フォト
無料ブログはココログ

« ちょっとしたガジェット@Mendocino CA | トップページ | 映画 スパイダーウィックの謎 The Spiderwick Chronicles »

2008年6月26日 (木)

アメリカで見かけたオートバイ@San Francisco CA

印象ですが、アメリカではオートバイは自動車と異なり
趣味性が高い乗り物のようです。
実用的に通勤で使う、配達で使う、
といった用途のオートバイはほとんどなく
業務用は白バイくらいしか見かけません。

郊外や旅行中に一番多く見かけるのは
ツーリング中のツアラータイプのバイクです。
その他は、フリーウェイで見かける「走り屋」風の
主に日本製のフルカウルのスポーツバイクです、
スクーターや原付のような小型バイクはほとんど見かけません。
今回のような山岳地帯ではモトクロスタイプをたまに見かけました。

今回は旅のあちこちで見た
オートバイの写真を集めてみました。

まずはアメリカの王道バイクで、
今回レンタルした車種と同型のハーレーエレグラ。
前席にも背もたれをつけ快適性を増しています。
また、後部ボックスの更に上にキャリアをつけて
バッグをくくりつけています。
このボックス上のキャリアをつけている方は
アチコチでけっこう見かけました。
荷物に防水対策をすれば万全ですし
平たい後部ボックスなのでしっかり積む事ができ、
手っ取り早く積載量を増やすことができます。

08062601


ツアラーではBMWもたまにみかけるのですが
高い支持を受けているのはホンダのゴールドウイングのようです。
肘掛、無線のタンデムヘルメットで完全装備です。

08062602


ご夫婦お二人の旅のようでしたが
お二人の合計体重は250kgはありそうでした。
このお二人の搭乗者重量に加え
後部のキャリアを取り付けて、
更に荷重を増やして大丈夫かと心配になります。

08062603


チョッパーは今回初めて見ました。
かなり手を加えているのが見てとれます。
デザイン、塗装なにもかも美しいですよね。

08062604


郊外でベスパは珍しいですね。
濃い趣味を持った方なのでしょうか、
かわいいサイドカーがついています。

08062605


もう一台のベスパは
Bendのカフェの前に停まっていました。
街の景色と溶け込んで、けっこうオシャレな感じです。

08062606


~今日一日~
●Mendocino - Redmond - 101 - San Francisco (245Km)●


宿の朝食が遅いので7時に起きます。
世話になったコテージの前で今日お別れとなる
愛車の写真を収めておきます。

08062608


しばし、時間があるので
食堂前のデッキで
ちょっと冷たい朝の海風にあたりながら
景色に見入ってコーヒーなど飲みます。
こんな、穏やかな朝は久しぶりです。

08062609


周囲の緑が
朝日を浴びて庭もいっそう青々しく
緑が映えます。

08062610


朝食でまず供されたのはリンゴのコンポート。
トロトロなのですが、甘すぎたりはしません。

08062611

手作りのソーセージに
ストロベリーワッフル、オレンジクリーム添え
朝から素敵な気分にさせてくれる朝食です。

08062612

朝の9時半によき宿に別れを告げ、
10kmほど海沿いを南下します。
目指すは一路サンフランシスコ!
昼過ぎにバイクを返却するので
少々駆け足になります。

08062614


08062615


08062616


08062617


08062618


海を走ってほどなく、
128号線は山あいの道になります。

08062620


川沿いを登っていくと・・・

08062623


Redwoodの森の道がしばらく続きます。

08062624


08062626


08062628


森を抜けると今度は延々とブドウ畑が続き
ところどころワイナリーの看板が立ち現れます。

08062630


08062632


08062634


主要道の101号線にでるまでは
丘陵地帯のワイン畑が続きます。

08062644


08062645


08062647


08062649


101号線に出た後はサンフランシスコまで
ひた走るだけです。
気温も上昇して暖かくなってきました。
ソノマやナパにほど近いこの辺りでは
フリーウェイの101号線沿いにも
ワイン畑がところどころ連なっていました。

08062652


バイクを返却する前に満タンにしなくてはならないので
フリーウェイ上のガソリンスタンドに立ち寄ります。

08062653


いよいよサンフランシスコ市内に戻ってきました。
ゴールデンゲートブリッジにさしかかります。

08062654


太平洋に面した橋なので強風を恐れていたのですが、
予想外に風は強くなく
横風で流される恐怖感もありませんでした。

08062655


この橋の料金所はなぜか南下するサイドだけに料金所があります。
北上する場合は無料です。

08062656


13時をちょっとまわった頃
EagleRider Motorcycle に無事にたどり着きました。
バイクを無傷で返却でき、一安心です。
ただ、借り物とは言え、
さすがに6日間を共にしたバイクなので
手放す段になって、多少後ろ髪を引かれる想いがします。

08062657


レンタルバイクの特典についているタクシーサービスで
ホテルまで送ってもらいます。
今夜の宿泊は最終日なので
サンフランシスコの観光にも便利な
セント・フランシス・ウェスティンにしました。

08062684


風格のあるロビーですが、ちょっと狭くて雑然としていました。

08062685


お部屋は古い建物のほうにしたのですが、値段相応ですね。
広さもほどほどでバスタブはなしでした。

08062686


遅いお昼ご飯になってしまいましたが、
ブログで見つけた美味しいと
評判の中華料理屋さん
R & G Lounge に出向きます。
ちなみに有名な中華街からは少し離れたところにあります。

08062687


素朴なものが食べたくて
牛肉ゴハンに青島ビール!
バイクを降りたので昼間から飲むことができます。

08062688


海老の炒麺、こちらは評判通りまずまずのお味です。
どこの街に行っても思うのですが
アメリカの中華街は美味しいと思います。
多少、アメリカ風の味付けのお店もあるのですが
当たれば、本格的な中華料理が楽しめます。

08062689


サンフランシスコの街並みをブラブラします。
街中にはいろいろな乗り物が走っています。
こちらは観光用のためか、路面電車風のバスです。

08062692


こちらは電動のバス(トロリーバス)ですね。
(もちろん普通のバスも走っています。)

08062694


トロリーバスがある上に、路面電車も走っていて
道路上には電線が錯綜していました。

08062695


さんざん散歩したにも関わらず
お腹の空き具合がイマイチでした。
が、せっかくなので街角にあった美味しそうなレストラン
Puccini & Pinetti に入ります。

こちらは
Pan Seared Sea Scallops
 asparagus & prosciutto risotto, sweet pea nage
ホタテのリゾットですね。
リゾットのアルデンテ加減が按配よし、です。
カリフォルニアのリースリングのワインとあわせました。


08062698


こちらは
Frutti di Mare
 seasonal seafood stew, tomato, basil, linguini, crostini
シーフードのシチューですが、
これは絶品でサーブした方によると
この店、自慢の一品だそうです。

08062699


今回の旅行で堪能したのですが
西海岸沿いのシーフードは素晴らしい!

<おまけ>
帰りの飛行機に乗るだけの最終日、
朝食はアメリカンダイナー風のお店にでかけます。

08062702


ボリューム満点のホットケーキとベーコン、卵・・・
味は大味ですが、朝からたっぷりといただきました。

08062704


« ちょっとしたガジェット@Mendocino CA | トップページ | 映画 スパイダーウィックの謎 The Spiderwick Chronicles »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/22128549

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカで見かけたオートバイ@San Francisco CA:

« ちょっとしたガジェット@Mendocino CA | トップページ | 映画 スパイダーウィックの謎 The Spiderwick Chronicles »