フォト
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月27日 (月)

タイのご飯@バンコク

TG561 ハノイ(1035) → バンコク(1225)
遅れに遅れて飛行機は14:30に飛び立ちました。
早速、でてきたのは簡単な機内食、
ただお味もイマイチでつまむ程度でパスでした。

10092513


さて、ここからはバンコクの屋台写真
2日がかりで撮り貯めました。
まずは宿泊地そばの屋台、
早朝から深夜までやっています。

1009260


不思議な卵の串刺し。

1009261


美味しそうなトウモロコシ。

1009262


屋台の狭間の八百屋

1009269


自分でピタのようなものに
ソーセージといっしょに挟んで食べるのでしょうか??

10092610


学生さんも屋台で和やかにお食事です。

10092611


屋台ではないのですが日本料理店、
寿司にしゃぶしゃぶ等々。

10092613


で、鍋の具含めてなんでも回っています。

10092612


焼き魚の屋台。

10092616


日本酒のお猪口のようなものに
ゼリ-状のお菓子が入っており
おじさんが爪楊枝で取り出し、
たこ焼きのようにパック詰めしています。

10092617


ほぐしてくれたトウモロコシをカップに入れてくれています。

10092618


マンゴー

10092619


カットフルーツ

10092620


夕食は老舗の食堂
「ラーン・カイトーン・プラトゥナーム」に入ります。
見事な腕前で鳥を捌いています。

10092641


店員はなぜかピンクのユニフォーム。

10092642


店内はこんな感じで、
ぱっぱと食べて席を離れていく感じです。

10092643


素っ気ない感じですが、
鶏肉は味があり、甘辛いタレを少々つけて
食べるとあっさりながら鳥の旨みが
ふわぁっ、と口に拡がります。
素材がよいのですかね。

10092644


これだけでは足りないので
ホテルに食事をテイクアウトします。
これは「たこ焼き」と思い買ったのですが・・・

10092646


甘い小麦粉にコーンが入ったお菓子でした。

10092647


こちらは屋台ながら豪快な火で炒め物を作っています。

10092651


で、御願いしたのが、海鮮丼です。
タイのシンビールといただきます。
一緒に炒めたハーブと魚介のうまさがまじって
辛めの味がビールに合います。

10092652


翌朝はビュッフェスタイルの朝食。
たまにはアメリカンブレックファーストもよいですね。

10092653


ランチはスイカジュースに・・・

10092654


グリーンカレーをサイアムセンター内のレストランでいただきました。
洒落ている分、普通のお味で辛さのインパクトもありません、残念。

10092655


夜はまた屋台にチャレンジです。
こちらは麺の屋台です。

10092661


こちらは豚丼の屋台。

10092662


テイクアウトすると外見はこんな感じです。

10092663


開けてみると、こんな状態。
汁や麺が丁寧に別パッケージされています。

10092664


ありきたりのレストランより遙かに
旨い豚丼です。

10092665


麺は一番太い平麺を頼んでみました。
鶏ガラスープが味わい深く
時間が経ってもビーフンは
あまり伸びないのがよいですね。

10092666


こちらはタイ・ウイスキー(メコン・ウイスキーと同類)。
ウイスキーと言っているけど、
米と糖蜜を発酵させたものに
ウイスキーフレーバーをつけたものらしく
デンキブランみたいな感じです。

10092667


どこのコンビニでも売っている海苔のスナック。
これをつくっている会社、25歳の社長に率いられたタイ企業で
7年で60億円まで成長したベンチャー企業とのこと。

10092668


帰りの機内食、チーズが出ました。
ゆっくり空の旅にチーズはよいですね。

10092671


10092672


10092673


<番外>
バンコックで2泊したホテルは
COURTYARD BY MARRIOTT BANGKOK
お値段も手頃ながら繁華街の中心近くにあり
けっこう便利な立地でした。

10092682


内装は見ての通りのデザイナーホテル風で
オシャレで快適です。
ただ、シャワーのみでバスタブはありませんでした。

10092683


10092684

27日は27,921歩とかなり歩きました。
ただ、バンコクは地下鉄や高架鉄道が発達しており
ちょっとした遠出も簡単、商業施設は連なっており
買い物は至極便利でどこも真新しくて綺麗なところばかり
タイのイメージは根底から変りました。
是非とも再訪したいところですね。

2010年9月25日 (土)

ベトナムのご飯2@ハノイ

VN212 ホーチミン(0730) → ハノイ(0930)で
朝からハノイに入ります。

微妙な時間帯なので期待しなかったのですが、
機内食がでました。
朝ご飯として美味しくいただきます。

1009250


1009251

空港に到着したのが朝だった為
ハノイ中心部に食材を運ぶバイクが多々見られました。

人間3人分くらいの大きな野菜を荷台に積み上げたバイク、
鳥かごを荷台に取り付けて鶏を運ぶバイク、
そして、こんな感じで生肉をそのまま運ぶバイク・・・
アジアの多種多様でバラエティにとんだ食材が
集まる様をタクシーの中から満喫できます。

1009252


お昼は有名店「Quan An Ngon」でブンチャーを
右の付け汁にはお肉と野菜が入っており
左の麺と野菜を入れて食べるつけ麺です。
ハノイは麺がうまいと言いますが、まさしく!のお味。

1009253


ハノイも行商の方がたくさん路傍におり
美味しそうな果物が売られています。

1009254


しかし日中は暑く、
お客も少ないようで、お疲れ気味です。

1009255


今宵の夕食は雨で遠出もできないので
ホテル側のローカル百貨店でテイクアウトをします。
翌朝も早く、ベトナムはコンビニがないので
ついでに朝ご飯も買ってしまいます。

