フォト
無料ブログはココログ

« 第2ターミナル@台北 | トップページ | 再び訪中@上海 »

2010年5月16日 (日)

映画 のだめカンタービレ 最終楽章 後編

100516nodame2


STORY
離れ離れに暮らすことになった、のだめと千秋。千秋には孫Ruiとの共演話が持ちかけられる。一方のだめはピアノレッスンに励むが、コンクールの許可がなかなか下りず、焦りを感じはじめる。清良の出場するコンクールを訪れたのだめは、ピアノ部門で「ラヴェル ピアノ協奏曲」に心奪われる。この曲こそ千秋と演奏する曲だとのだめは夢見るが、実は千秋がRuiと共演する演目でもあった。千秋とRuiの演奏は大成功を収め、のだめはショックを受ける。失意ののだめに、シュトレーゼマンが共演話を持ちかける。客席の千秋を前にしてのだめの「ショパン ピアノ協奏曲」が始まる……。

------------------------------------------------------
いよいよ最終回の本作。
観なきゃ終わらない、
と気合いを込めてのぞんだものの
ちょっと肩すかしでした。

話を恋愛の成就という大団円に持って行くには
いくつかの恋の難関が必要というもの。
その難関度合いが浅い上に、目まぐるしい展開で
なかなか物語に入れません。

恋敵が恋敵でないことを誰もが知っており、
「今以上の演奏ができなければ
 千秋を嫌いになってしまう」という
小難しい理屈では、至難たり得ず、
故にラストは盛り上がらず、といった感じでした。

また、前評判の高いランランのピアノもちっとも楽しくなく、
このキャスティングは客寄せ的な部分と
致し方ないかと思うものの
彼もつまらないことをしてしまった、と思います。

しかも、使っているピアノは
「映画 のだめカンタービレ 最終楽章 前編」

にでてきたベヒシュタインはなく
ヤマハに変わってるし・・・

ただ、この最終話、
総じて、盛り上がりに欠けながらも
2006年の10月から始まった壮大な物語の大団円でもあり、
ずっと見続けていた者には感慨深くはありました。

尚、清良のコンクール結果発表の際に流れた
モーツァルト:クラリネット協奏曲の2楽章が
ちょっと意外であり、なんともよい選曲で
あったことだけは付け加えておきます。

@渋谷

« 第2ターミナル@台北 | トップページ | 再び訪中@上海 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/34760295

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 のだめカンタービレ 最終楽章 後編:

« 第2ターミナル@台北 | トップページ | 再び訪中@上海 »