フォト
無料ブログはココログ

« Fish!の哲学@Seattle | トップページ | ベトナムのご飯2@ハノイ »

2010年9月23日 (木)

ベトナムのご飯1@ホーチミン

ベトナム航空 VN951 成田(1030) → ホーチミン(1430)で
初ヴェトナムです。

機内食はメニューはオーソドックスながら
まずまずのお味です。

1009231


1009232


ホーチミンでの夕食は
『フエ』の料理を中心としたベトナム料理のレストラン「ティブ」(The Tib)へ。
ブッシュ元大統領が来たとかで、知名度は高いそうです。

1009235


ベトナムビールの333で乾杯!

1009236


Banh Baoという米粉を蒸したもの、
左手の辛いタレをつけて食します。

1009237


揚春巻

10092310

ソフトシェルクラブ

10092311


手長海老の姿焼(剥いてくてました)

10092312


さて翌朝、道路のアチコチで食べ物を売っている行商が
散見されワクワクしてきます。

10092314


とりあえず朝ご飯は
手固く百貨店(パークソン)のフードコートでいただきます。
メニューが豊富です。

10092315


食したのはワンタンに焼きそばがついたもの。
その場でつくっているので、
見た目以上に美味しいです。

10092316


ぷらぷら歩いているとパン屋が。
原付バイクが縦横無尽に走る街中では
歩道に乗り上げそのまま買い物する姿もあり
駐車しているバイクで歩道が歩けないところも・・・

10092317


ハムギー通りから路地を除くと露店の食料市場が!

10092318


お肉屋さん

10092319


果物屋さん

10092320


お米屋さん

10092321


魚屋さん(美味しそうなイカ!)

10092322


貝屋さん

10092323


お昼はちょっと有名なフォーのお店『Pho Hoa』へ。

10092324


各テーブルにはてんこ盛りのハーブが!
香りのよいハッカ系からドクダミまで盛ってあります。
そして、ライムや唐辛子とあわせて
このハーブを大量にフォーに入れます。

10092325


このお店のフォーは2種類のみ
PHO BO (フォーボー・牛肉入り)
PHO GA(フォーガー・鶏肉入り)
で鶏肉入りを注文しました。
あっさりつやつやのスープがうまい!
これにハーブをワサワサ入れて
汗を流しながらダイナミックにバクバク食べます。

10092326


スコールの中、小洒落たカフェへ。
しかし、すごい降りっぷりです。

10092327


ベトナムコーヒーをアイスで頂きます。
奥の升に入っている氷を
フィルターでいれた濃いめのコーヒーにいれて飲むようです。
グラスの底にはコンデンスミルクが最初から入っています。
ブラジルに次いで生産量の多いベトナムコーヒー豆、
日頃飲んでいるコーヒーよりほんのり泥臭いというか
濃いめであり、自分好みでありました。

10092328


雨も降り止み、
安宿の集まるブイビエン通り近辺では
ホテル以外に、雑貨店、カフェが混在し、
なかなか居心地よさげ。
欧米人(オーストラリア人?)が多く、
ハリウッド映画のコピー品、iPhoneグッズのマガイ物店
なんかもありました。
沈没風の旅行者が昼間から
だらだらビールを飲みまくっています。
うらやましい・・・・

10092329


こんな感じで海鮮の屋台の焼きガニなんか
そこら中によい香りをさせていたました。

10092330


この気温と湿度では
やる気が起きないのはわかるのですが
露店も開店休業状態、
日中は本当によく人が道端で寝ています。

10092331


ただ、こうして安価な食べ物や果物が街中にあふれ、
豊かさも感じるので、グータラしてしまうのも仕方ないのかな、と。

10092332


テイクアウトで数十円で、
もろもろのどんぶりご飯が楽しめます。

10092333


テイクアウトした鳥丼、
ほぐれた鶏肉と甘辛いタレが絶妙です。
お米はややもち米っぽい食感でした。

10092334


ベトナムビールのBIERE LARUE(ビアラルー)とともに
日本では食べれない『Carl's Jr』(ビンコムセンター地下)の
バーガーを久々にいただくことができました。

10092335


<番外>
ちなみにホーチミンで2泊したホテルは
Sofitel Saigon Plazaです。
町の中心地には遠からず、近からず
無理すれば歩けるぐらいの距離。

10092336


お部屋は悪くありませんが
このお部屋、立地とすると少々高めな印象です。

10092337


10092338


24日は23,516歩/日も歩いていました。
炎天下の中、バテ気味でしたが
ご飯が美味しいとけっこうがんばれてしまうものです。

« Fish!の哲学@Seattle | トップページ | ベトナムのご飯2@ハノイ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/37461781

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムのご飯1@ホーチミン:

« Fish!の哲学@Seattle | トップページ | ベトナムのご飯2@ハノイ »