フォト
無料ブログはココログ

« 地図との出会い、そして次の旅へ@Seattle | トップページ | ベトナムのご飯1@ホーチミン »

2010年8月28日 (土)

Fish!の哲学@Seattle

最終日の朝
「Fish!」に想いを馳せて
再び 『World Famous Pike Place Fish Market』 へ。

1008280

『World Famous Pike Place Fish Market』の理念は4つ

・Choose Your Attitude(態度を選ぶ):
 仕事はする態度を選ぼう。辛い仕事も、
 自分次第でやりがいも出る。

・Play(遊ぶ):
 仕事をしながら楽しむ要素を見つけ、それをエネルギーにしよう。

・Make Their Day(人を喜ばせる):
 顧客満足はまず顧客を楽しませることから始まる。
 顧客と自分を喜ばせよう。

・Be There(注意を向ける):
 目の前にある仕事に誠心誠意の気持ちで尽くそう。
 仲間と顧客にきちんと向き合おう。

この四つを現地で目の当たりにできたのは、最高の収穫でした。

「I'm a living cod !!」と札のあるこのタラ
実はひもでカウンターから操れるようになっており、
お客が何かな、と覗くとビクッと動く寸法。

10082715

けっこう皆引っかかっており、周囲も和み、
お客との接点も生まれるという、
なんとも上手で無害なフックです。


ところで、市場内は朝早すぎるせいか、市場は準備中。
ただ,、魚屋さんと花屋さんは早いようです。

1008281


市場内にあった美味しそうなカフェで
朝食を食べようと思います。

1008282


1008283


外は港町の朝、気持ちのよい雰囲気です。

1008284


定食は卵3つにハムにベーコン、下に隠れているソーセージ
ボリュームはたっぷりながら美味しくて!

1008285


こちらはエビカニオムレツ!

1008286


ふんわりした卵とシーフード+野菜がマッチします。

1008287


最後まで刺激と美味しい体験をさせてくれた
「Pike Place Fish Market」にお別れです。

1008288


そして一路成田へ。
今回は国境を越えて米国とカナダの山岳地帯を堪能しました。
そして、『World Famous Pike Place Fish Market』体験!
思い出しても豊かな日々でありました。

さて来年は如何いたしましょうか、
ワクワクしながら機上の人となりました。

1008289

おわり

« 地図との出会い、そして次の旅へ@Seattle | トップページ | ベトナムのご飯1@ホーチミン »

コメント

コメントをありがとうございます。
今や恒例行事化しておりますが、
今回は国境越えを初めてトライしました。
最近は行く機会の多い亜細亜も格別ですが、
初カナダは別の意味で楽しく雄大で格別でした。
北海道にも通じる素晴らしさなので、是非お勧めです。

いやー
再び大陸の旅を満喫させてもらいました
しかもツアーでなく
自らバイクで走り抜ける粋・・

素晴らしい!
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/36694132

この記事へのトラックバック一覧です: Fish!の哲学@Seattle:

« 地図との出会い、そして次の旅へ@Seattle | トップページ | ベトナムのご飯1@ホーチミン »