フォト
無料ブログはココログ

« フランス料理とドイツ料理@錦糸町&六本木 | トップページ | ひとつだけ・・・KINGの思い出 »

2009年4月 5日 (日)

映画 ヤッターマン

090405yatterman


STORY
高田玩具店の1人息子のガンちゃんは、父親の開発途中のヤッターワンを完成させ、ガールフレンドの愛ちゃんと共にヤッターマン1号、2号としてドロンボー一味と戦っていた。ある日、考古学者の海江田博士の一人娘、翔子からドクロストーンを探しに行ったまま行方不明になっている博士を探し出して欲しいと頼まれる。ヤッターマンに変身したガンちゃんと愛ちゃんはヤッターワンを出動させ、一路、博士のいるオジプトへ向かう!

------------------------------------------------------

生瀬勝久のボヤッキー筆舌しがたい好演!
深キョンのドロンジョは役者として、
その演技はどうよ、という議論は抜きに
自身の映像美で十分合格点!

ドロンジョの夢のベタベタ度合いや、
往年の声優へのオマージュ、
セットも細やかな配慮が行き届き、
衣装デザインのアニメからのデフォルメのバランスのよさ、
子供向けとしつつ小気味よくまとめた下ネタ、
どれも原作への愛情に溢れる作品にしあがっており
監督の力量に脱帽です。

そして、作り手自身が
楽しんで作っているのが伝わってくる!!
エンタテイメント作品はコレ、とても重要と思う。

あえて欠点を指摘すれば
あまりに緻密かつディテールに懲りすぎて
目線が絵の隅々へさまよってしまうほど
ワンシーンワンシーンが情報過多。
その為、ギャグがギャグとして受け入れる余裕が
なくなっている点か・・


こういう映画が創れる環境があって、しかもヒットする。
どことなく成長した日本の懐の深さを感じてしまいました。

@渋谷

« フランス料理とドイツ料理@錦糸町&六本木 | トップページ | ひとつだけ・・・KINGの思い出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/29455987

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 ヤッターマン:

« フランス料理とドイツ料理@錦糸町&六本木 | トップページ | ひとつだけ・・・KINGの思い出 »