フォト
無料ブログはココログ

« 2日目@香港 | トップページ | 映画 マイレージ、マイライフ UP IN THE AIR »

2010年3月29日 (月)

3日目@マカオ

香港からマカオへは双頭の高速艇にて移動します。
ちょっと未来派なデザインがそそります。

10032903


船内も革張りのデラックスな感じです。

10032904


マカオは小さな国で、どこに行くにも
タクシーでぷらっと移動する感覚です。

10032921


10032922


市中のランドマークはセナド広場という広場のようです。
ポルトガル統治時代に建てられた洋館に囲まれた
こぎれいで落ち着いた広場です。
見上げると遠目のカジノとのギャップが面白いですね。

10032923


セナド広場の奥には世界遺産の聖ポール天主堂跡があります。

10032924


その途中はジャーキー売りなどのお土産屋や
マカオバーガー(カツバーガー)が連なっています。
ただこちらも見上げるとポルトガル統治時代の建物の面影が
ファザードのアチコチに見て取ることができます。

10032925


一方、セナド広場の向かいには民政総署という
1784年に建てられた建物があります。
中庭や内壁のタイルの見事なこと。

10032933

10032935

10032936


その後、駆け足ながらタイパ島へ。
実は新たなカジノ街がタイパ島(半島から橋を渡ったところ)に移り
たいへんな建設ラッシュでした。

そして、その中でもひときわ立派なカジノ「The Venetian Macao」へ

10032943

10032945

10032946


ショッピングモールは屋内にして
見上げると疑似青空が広がっているのですが、
規模がビーナスフォートとは雲泥の差でありました。
特に運河沿いでのショッピングは
どの店も開口部も奥行きも広く、
ゆったり楽しめそうでした。


せっかくのマカオということで、
夜はポルトガル料理を食します。
「澳門陸軍倶楽部餐廳」という
19世紀に建てられた旧陸軍倶楽部が
レストランの建物としてリノベーションされています。
外壁がピンクで柱が白というかなりおしゃれな装いでした。

10032953


食事のほうも
ポルトガルワインと最後の本格的なポートワインの合間に
お魚、お肉とたいへん豪華に振る舞ってくれます。

10032956


さて、ホテルですが価格にはたいへん安いながらも
カジノがあるホテルは豪華さが違います。
門にはなぜか衛兵がおりました。

10032963


ロビーはこれでもか、というシャンデリア群。

10032964


10032966

室内もこんな感じで

10032967


長ーい廊下があり、
このサイドにはバスルームがあるのですが、
バスルームだけでもビジネスホテル一室分の広さです。

10032968


なぜかテレビのリモコンは箱に入っていました。

10032969


寝酒をもらいがてら、夜中にちょいとスロットで遊んだのですが
5セントから遊べ、損もせず良心的な遊び場でした。

« 2日目@香港 | トップページ | 映画 マイレージ、マイライフ UP IN THE AIR »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/34119640

この記事へのトラックバック一覧です: 3日目@マカオ:

« 2日目@香港 | トップページ | 映画 マイレージ、マイライフ UP IN THE AIR »