フォト
無料ブログはココログ

« 映画 スカイ・クロラ The Sky Crawlers | トップページ | Avalon Acoustics Eidolon »

2008年8月16日 (土)

Klemperer: The Cologne Years, Vol. 1

080816klemperer

Klemperer: The Cologne Years, Vol. 1 (2CD)

ベートーヴェン 交響曲第4番 <1954.10.25>
ブラームス   ピアノ協奏曲第2番 <1954.4.5>
ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」 <1954.2.8>
ヒンデミット   組曲「気高き幻想」 <1954.2.8>

クレンペラー指揮
ケルン放送響
ゲザ・アンダ(ピアノ:ブラームス)


久々に一聴してマイってしまった。
ケルン時代のクレンペラーがこれほど凄いとは。

天才指揮者のまさしく油の乗り切った時期の演奏、
これがたんまり詰まった2枚組CDが1500円あまり・・・
皆、タワレコへ走れ!です。

クレンペラーについては、
EMI録音の晩年のクレンペラーのものばかり聴いていたため
雄大かつ立体感のある構築美が持ち味と勝手に思っていました。

しかし、今回のこの録音、
丁寧な音楽つくりによる構築美はそのままで
キレのよい躍動感がみなぎった演奏で
4番は未曾有の大名演奏でした。

金管の朗々たる響きに加え、
低弦のアインザッツのやけに揃ったゴツイ響きから
オケはガツガツ必死というより
しっかりしっかり一生懸命とい演奏。

昨晩読んだ「のだめ」の最新刊の影響か
楽しさあふれる演奏がこんなに素敵とは。

偉そうではなく、楽しい演奏、
すなわち「わくわく感」がみなぎってます。


アンダのピアノによるブラームスのコンチェルト、
多少古い録音ながら、冒頭、音の美しさに度肝を抜かれます。
そして、演奏が進むにつれ、音のよさのみでなく
演奏自体が名演であることに気がつきます。

まだ、在庫があれば万人にお勧めの一品。

« 映画 スカイ・クロラ The Sky Crawlers | トップページ | Avalon Acoustics Eidolon »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/23017259

この記事へのトラックバック一覧です: Klemperer: The Cologne Years, Vol. 1:

« 映画 スカイ・クロラ The Sky Crawlers | トップページ | Avalon Acoustics Eidolon »