フォト
無料ブログはココログ

« 映画 第9地区 DISTRICT 9 | トップページ | 街のごちそう@台北 »

2010年5月 5日 (水)

DVD ただ、君を愛してる

100505


STORY
何も言わずに自分の前から姿を消した静流(宮崎あおい)に会うため、誠人(玉木宏)はクリスマスでにぎわうNYへとやってきた。6年前、誠人は個性的な静流と出会い、静流は一目で彼に恋をした。写真が趣味の誠人と一緒にいたい一心で、静流もカメラを扱い始めるが、誠人は別の女性みゆき(黒木メイサ)に片思いをしていた。

------------------------------------------------------
ヤバイ・・・

実は何気ないシーンの絵がことごとくよい。
カット割りが上手なので、
緩いシーンもテンポよく進み
全くダレずに物語に没頭していく。

キャラ説明も見事、
なんら台詞で語ることなく
各々の属性が絵と目線と演技で表現されていく
まさしく映画故の演出手法。

例えば、冒頭での学校廊下のシーン。
宮崎あおいはけだるく廊下に出てきて雄弁な後ろ姿、
玉木宏はその後を逆方向にマイペースで歩みを進め
一番最初に教室を後にした黒木メイサの振り返りのアップ
で一連のシーンを数秒で描き
これだけで各々の関係性とキャラを立たせる
映画の王道を行く編集かと。

こんな丁寧な映像作りが全編におこなわれ
この強力な役者陣であれば、
至極まっとうな映画ができるのは必然。

そして録音も音楽も配役もよいと思う。
嫌みなく、キレイに話が進むのは
脇役の黒木メイサの演技と配役に負うモノが大きい。

と、テクニカルな部分ばかし書き連ねども
こういう技術的なバックボーンがしっかりしているから
お涙頂戴の映画に心から泣けるのだ、と思う一品。
お話にも職人芸にも感涙の一作です。

自分より20歳も年下の人間から勧められDVDで鑑賞。
やはり、いろいろな人の言うことは聞くべきかな、と思った次第。

« 映画 第9地区 DISTRICT 9 | トップページ | 街のごちそう@台北 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/34527216

この記事へのトラックバック一覧です: DVD ただ、君を愛してる:

« 映画 第9地区 DISTRICT 9 | トップページ | 街のごちそう@台北 »