フォト
無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月10日 (土)

映画 ウォーリー WALL・E

Walle


STORY
29世紀の荒れ果てた地球で、たったひとり黙々と働き続けるゴミ処理ロボット、ウォーリー。宇宙へ脱出した人間たちに置き去りにされて700年、大好きなミュージカル映画『ハロー・ドーリー!』のビデオで男女が手を握るロマンチックなシーンを見ては人恋しさを募らせていた。そんなある日、真っ白に輝くロボット、イヴが現れ、ウォーリーはたちまち恋に落ちる。ところが、巨大な宇宙船がイヴを連れ去ってしまい…。

------------------------------------------------------
対話について、真摯に語った名画。
アニメとCGが合体し、雄大な映像もすばらしい。

「2001年宇宙の旅」へのオマージュが随所にみられるのだが、
それ以上にオマージュでありながらの主客の転倒が面白い。
高度に文明化した人間が2本足で立つとか、
人間が廃棄されたロボットに結果助けられるとか。
ラストの大団円は「2001年宇宙の旅」と違ってカタルシスもあるし、
エンディングロールもたいへん美しい。

ピクサーの映画というのは、
本当にこういった小気味よい展開が上手である。

そして、今回特筆すべきはキャラ立ちの見事さ!
言葉を媒介としないロボット間の交流を見事に描いており、
その一方言葉に頼らず、
男女の役割分担から性格の硬軟、強弱まで
感性豊かに伝える技量に目が離せない。

これまでのピクサー作品の中でも最高傑作と思う。

@豊洲

2009年1月 3日 (土)

ビバBluetooth!@宇都宮

所用あって、3日は水戸、宇都宮と
400kmばかりツーリングしてきました。

開通したばかりの北関東自動車道は
前後一台も走っていない爽快さ!
ただ、ひたすら寒いっ!
昨年のKLAN 電熱ウェアも再度大活躍でした。


そして、この寒く長いツーリングを
サポートしてくれたガジェットが下記。

081225015

ちょっと前に購入したiPodnanoに
SONY iPod用Bluetooth トランスミッター TMR-BT8iP
を取り付けてみました。
この小さくて薄いトランスミッターをとりつけるだけで
iPodがBluetooth対応になってしまうという優れモノ。


アメリカツーリングで大活躍をしたCOOLROBOというインカム
に日ごろ使っているソフトバンクの携帯電話 X03HTをすべて設定すると、
なんとも便利なツーリング環境が整いました。

長時間ツーリングでも膨大な曲目を
シャッフルさせて音楽を聞きつつ、
しかも携帯電話も受けることができてしまうというのは
いちいちバイクを降りてヘルメットをはずして・・・
という動作を想像していただければ、
如何にすばらしいことがご理解いただけるかと思います。

音質や使い勝手ですが
高速道路を超速で走っているときはさすがに通話は無理ながら
通常の走りでは電話通話、音楽鑑賞ともに
全く問題なくよく聞こえます。
強いて上げれるとすると、こちら側の声が
大きくなりすぎる(苦笑)きらいがあるようです。

また、気になる電源の持ち時間ですが
iPodnanoのほうは、トランスミッターをつけてもほぼ一日なんとか使用できました。
携帯電話 X03HTのほうは、大容量バッテリーHLI-S730XL をとりつけているので
これまた終日全く問題ありません。

このBluetoothというのは、
本当にたいしたしくみで、消費電力も少なく
設定も携帯電話のパスキー(PIN)を調べておけば
あっという間にセットアップが完了するというお手軽さ。
それで、こういった機器間において
簡単に連携がとれてしまうのですから驚きです。

音楽を聴いていても、着信でボリュームが自動で下がり
片手でヘルメット横インカムのボタンを押せば
ハンズフリー通話に移る、
通話を切れば、再び音楽が鳴り始めるという、
なんとも自然な操作がオートバイにまたがりながら可能となります。

ビバBluetooth!

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします!!

さて、2008年 映画Best3!は
1.フィクサー:G・クルーニー、T・スウィントン、T・ウィルキンソン、C・ポラックと名優を揃え、空気感ある映像と相まって、役者の演技が光る映画たる映画。
2.ダークナイト:血飛沫の映像など一切ないが、誰もが覗きたくない「心の闇」の不快感を撒き散らすスプラッター映画、眩暈覚えるダークヒーロー達!
3.スカイ・クロラ:風の音が美しい清涼感のある日常の絵に圧倒される、押井守が生み出した新境地!
番外:スピード・レーサー:40年前の日本のTVアニメがハリウッドで実写化される喜び、如何に当時の日本が先駆的だったのかが知れる逸品。

役者はS・セロン!「ハンコック」 、「告発のとき」と当り年、異形の役も見事にこなす多芸振りを披露。

CDはKlemperer: The Cologne Years, Vol. 1 54年録音のベートーヴェン4番は雄大かつ立体感のある構築美にキレのよい躍動感がみなぎった演奏、未曾有の大名演奏かと。
そして、野外録音が優秀でもある、つじあやの:COVER GIRL2は京都の豊かな情景が彼女とうららかな歌声とマッチした逸品。

今年もブログも引き続きよろしくお願いします!!

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »