フォト
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

映画 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON

Transformers

STORY
1969年、アポロ11号が月面に降り立った。人類は歓喜に沸いたが、実はアポロ11号のクルーたちには、月面に不時着したトランスフォーマーの宇宙船を地球に持ち帰るという極秘ミッションが課されていた。40年後、トランスフォーマーのセンチネル・プライムが、月面から持ち帰られた宇宙船を利用し、故郷のサイバトロン星を復興しようとする。その頃、トランスフォーマーの友人であるサムは、ワシントンDCで新恋人・カーリーの家に居候していた。

------------------------------------------------------
お笑いだけでなく骨太の骨子を加えた脚本のおかげで
荒唐無稽ながら画面に釘付け!
一作目のおバカ度がトーンダウンしてしまいましたが
今回は「ハングオーバー」のケン・チョンと
ジョン・マルコヴィッチの意味不明の奇怪な演技が
中だるみを防ぎ、畳み掛けるような演出とCGの凄みで
最後まで突き進む強引さは健在で、満足の一作です!

1作目
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/stor.html
2作目
http://junta.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-1669.html

@豊洲

2011年7月10日 (日)

やっぱりアジア@香港

佐敦・油麻地・旺角(ジョーダン・ヤウマティ・モンコック)周辺を
ぶらつくと、とにかく楽しくて怪しい屋台が多く飽きません。

アジアの屋台というと、
やはり汚い、危ない、不潔というイメージがありますが
香港の屋台は基本的に安全、かつまあまあ清潔です。
清潔は主観なのですが、外国に行ったら
箸を机のティッシュで拭く等が常識と思っている程度の方なら
全く問題なし!

こちらのお店なんかは屋台集積地の一角にありますが
冷房が効いた家族経営っぽい食堂。
店内はキレイで普通に安くご飯が食べられる素敵なお店でした。

1107100_2


これは大好物の焼きそば。
麺が細くてやや固めのソース焼きそばです。
暑い時には、お粥の代わりに頼んでいます。

1107101_2


お店の人が「香辛料は大きいの小さいの?」と聞くモノだから
「小さいの」と答えたところ、出てきた辛味白菜炒め。
写真とは裏腹にこれがむっちゃ辛い!
なんと唐辛子の種まで刻んで入っていました。(でも旨い)
「大きいの」を選んでいたら、刻み唐辛子程度だったのかも!

1107102_2


お次は、夜中に行った屋台。
ビニールカーテンの中は冷房がバッチリ効いています。

1107103_2


鴨とビールで軽~くお夜食。
ビールの大瓶が10HK$(100円)だから
もう周りの卓には何十本と空瓶が並んでます。

1107104_2


こちらは最終日にもう一度初日のお粥屋で朝ご飯。
手前のひと皿は前回、
隣のお兄ちゃんが旨そうにつまんでいた「腸粉」。
半生の米でつくった皮にお肉が入っています。
プルプルの食感が楽しいですね。

1107105_2


さて、他の街の屋台はこんな感じです。
テイクアウトだったり店の前にテーブルがあったりで
調理場は建物の中ですが、食べるのは外。
これが香港流。
(所謂、屋台は20年前に禁止になったようです)

1107106


こちらは繁華街の中のお店。
皆、歩きながら食べていました。

1107107


椰汁大王!ってちょっと迫力ありますよね。
手前はサトウキビのかす、ですね。

1107108


夜を前に支度にいそしむコック達。
皆、なぜか半裸・・・・

1107109


そして、食材の数々。

11071010


左手奥の各種貝類、右手奥はカニや魚。
どれも新鮮そうで、旨そうです。
(クリックして拡大してみてください)

11071011


こっちは生きのよいシャコが飛びだしちゃってます。

11071012


そして、夜中の1時でこんな感じ!
やはりアジアの夜はよろしいですなぁ。

11071013


<おまけ>
香港空港での遅めのランチ。
ちょいと注文しすぎですが、
どれも八角やらスパイスの効いた本場の味でナカナカです。
イミグレ後にこういったモノを落ち着いて
食べられるレストランがたくさんある空港はうれしいですね。
成田も羽田も見習って欲しいなぁ。

11071014


« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »