フォト
無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月24日 (金)

名古屋発瀬戸内の三日間@呉、高松

所用があり、名古屋、広島、呉、松山、高松と巡ってまいりました。

まずは、名古屋金山にて
夕飯の時間もとっくにすぎた夜、
駅界隈をウロウロしていると
古びたよい感じの鰻屋「三福」を見つけました。
暖簾はでているものの、
時間も時間なので入店の可否を尋ねると
人柄の良さそうなお婆さんが
鰻だけだったら大丈夫とのこと。

ラッキー!雰囲気も良さそうだし、
お言葉に甘えいそいそとカウンターにつきました。

最初は冷酒と塩辛で、鰻が焼けるのを待ちます。

09072512


こちらのお店、
「鰻の釜まぶし」が有名らしいのですが
無理を言って入った手前、
あまり手の込んだものは注文せず
お重を注文します。

09072514


そこで、でてきた鰻は
外はカリカリ、中はふっくらの鰻です。
関東の蒸した鰻とはひと味違ったお味、
タレは、どことなく甘みが強く濃い口で
名古屋文化圏の雰囲気です。
日本酒には、非常に相性がよろしいようで
鰻をつまみに、なんとも幸せなひとときになりました。

ご主人によると
お刺身のメニューも充実されており
老舗故にけっこうよい素材のよいお魚が入ってくるとか。
この界隈で古くから商売をされている数少ない名店のようです。
名古屋からJRなら一駅、また立ち寄りたいお店です。
そして、お次は是非お刺身をつまみたいところです。


夜は金山の全日給ホテルに宿泊。
リーズナブルなお値段のお部屋にしたところ
アップグレードしてくれたようで
眺めも素晴らしく、独り身にはかなり贅沢なお部屋でした。

09072516


さて、翌日は名古屋から広島を経て、呉に来ました。
明日の四国行きを見据えてとったルートなのですが
歴史のある街ですし、少々期待しての宿泊地です。

軍港や造船所で栄えただけあって
ひなびた雰囲気ながら
大きめの商店街がJR駅から離れたところにありました。
そこで、地場のお客もいるような
居心地の良さそうな居酒屋さんに入りました。

女将さんのお勧めで、
名物の小イワシ、煮付けとフライを注文し、
あとは冷や奴にお燗をつけて、
チビチビつまむと、家庭的な味付けながら
お燗にマッチすること!!

09072523


店内は、単身赴任風のお客さんや
地場のおじいさんの姿が数人、
寂れた商店街にあるせいか
どことなく場末感と家庭的な雰囲気が
混じった不思議な地方居酒屋でした。

居酒屋をあとに、ホテルに帰る途中、
一応、呉では冷麺がメジャーとのことで
道ばたのラーメン屋で冷麺を食べてみました。
が、本家(「珍来軒」)でないといけないようで、
美味しかったのですが、一般的な冷麺でした。

09072525


翌朝は、せっかくなので
フェリー乗り場そばの
「大和ミュージアム」を訪問しました。
巨大模型に圧倒されますが、
模型以外は、一般的な戦史の解説ブースが主で
呉の郷土史部分以外は、
あまり特筆すべきものはありません。

09072533


「大和ミュージアム」の横にある
「海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館」
にも立ち寄りました。
こちらは、陸揚げされた潜水艦と
海上自衛隊の歴史の展示が主なのですが、
展示物は日本の掃海技術の紹介に力を割いており
この部分はたいへん興味深い内容でした。

09072535


戦後、日本近郊の米軍が敷設した機雷を
経済復興の為に木造船で危険をかえりみず
人海戦術で撤去した頃から始まり、
昨今は中東の海で
高度な複合雷管を持つ機雷を除去するに至るまで
日本ならでは、繊細な技術とメカが紹介されています。
これは見応えがありました。

そして、館内の3階部分から
潜水艦の内部に入って見学ができます。
写真は艦長室とのことで、
あまりの狭さに驚きです。

09072536


これらの博物館見学、足早ながら
一見の価値はある展示物でなかなか有意義な朝となりました。
その後、高速艇で呉から松山港に向かいます。

09072543


天気は悪かったのですが、
穏やかな瀬戸内の海と点在する美しい島々は
たいへん和む景色でした。
そして、高速船は音も静かで
揺れも少なく快適の一言!

