フォト
無料ブログはココログ

« 映画 キャピタリズム マネーは踊る CAPITALISM: A LOVE STORY | トップページ | DENON DVD-3800BD »

2010年2月 6日 (土)

TOSHIBA REGZA ZX9000

100206zx9000


ついにというか、やっとというか
リビングにテレビを置くことにしました。
スピーカーの間にモニターを置くのは音質上かなりNGなので
ずっとプロジェクターで通してきたのですが、
昨今の液晶画面の美しさに圧倒され
ついに東芝の55型テレビを購入してしまいました。

しかし大画面テレビの価格もずいぶんとこなれてきて
以前、プロジェクターを購入した時のような
気負いも生じません。

家電は壊れるまで買替えないので、
まずまずのものを買ってしまおうと思い
LEDバックライトの新機種を選択しています。

コントラストの表現技術が格段に向上している為に
従来の液晶とは、やはり映画の質感が
全く異なるのが一見でわかります。

ローカル・ディミング(局所減光)と言う
LEDバックライトを局所毎にコントロールする
しくみを採用しているらしいのですが
ハード技術とソフト技術の向上が
このような画期的な画質になるようで
数年前のPCモニターのような平べったく
しょぼい画質とは一線を画しています。

特に感動したのが、
ソースがDVDでも(BDでなくても)
かなり画像の向上が見られ
質感の高まりと同時に
ここまで細部が映っていたのか、
と新たな発見がみられます。

この辺はテレビの裏で駆動する
ソフトウェア技術の凄さのようで、
「超解像技術」と言うらしいのですが
地上デジやDVDなど旧来の低解像度のコンテンツの
解像度を高めて出力信号を作るしくみが
成果をあげていると思われます。
おかげで、古いコンテンツも「シズル感」が高まり、
かなり見応えがある絵つくりになっています。

ここまでくると、ブラウン管の美しさとは
別の質感や空気感があり、
好みの差でしかないかもしれません。


その他、機能面で最近のテレビは
なにやら訳わからないことになっています。
内蔵HDD、SDメモリー、ネット接続、LANやUSBと
各種ポートがてんこ盛りで
これにUSBキーボードをつなげると、
ほとんど巨大PCと化してしまいます。

中でも、東芝はブルーレイの規格争いに負けたせいか、
HDD録画重視のようで、
内蔵HDDだけでなく外付けHDD増設OKで
しかもNASサーバーにもダビングできると
非常にネットワークとストレージが充実しています。
実はこれがレグザの選択ポイントでした。

HDDレコーダーのHDD容量がせいぜい1T程度の中、
USB HDDが4台も接続できるので、
安価に数テラの巨大ストレージが確保できます。

また、USB HDDならHDD自体を
簡単に取り替えることができるので、
HDDをそのまま保存用メディアとして使うことができ、
BDやDVDに時間をかけてコンテンツを焼く必要もなくなりました。

また、NASには写真データを保存しておき
アルバム代わりのフォトビュアーとして重宝しています。

今回のお買い物で不満を言えば、
プロジェクターに慣れた目には
55型でもまだ若干サイズが小さくて
できれば70型くらいが欲しくなるところくらいですか。(笑)


さて、TVがリビングに置かれると
自然とテレビ番組を観る機会も多くなるのですが
久方ぶりに観るテレビ番組は
相変わらず(特に地上波番組には)観るべきものがなく
レグザもWOWWOW/BR/DVD観賞用モニターになりそうです。
ただ、BSデジタル番組は意外とよい番組が多い印象があります。
旅行もの、海外からの買付け映像、ドキュメンタリーものが多くて
地上波のように音が騒がしくないのも好感がもてます。

また、B-CAS方式になり、唯一評価できるのが
WOWWOWのデコーダーや配線不要ということです。
当然、画質音質共に結線がなければ向上しているはずですし
見た目や取り回しがかなりスッキリします。

ただ、地デジになってからのコピープロテクションは最悪です。
アナログ時代は番組をPCにとりこんで
MPEG4にエンコードしてiPodやPCで楽しんだりしていました。
また、アナログWOWWOWは番組を次々とMPEG4にして
PCのHDDに保管しておけば、HDDでの容量もとらないし、
出張時にノートPCにコピーして観たりと便利だったのですが、
こういった楽しみ方が一切できなくなってしまいました。

当初はコピープロテクションをはずす裏技や
いかがわしいPC向けハードやソフトも勉強しましたが
たかがテレビ見るのにあそこまで面倒なことをするのもなんなので、
素直に民生機器の役立ち機能にすがる日々です。

画像音質のクオリティが向上する一方
コピーガードの方策も技術も進歩してしまい、
技術の進歩も良かれ悪しかれという感があります。


<<システム構成>>
 スピーカー:Avalon Acoustics Eidolon
 プリアンプ:MarkLevinson No.380L
 パワーアンプ:Nuforce Reference9 V2 SE
 CDプレーヤー:ESOTERIC X-50w 
 レコードプレーヤー:LINN AXIS
 カートリッジ:ORTOFON MC Kontrapunkt-a
 フォノアンプ:SHELTER MODEL216
 モニター:TOSHIBA REGZA ZX9000
 DVDプレイヤー:Pioneer DV-S838A

« 映画 キャピタリズム マネーは踊る CAPITALISM: A LOVE STORY | トップページ | DENON DVD-3800BD »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/33803756

この記事へのトラックバック一覧です: TOSHIBA REGZA ZX9000:

« 映画 キャピタリズム マネーは踊る CAPITALISM: A LOVE STORY | トップページ | DENON DVD-3800BD »