フォト
無料ブログはココログ

« 中華三昧@上海 | トップページ | 映画 第9地区 DISTRICT 9 »

2010年4月27日 (火)

映画 ゴールデンスランバー

10042700goldenslumber


STORY
首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで青柳は、大学時代の友人・森田と久しぶりに再会していた。様子がおかしい森田。そして爆発音。首相を狙った爆弾テロが行われたのだ。「逃げろ!オズワルドにされるぞ」。銃を構えた警官たちから、反射的に逃げ出す青柳。本人の知らない“証拠映像”が次々に現れ、青柳は自分を犯人に仕立てる巧妙な計画が立てられていた事を知る。青柳は大学時代の友人たちに助けを求めるが…。

------------------------------------------------------
「20世紀少年」と言い、「アマルフィ」と言い、本作と言い
どうしてこんな文法を無視したような大作を
邦画では乱造されてしまうのか?

冒頭におこる出来事が、
なんの伏線でもなかったかのように無視される。

そして、ところどころに挿入される
主人公達の過去の対話シーンは
まるで映像表現を否定するような
物語の説明を補完するセリフに満ちており
ダラダラ刺激的な事象か提起される。

これでは、下手な小説を読まされているようで
映画化する意味もない。

唯一の救いがキルオの濱田岳。
「鴨川ホルモー」のちょんまげ役を上回る
濃いキャラを見事に演じており、
空虚な映画に唯一深みを与えていた。

@機内上映

« 中華三昧@上海 | トップページ | 映画 第9地区 DISTRICT 9 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/34475940

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 ゴールデンスランバー:

« 中華三昧@上海 | トップページ | 映画 第9地区 DISTRICT 9 »