フォト
無料ブログはココログ

« 映画 トランスフォーマー/リベンジ TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN | トップページ | 名古屋発瀬戸内の三日間@呉、高松 »

2009年7月18日 (土)

夢のや@伊豆高原

週末どこかへフラリと行きたいな、と思い
直前に空室を見つけた伊豆高原の「夢のや」へ
ツーリングも兼ねて行ってきました。

土曜日、もろもろの用事を午前中に済ませ
高速も空いただろうと思われた昼過ぎに出発するも
これはひどい誤算・・・

東名は厚木までほとんど渋滞で数珠つなぎ状態、
更に小田原からも熱海、伊東と有料道路を活用し
すり抜けも多用したにも関わらず
自宅から4時間近くも要してしまいました。

しかし、さすがに伊豆南部に近づくと車も減り
海の香りを感じながらのツーリングを楽しめました。

幹線道路をはずれ、急な坂を降りたところに
目指す「夢のや」看板が現れます。
門をくぐると何時から待っていたのか玄関前には
お出迎えが待機されており、
バイクの荷降ろしは時間を要するので
暑い中、傍観させてしまい
いささか恐縮してしまいました。

09071913


到着と共に通された和室では
わらび餅とお茶をいただきました。
渋滞疲れもあり、クーラーの冷気と
ひんやりとしたわらび餅に
かなりホッとさせられました。

09071923

お部屋に通されると
2室あるお部屋は各々がかなり広く、
ベットルームが別というのも好感が持てます。
なんといっても、いつ風呂につかっても
湯上がりにそのまま布団に横になったりでき、
これは快適極楽でありました。

最近の温泉宿は個室の露天風呂付が主流ですが、
こちらの個室風呂は半露天風呂になっています。
外のバルコニーとの行き来はできつつも
虫なんかが気にならないので
これはこれでよいですね。

09071915


そして旅館の周囲が木々に囲まれているせいか
リスなんかもウロウロしています。

09071916


さて、お楽しみの夕食は
こんな感じのきれいな盛り付けの前菜から始まりました。
中央は枝豆のムースにキャビアが添えてあり
笹の包みの中には鮎が入っています。

09071935


泊まり部屋とは別の個室にてのお食事になりますが、
窓の外には落ち着いた庭があり
まさしく自然の中と言った趣ながら
個室ゆえの家の食事のような落ち着きもあります。

09071937


そして、料理が続きます。
お椀の中は鱧なのですが
上品な白身の色と梅の赤がマッチして
たいそう美しく仕上がっています。

09071938


平目のお刺身もこんな綺麗に盛り付けられていました。

09071945


鰻を包んだ湯葉が入った器には
こんな葉のふたがついていて
少々凝った演出です。

09071947


雲丹も海老も美味なのですが、
食べる楽しみだけではなく、
この三色の色合いの見事な
愛でる楽しみも堪能できます。

09071949


最後のデザートは紅茶のジュレなのですが
こちらもカラフルですよね。

09071953

翌日は朝食も質がとても高いものがありました。
定番の干物はもちろん、簡単なお刺身がついて
普通のラインナップながら丁寧かつ新鮮な朝ごはんでした。


「夢のや」さんの御飯はバランスがよいなぁと感じました。
素材の質が高く、飾り付けは美しくも
お料理の創作色もほどほどに押さえているので、
「楽しい」と「おいしい」のバランス感覚に優れている印象です。

やはり南伊豆まで苦労して来た甲斐がありました。
ただ、次回は渋滞のない平日に訪れたいですね。

« 映画 トランスフォーマー/リベンジ TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN | トップページ | 名古屋発瀬戸内の三日間@呉、高松 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/30865210

この記事へのトラックバック一覧です: 夢のや@伊豆高原:

« 映画 トランスフォーマー/リベンジ TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN | トップページ | 名古屋発瀬戸内の三日間@呉、高松 »