09072545


瀬戸内の美しい景色を眺めながら
呉の「ゆめタウン」で購入したお寿司を食べます。
普通にスーパーのお総菜屋で買ったのですが、
これがなかなか美味しいんですよね。

09072547


その後、松山で用事を済ませ
瀬戸内沿いを一路列車にて高松を目指しました。

その夜は、
全長2キロ以上ある高松のアーケードを2周ほど歩き
お客さんもたくさん入っている様子のお寿司屋さん
「森山」というお店にしました。
昼もお寿司だったので若干躊躇したのですが
なんか良さそげな雰囲気があり、
やはり入店してみると大当たり!

09072553


無口な若い旦那さんが一人で握ってくれるのですが
これが、なかなかのお寿司でした。
鋭利なお味でもなく、
さりとてヌルイお味でもなく
暖かみがありながら、仕事がしっかりしており
それが味にでてきています。
握りの写真は撮りませんでしたが
この盛りつけをご覧いただければ期待もふくらむものです。

09072555


高松と言えば「讃岐うどん」
お寿司の後は、知人に急遽教わった
市内でも有名なお店「鶴丸」へ。

09072556


いただいたのは、大評判の「カレーうどん」です。
もっちりコシのあるうどんに、
スパイスが効いたカレールーが
からみ評判通り絶品です。

しかしながら、このカレールーの味の濃さ、
こってり加減が絶妙で
濃厚すぎず、薄すぎずが
美味しさの秘訣かもしれません。

09072557


翌日もせっかくなので、
アーケードの蕎麦屋で
朝食替わりにおうどんをいただきました。

お蕎麦も試したかったのですが、
やはり高松!蕎麦屋にも関わらず
力強く「うどんもあるよ」とアピールしていたので
ついつい注文してしまった次第です。
お味は当然GOODです。

09072563


更には空港でも、
うどん屋さんを見つけ昼食もうどん屋へ。

まずは、おでんをアテに一杯。
このうどんの前に「おでん」をいただけるは
なかなか良いしくみですね。
さっとお店に入って、
「おでん」でお酒をひっかける
やさしい味が口に広がり、なんかホッとします。

09072565

ビールを飲み干し、塩梅のよい頃に
野菜天のぶっかけうどんを一杯。

09072567


これまた、なんともマッタリ感があって良い感じです。
休日の昼下がりなんかにこんな「うどん屋」があったら
入り浸ってしまいますね。
東京の蕎麦屋で一杯に比べて
うどん屋で一杯のほうが、
おでん効果もあり身も心も温まる感じで
なんともユル~イ感じがよいのです。

讃岐うどん巡りに皆がはまる理由がよく理解できました。

2009年7月18日 (土)

夢のや@伊豆高原

週末どこかへフラリと行きたいな、と思い
直前に空室を見つけた伊豆高原の「夢のや」へ
ツーリングも兼ねて行ってきました。

土曜日、もろもろの用事を午前中に済ませ
高速も空いただろうと思われた昼過ぎに出発するも
これはひどい誤算・・・

東名は厚木までほとんど渋滞で数珠つなぎ状態、
更に小田原からも熱海、伊東と有料道路を活用し
すり抜けも多用したにも関わらず
自宅から4時間近くも要してしまいました。

しかし、さすがに伊豆南部に近づくと車も減り
海の香りを感じながらのツーリングを楽しめました。

幹線道路をはずれ、急な坂を降りたところに
目指す「夢のや」看板が現れます。
門をくぐると何時から待っていたのか玄関前には
お出迎えが待機されており、
バイクの荷降ろしは時間を要するので
暑い中、傍観させてしまい
いささか恐縮してしまいました。