1009256


炒めご飯を購入してトッピングに
鶏肉とシナモンスティックにお肉を巻いたもの。

1009257


安かったのでヤシの実もテイクアウト。
上手に口を手で開けられるように包丁を入れてくれています。

1009258

---------------------------------------------------
さて、翌朝は朝食に前日買ったサンドイッチを食べて
早々とホテルをでます。

1009259


8時に空港に着いたものの
なんと飛行機が定刻10:35で飛ばず待たされることに・・・
空港カフェでネットをしながらチャーハン。

10092510


出発が更に遅れて12:00も飛び立たず、
空港カフェでフォーを食し。

10092511


13:30でも飛ばず、航空会社手配のレストランでカレーを。
見た目と異なり、味が薄くて美味しくありませんでした。

10092512


<番外>
ハノイでのホテルはヒルトン・ハノイ・オペラ・ホテル。

10092514


お部屋もアジアンテイストな色調でシックで落ち着いた装いです。

10092515


10092516


廊下もこんな感じで、
クラシックホテルの雰囲気です。

10092517


弦楽四重奏の生演奏も聴かせてくれる素敵なロビー。

10092518


こちらが隣接する本物のオペラ劇場です。

10092519

激しい夕立が止まず、
夕方はホテルで数時間
足止めされてしまったハノイですが、
趣のある都市で是非再訪したい街です。

2010年9月23日 (木)

ベトナムのご飯1@ホーチミン

ベトナム航空 VN951 成田(1030) → ホーチミン(1430)で
初ヴェトナムです。

機内食はメニューはオーソドックスながら
まずまずのお味です。

1009231


1009232


ホーチミンでの夕食は
『フエ』の料理を中心としたベトナム料理のレストラン「ティブ」(The Tib)へ。
ブッシュ元大統領が来たとかで、知名度は高いそうです。

1009235


ベトナムビールの333で乾杯!

1009236


Banh Baoという米粉を蒸したもの、
左手の辛いタレをつけて食します。

1009237


揚春巻

10092310

ソフトシェルクラブ

10092311


手長海老の姿焼(剥いてくてました)

10092312


さて翌朝、道路のアチコチで食べ物を売っている行商が
散見されワクワクしてきます。

10092314


とりあえず朝ご飯は
手固く百貨店(パークソン)のフードコートでいただきます。
メニューが豊富です。

10092315


食したのはワンタンに焼きそばがついたもの。
その場でつくっているので、
見た目以上に美味しいです。

10092316


ぷらぷら歩いているとパン屋が。
原付バイクが縦横無尽に走る街中では
歩道に乗り上げそのまま買い物する姿もあり
駐車しているバイクで歩道が歩けないところも・・・

10092317


ハムギー通りから路地を除くと露店の食料市場が!

10092318


お肉屋さん

10092319


果物屋さん

10092320


お米屋さん

10092321


魚屋さん(美味しそうなイカ!)

10092322


貝屋さん

10092323


お昼はちょっと有名なフォーのお店『Pho Hoa』へ。

10092324


各テーブルにはてんこ盛りのハーブが!
香りのよいハッカ系からドクダミまで盛ってあります。
そして、ライムや唐辛子とあわせて
このハーブを大量にフォーに入れます。

10092325


このお店のフォーは2種類のみ
PHO BO (フォーボー・牛肉入り)
PHO GA(フォーガー・鶏肉入り)
で鶏肉入りを注文しました。
あっさりつやつやのスープがうまい!
これにハーブをワサワサ入れて
汗を流しながらダイナミックにバクバク食べます。

10092326


スコールの中、小洒落たカフェへ。
しかし、すごい降りっぷりです。

10092327


ベトナムコーヒーをアイスで頂きます。
奥の升に入っている氷を
フィルターでいれた濃いめのコーヒーにいれて飲むようです。
グラスの底にはコンデンスミルクが最初から入っています。
ブラジルに次いで生産量の多いベトナムコーヒー豆、
日頃飲んでいるコーヒーよりほんのり泥臭いというか
濃いめであり、自分好みでありました。

10092328


雨も降り止み、
安宿の集まるブイビエン通り近辺では
ホテル以外に、雑貨店、カフェが混在し、
なかなか居心地よさげ。
欧米人(オーストラリア人?)が多く、
ハリウッド映画のコピー品、iPhoneグッズのマガイ物店
なんかもありました。
沈没風の旅行者が昼間から
だらだらビールを飲みまくっています。
うらやましい・・・・

10092329


こんな感じで海鮮の屋台の焼きガニなんか
そこら中によい香りをさせていたました。

10092330


この気温と湿度では
やる気が起きないのはわかるのですが
露店も開店休業状態、
日中は本当によく人が道端で寝ています。

10092331


ただ、こうして安価な食べ物や果物が街中にあふれ、
豊かさも感じるので、グータラしてしまうのも仕方ないのかな、と。

10092332


テイクアウトで数十円で、
もろもろのどんぶりご飯が楽しめます。

10092333


テイクアウトした鳥丼、
ほぐれた鶏肉と甘辛いタレが絶妙です。
お米はややもち米っぽい食感でした。

10092334


ベトナムビールのBIERE LARUE(ビアラルー)とともに
日本では食べれない『Carl's Jr』(ビンコムセンター地下)の
バーガーを久々にいただくことができました。

10092335


<番外>
ちなみにホーチミンで2泊したホテルは
Sofitel Saigon Plazaです。
町の中心地には遠からず、近からず
無理すれば歩けるぐらいの距離。

10092336


お部屋は悪くありませんが
このお部屋、立地とすると少々高めな印象です。

10092337


10092338


24日は23,516歩/日も歩いていました。
炎天下の中、バテ気味でしたが
ご飯が美味しいとけっこうがんばれてしまうものです。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »