フォト
無料ブログはココログ

« 映画 のだめカンタービレ 最終楽章 前編 | トップページ | 映画 キャピタリズム マネーは踊る CAPITALISM: A LOVE STORY »

2010年1月16日 (土)

映画 イングロリアス・バスターズ INGLOURIOUS BASTERDS

100115


STORY
1944年6月、ドイツ占領下のフランス。映画館主のミミューはドイツ軍の英雄フレデリックに言い寄られ、挙げ句にナチスのプロパガンダ映画をプレミア上映させられることになった。その事実をつかんだイギリス軍はナチス諸共映画館を爆破すべくアルド中尉率いる“イングロリアス・バスターズ”を動員し、スパイのブリジッドと接触を図らせる。一方ナチスでは“ユダヤ・ハンター”の異名をとるランダ大佐が動き出し…。

------------------------------------------------------

今更やっと観ました。。。。
もう語り尽くされている映画なので結論を。
『まずは、観たほうがよい映画!です』

タランティーノのファン達が
デキを良いの悪いの、と言ってても
気にすることはありません。

これほど奇想天外かつ映画的で楽しい物語を
描ける監督はイマドキいないのだから。

パクリとかオマージュを超えて
全編連なるハチャメチャな映画愛が炸裂しており
残酷描写とは別に、映画好きには、
すこぶる気持ちのよい映画です。


これまた語り尽くされているけど
ランダ大佐のケーキを食べる音、
クライマックスの煙に映るショシャナ、
細かいところから大仰な演出まで
どの絵も味わいつくせる名作でした。

@新宿

« 映画 のだめカンタービレ 最終楽章 前編 | トップページ | 映画 キャピタリズム マネーは踊る CAPITALISM: A LOVE STORY »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/32998151

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 イングロリアス・バスターズ INGLOURIOUS BASTERDS:

« 映画 のだめカンタービレ 最終楽章 前編 | トップページ | 映画 キャピタリズム マネーは踊る CAPITALISM: A LOVE STORY »