09071913


到着と共に通された和室では
わらび餅とお茶をいただきました。
渋滞疲れもあり、クーラーの冷気と
ひんやりとしたわらび餅に
かなりホッとさせられました。

09071923

お部屋に通されると
2室あるお部屋は各々がかなり広く、
ベットルームが別というのも好感が持てます。
なんといっても、いつ風呂につかっても
湯上がりにそのまま布団に横になったりでき、
これは快適極楽でありました。

最近の温泉宿は個室の露天風呂付が主流ですが、
こちらの個室風呂は半露天風呂になっています。
外のバルコニーとの行き来はできつつも
虫なんかが気にならないので
これはこれでよいですね。

09071915


そして旅館の周囲が木々に囲まれているせいか
リスなんかもウロウロしています。

09071916


さて、お楽しみの夕食は
こんな感じのきれいな盛り付けの前菜から始まりました。
中央は枝豆のムースにキャビアが添えてあり
笹の包みの中には鮎が入っています。

09071935


泊まり部屋とは別の個室にてのお食事になりますが、
窓の外には落ち着いた庭があり
まさしく自然の中と言った趣ながら
個室ゆえの家の食事のような落ち着きもあります。

09071937


そして、料理が続きます。
お椀の中は鱧なのですが
上品な白身の色と梅の赤がマッチして
たいそう美しく仕上がっています。

09071938


平目のお刺身もこんな綺麗に盛り付けられていました。

09071945


鰻を包んだ湯葉が入った器には
こんな葉のふたがついていて
少々凝った演出です。

09071947


雲丹も海老も美味なのですが、
食べる楽しみだけではなく、
この三色の色合いの見事な
愛でる楽しみも堪能できます。

09071949


最後のデザートは紅茶のジュレなのですが
こちらもカラフルですよね。

09071953

翌日は朝食も質がとても高いものがありました。
定番の干物はもちろん、簡単なお刺身がついて
普通のラインナップながら丁寧かつ新鮮な朝ごはんでした。


「夢のや」さんの御飯はバランスがよいなぁと感じました。
素材の質が高く、飾り付けは美しくも
お料理の創作色もほどほどに押さえているので、
「楽しい」と「おいしい」のバランス感覚に優れている印象です。

やはり南伊豆まで苦労して来た甲斐がありました。
ただ、次回は渋滞のない平日に訪れたいですね。

2009年7月 4日 (土)

映画 トランスフォーマー/リベンジ TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN

09062201tfrevenge

STORY
オートボットたちとの死闘の末に、宇宙へ逃走した悪の金属生命体ディセプティコン。新たな仲間を引き連れ、再度地球へやってきた!オートボットとディセプティコンの、新たなる闘いが始まる。

------------------------------------------------------

前作「トランスフォーマー」
スピルバーグ的な
「へなちょこオタク学生の感動的な立身出世物語」が、
今回は遥かにトーンダウンしてしまった・・、凡作。

映像は遥かにスケールアップ、
ロボット描写もメカメカしくご立派なCGがこれでもかっ!
と言った按配なのですが、
造り手もディティールに執着しすぎの
イチビリぶりが鼻につきます。

本作を観るなら、前作をDVDで見直した方がよいかも。

@豊洲

2009年7月 1日 (水)

ビアホール@銀座

09070100


昭和9年からという由緒あるビアホール。
是非一度、と思い「ライオン 銀座7丁目店」にきました。

ヨーロッパを懸命に模したモザイク壁面や
タイル張りの床、天井、なかなか壮観です。

しかし、サービスは??
導線に立ちふさがるスタッフ、
メニューの質問対応はぞんざいと
ホスピタリティは今ひとつ、
ちょっと観光名所っぽく、一見さん相手なのでしょうか。

どうせなら『ANTWERP SIX』に行けばよかった・・・
こちらの「ヒューガルデン・ホワイト 樽生」は注ぎ方といい、
鮮度といい最高です。

@銀座

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »