フォト
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月23日 (土)

今日のゴハン@上海

中国にいるとは思えないようなオシャレな朝食を
「cafe+deli ginger」でいただきました。
趣のある内装はコチラで!

カフェはこんな器で登場します。

10102219


そして、好物のクラブケーキまであったりして。

10102220


そして、美味しいハムチーズサンド!

10102221


お次もオシャレ+豪華な場所です。
上海市淮海路(ワイハイルー)796番地。
ピアジェの横の入り口を入ると。

10102223


なんと白亜の豪邸が!
これ、先だってオープンした
アルフレッド ダンヒルの上海店なのです。
詳しくはコチラ

上品にまとめられつつも
大量のダンヒルの商品群が博物館さながらに陳列され、
久しぶりに、驚きと刺激的なお店に出会いました。

10102222


お昼は翡翠酒家(新天地店)へ。
モダンな内装の中で広東料理の点心が食べることができます。

10102224


散策の後、浦東の金融貿易区のグランドハイアットへ
靄がかかり、上が全く見えません・・・・。

10102225


建物の中断からは33層のアナトリウム、壮観!
一応、最上階のバー「CLOUD9」で
少々お酒をいただきました。

10102226


ただ、こんな按配ですから、普段は絶景なるも、
最上階のバーながら、暗雲しか見えず、でした。

10102227


夕食は『海底捞』という火鍋屋さんへ。
なかなかアイデア勝負のお店らしく、
入り口では待ち時間の退屈しのぎに、
靴磨き、ネイル、飲み物サービスなどを無料で提供し
接客もホスピタリティーあふれるもの。
トイレなんかも綺麗で、
タオルを渡してくれる担当の人なんかもいてびっくりです。

10102228


たんまりと用意された具ですが、
手前にあるのはカニカマ、
これが湯の中でほぐれて、
ぺらぺらになるのですが辛い鍋であわせると
絶品の味わいでした。

10102229

そして、名物カンフー麺!
麺がこちらに飛んできたり、床にあたりそうになったりしつつ
しかし、ギリギリで伸びていく絶妙な技、楽しめますし
もちろんお味もGOOD!

10102230


天候は悪かったものの、
最後の火鍋を含めてオシャレな食を堪能した一日でした。

2010年10月22日 (金)

泡沫の一夜@上海

さて三度の上海。
今回はJL873で成田発→上海浦東 行です。
久方ぶりのJALは『空弁』もどきながら、
美味しい食事が出てビックリ。

1010220


上段に写る、おこわはホカホカでかなりの美味でした。

1010221


今回のホテルはエクアトリアル上海です。
お部屋はこんな感じ。

1010222


1010223


前回、宿泊したヒルトンが真向かいにあります。

1010224


さて、お楽しみの夕食ですが
今宵は、こんな建物に入っていきます。

1010225


四川料理の「SOUTH BEAUTY」です。

1010226


テラス席は高層ビルに囲まれつつ
現代と近代が交錯する今の上海情緒たっぷりの場です。

1010227


定番の豚肉ですね。

1010228


数々の前菜。

1010229


そして、山のようなスペアリブ。
橋桁のような形で一度見せてくれたものを
ばらしてくれました。
ボリューム感だけでなく、
軟骨までもが味わい深くて驚きの旨さです。

10102210


旬の上海蟹!!
上海で食せるなんて、夢のようです。

10102211


食後は、テラスから浦東を眺められるハイアットのバーへ。
夜風も心地よく、ここはさすが圧巻の眺めでした。
その一方、バブリーな雰囲気故か
ドバイが云々とか、ベトナムドンがどうのとかいう
怪しいご一行の会話なんかも漏れ聞こえ、
『魔都』は健在です。

10102212


さて、地上に降り黄浦江のほとりを歩きます。

10102213


観光地でもある外白渡橋を渡ります。

10102214


この外白渡橋ですが
馴染み深い茅場町の南高橋(旧両国橋を移設)
構造(筋交いの入れ方まで)がそっくりでした。
特に1904年完成の旧両国橋は形状までそっくりなのですが
外白渡橋-1907年-とは
建築年代が同じだからですかね?!

10102215


そして、外装も見事なのですが
内装もアール・デコ様式の見事な和平飯店北楼へ。

10102216


10102217


一階にあるジャズバーへ。

10102218

お客として来ていた香港のミュージシャンなんかも
飛び入りで加わり、大賑わいのコラボ演奏。
サクッとジャズを聴いて豊かな一日の終わりとなりました。

なんだか、日本のバブル末期を彷彿するような一夜でした。

2010年10月10日 (日)

Nuforce DAC-9

111010

ついに我が家でもオーディオのデジタル化に挑戦することにした。
購入したDACはNuforce DAC-9。
機種選定理由は極めてシンプルで出力にXLRが必要だったこと、
パワーアンプとメーカーを揃えられることの2点。
CD、PC音源(未だソフトはiTunes)、LD、Blu-rayの音を
一気にデジタル化したところ、
今まで聞こえなかった音があふれ出てくるようで
戸惑うぐらいの絶大な効果。

ついでに、PCを低電力CPU+SSDの静音タイプに買い換えも強行。
そもそもの動機は以前のPCはファンの音がうるさく
ネットオーディオには支障があったため。

しかし、効果はそれだけではなく驚くほど音質が良化した。
低電力にした為、クロック数はさほど向上させず、
変わったと言えば、HDD→SSDにしたことと
OSをXP→7に変更したくらいなのだが。

ちなみに、こんな機種もあったが、
『音楽専用静音パソコン canarino 』
http://www.oliospec.com/canarino1.html
今回はオーディオ用途だけではなく、
緊急時の自宅PC用途ともしたかったので
BTOで「静音」、「省電力(音がよくなるらしい)」の
目的を譲らずにPCを組んでみた。
そこで、選択したのは
『Shuttle SH67H3 SuperSilent』
http://www.oliospec.com/sh67h3.html

SSDについては、
単にPCの起動を速くしたかった理由で導入したが、
駆動系がないことにより、振動がなくなり
ノイズ対策にも効果あったようだ。

また、iTunesがSSD内にあるのも処理速度があがって
効果があるのかもしれない。(音楽データはNAS上)
ケーブル類は一切変えていないので
ショップスタッフの言うことを聞きながら
CPUはCore i3-2120T 35Wと速度より省電力に
こだわったのも、よかった可能性がある。
音の変化はデータが増えた(音に深みがでた)印象。

<<システム構成>>
 スピーカー:Avalon Acoustics Eidolon
 プリアンプ+DAC:Nuforce DAC-9
 プリアンプ:MarkLevinson No.380L(休止中)
 パワーアンプ:Nuforce Reference9 V2 SE
 PCオーディオ:Shuttle SH67H3 SuperSilent + iTunes
 CDプレーヤー:ESOTERIC X-50w 
 レコードプレーヤー:LINN AXIS
 カートリッジ:ORTOFON MC Kontrapunkt-a
 フォノアンプ:SHELTER MODEL216
 モニター:TOSHIBA REGZA ZX9000
 ブルーレイプレイヤー:DENON DVD-3800BD
 DVDプレイヤー:Panasonic DMP-BDT210
 LDプレーヤーPIONEER:DVL-909


« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »