フォト
無料ブログはココログ

« 便利な電子地図たち@Auburn CA | トップページ | さすがロンプラ@Bend OR »

2008年6月21日 (土)

優れたインカム@Mt Shasta CA

今回のツーリングではタンデムトーク用に
COOLROBOというインカム(ヘルメットに装着する無線機器)を
購入してみました。

08062100robo


車と異なり、走行時に同乗者と会話ができないバイクの場合は
タンデムトーク機器はツーリングのおいて必須のアイテムです。

これまでタンデムトーク用の機器には
有線式や本格的な無線仕様など多々ありますが、
機能的にさほどの向上を期待していなかったので
ずっと有線の安物を使っていました。

しかしながら、ヘルメット着脱時のセットアップの不便さや
かすかな期待ながら音質的向上を期待して、
今回購入に踏み切った次第です。

で、その結果は大成功でした。
パーツは下記写真の構成なのですが
ヘルメットへの取付けは20分ほどで終了します。
08062101coolrobo

左上のスピーカーはステレオ式なので、当然二つあります。
このCOOLROBO今までの無線式に比べると快適そのもの。

なにが快適かというと、
①音が格段にクリアになったこと。
 これは何よりもマイクの質的向上が大きいと思われますが
 風きり音をほとんど拾わないので会話がとてもクリアになりました。
 (音質をクリアにする回路があるのかもしれません)
 カウルのついたバイクであれば速度120km/hでも
 問題なく聞き取ることができます。
 また、有線独特の結線によるノイズもありません。

②耳のアタリがないこと。
 今までは、無理やりイアフォンを耳につけて
 ヘルメットを被る為、当たり前ながらイアフォンを
 かけるツルなどが耳の周囲に圧迫感を与えて
 痛くなったりしました。
 今回はヘルメットの内側に薄型のスピーカーを
 貼り付けているので、当然耳への負担はありません。
 更には、内臓のスピーカは音もクリアでありながら
 音量を下げていれば、ヘルメットの外の音も
 自然に聞くことができるので安全でもあります。

③乾電池が使える。
 充電式の単4を用いて1日フルに使っても電池切れなしです。
 ただし、もしもツーリング中バッテリーが切れた場合、
 バッテリー充電式であれば対処不能ながら
 単4ですと予備の電池を入替えればよいので
 ロングツーリングにはとても心強いです。


~今日一日~
●Auburn - Truckee - Sierraville - Quincy - Lassen - Mt.shasta (538km)●

寝坊してしまい、
慌てて荷造りをして9:30にAuburnの宿を出発。
昨日に引き続き幹線道路にあたる80号線を
30分ほど飛ばして山間部の入り口の町
Truckeeを目指します。

08062122


Truckeeからは間道の89号線に入ります。
土曜日の昼前ながら交通量はほとんどなく
のどかで気持ちのよい森林のツーリング。
道も森林を突っ切るような直線が続き
早朝、のどかで気持ちの良く走ることができます。

08062105


08062124


行きかう人もツアラーか農夫の方々で
バイク乗り同士はお約束のピースサイン。

08062125


徐々に深い森林から拓けた平野に近づいてくると
美しい空が拡がり、暖かい陽射しを浴びながら
走ることになります。

08062126


完全に森林を抜けると
なんともよい雰囲気の小さな農村Sierravilleがあり、
古びた木造のガソリンスタンドなんかもあります。

08062127


そして農村の先は広大な盆地になっており
大きな牧場が拡がっています。
青い空と緑の牧草にまっすくな舗装道路、
森林を抜けた後に、拡がる大地を走る爽快感!!

08062128


08062129


昼過ぎに比較的に大きな町であるQuincyに到着しました。
適度にガソリンタンクも軽くなってきたので
すかさずガソリンを入れます。

そして、ランチ時でもあったので
Safeway併設のTaco Bellに。

08062154


トルティーヤに野菜がたっぷり詰まって
味もボリュームもなかなかなのに
お腹には、もたれません。
日本にないのがちょっと残念です。

08062155


昼食後は、再び森林地帯をひた走るのですが
途中、線路と幾度も交差し
その古びた鉄橋なんかも美しいものです。

08062156


Lake Almanor近辺で
130km/hでかっ飛ばすスクールバスに抜かれました。
ちなみに学生は乗っていませんでしたが
さほど広いわけでもない田舎道なので、ちょっと驚きです。
(前のほうにポツンと写っている黄色い点がそれです)

08062158


そして、本日のメインの国立公園
Lassen Volcanic Natinal Parkには
14時くらいに到着しました。
高度も高く、うす曇なので
ちょっと寒くセーターをここで着込みます。

08062174


公園内を進むにつれて
湖は凍り、ところどころ残雪が
予想だにしていない量で残っていたので、
ちょっと驚きです。
ただ、その銀世界の美しいこと。

08062175


08062176


08062177


標高が下がるにつれ、雪は少なくなっていくのですが
極端に寒いわけではなく、
涼しく気持ちよくワインディングを楽しめます。

08062178


08062180


08062182


Oid Stationという近辺唯一のガソリンスタンドがあり
そこで給油をします。

08062183


その後、霧雨程度の気持ちよい夕立を浴びながら
しばし、濡れた路面の林間ツーリングとなりました。

08062184


08062185


しかし、またあっという間に晴れ渡ります。
再び晴れた道路に目的地のMt.Shastaが映えます。

08062186


Mt.Shastaの街には夕方の5時くらいにつきました。
街のどこからも優美なMt.Shastaを眺めることができ
瀟洒な避暑地の趣きです。

08062188


本屋さんやブティックが並ぶ街角に
なぜか中古CDショップがあり、
ツーリング中に聞くための
カントリーミュージックのCDを調達します。

08062187


Mt.Shastaで宿泊したお宿はStrawberry Valley Inn
避暑地の街並みにあった小洒落た感じの建物です。

08062192


08062193


夜は宿の近郊のレストランを物色し
アメリカの田舎の中華は如何かと
LaiLaiというお店にチャレンジしてみました。

08062194


2品では少ないので、3品頼むと
またしても大量の中華料理がでてきました。
「鶏そば」を頼んだところ、
中華麺に照り焼きチキンがのっかたシロモノ。
不味い訳ではないのですが、ちょっと飽きる味でした。
それ以上に、この量!
たっぷり2人前はあり、さすがに食べきれません。

08062195


炒飯を頼んだにもかかわらず、
豚肉の炒め物にどんぶりゴハンの大盛がでてきました。
お米だけで6人分はあります。
お味のほうは地方の中華の割には、イケました。
特に炒飯は炒め方が上手で、
日本のモチモチしたお米でつくったものよりも
美味しいものでした。

さすがに、これだけの量ですから
当然食べきれず、残りはテイクアウトさせてもらい、
翌日のお弁当にすることにしました。

08062196


夕食後、とぼとぼ宿に帰る道すがら
振り返ると見事な夕焼け空が。
今日もよい一日でした。

08062198


« 便利な電子地図たち@Auburn CA | トップページ | さすがロンプラ@Bend OR »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/22128490

この記事へのトラックバック一覧です: 優れたインカム@Mt Shasta CA :

« 便利な電子地図たち@Auburn CA | トップページ | さすがロンプラ@Bend OR »