ノートPC用ポータブルスピーカー 400-SP015
車でiPod、iPadを使用するならと思い購入。
トランスミッターはやはりノイズが入るようだし、
妙な車載用スピーカーガジェットよりマシかと。
音は割れずにけっこう大きな音が出て、音質も悪くない。
USB充電可も吉。
今後国内の旅行なんかでiPadで映画見たりするのにも
活躍しそうな予感。

11090816


●リサーチ編
これらアラスカ、ユーコン関係書籍。
3年かけて、渡米時やアメリカAmazonを使いコツコツと
楽しみつつかき集めました。
実は日本には「地球の歩き方」含めて
北限方面の情報は極めて乏しいのが実情です。
特にユーコンは皆無!
一方、海外誌ながらマイルポスト「The Milepost」
1949年創刊の秀逸な旅行誌です。
イエローページほどの厚さでありながら毎年刊行され、
内容もアラスカ、ユーコン、BCを網羅しています。
しかも地図や写真も多く眺めていても楽しい!
これら書籍に助けられ、事前リサーチでも相当楽しませてもらいました。
で、その活用成果は如何に?!

11090810

それでは、行ってまいります!!

« 海外ツーリング&ドライブまとめ | トップページ | 海外ドライブ@Yukon »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/41571666

この記事へのトラックバック一覧です: Go!Go! Yukon@Yukon:

« 海外ツーリング&ドライブまとめ | トップページ | 海外ドライブ@Yukon »