フォト
無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

アタリ!@郡山

何気なく入ったお店が美味しいと、とてもうれしい!
アタッタァ~、と言う実感が湧いてくる。

郡山駅の駅前の夜は
なんとも物悲しい。

メインの通りの人通りもまばらで、
それを上回る代行タクシーの列、
そして、アーケードの往来の人を
圧倒的に上回る数の呼び込みのお兄ちゃん達。

とは言え、味のある街であるのも確か。

駅前になんとも薄汚い
場末チックな、ほるもん焼屋を発見。
のれん越しに覗くと相応の入店客。

08022703


ホルモンとカルビと生ビール!を注文したところ、
その分量の多いこと!

08022705


場末チックな店内に
TVの音とお客さんの声が交差する中、
ジュウジュウ焼きながらパクパクいただきます。

08022706


ホルモンは新鮮で、
カルビも粗い包丁さばきながら
お肉は逸品のお味。

なんとも充実した旅先での夜。
粉雪の舞う中、満腹シアワセな一夜でした。

08022708


-------------------------------

翌日は郡山でも名店の血を引く中華そば「ますや」へ。
さびれたアーケード内に位置するこのお店。
夕刻なので店内は空いていたせいもあり
落ち着いた風情。

08022713


そして、でてきたのは、
この真っ黒なスープの中華そば。

08022715

実は、煮たまごが
独特の甘辛いお味で
おいしゅうございました。
そしてスープは色の割に
カツオ出汁でサッパリ味、
2/3ほど飲んでしまいました。
麺は選べるので、好みの縮れ麺を。

ホントかどうかは不明ながら
全国で人口当たりのラーメン屋の数は郡山が日本一とのこと。
激烈な競争を生き残っている、うなずけるお味でした。

2008年2月10日 (日)

美味しく+のんびり@山中温泉

お昼は福井名物のソースカツ丼をヨーロッパ軒で!
ウスターソースがカツとごはんにからんで、これがウマイ。

初代がヨーロッパで料理の研鑽を経て開発したレシピ。
その為か、カツは通常の豚カツよりも薄く
ウィンナシュニッツェルのよう。
ウスターソースはお米にもあう甘辛味。

08021003


ちょうど昼の列車で加賀温泉駅に。
目指すは山中温泉。

08021005


宿泊は河鹿荘ロイヤルホテル、
山中温泉郷の中でもひときわ大きな建物。
お風呂が期待できます。

08021007


到着し荷を解くなり、散歩へ。
せせらぎを聞きながら
有名なこおろぎ橋をわたる。

08021008


川には遊歩道があり
ちょっとした散歩コースになっている。

08021009


夜は温泉宿特有の盛りだくさんの料理。
素材がよく、どれもおいしい。
そしてお酒もご飯も進む進む。

08021010


ゆっくり上質のお湯に浸かり
東京からかなり離れた別世界を堪能の一夜。

2008年2月 9日 (土)

本物づくし@福井

朝一番で、評判の21世紀美術館へ
ユニークかつ評判の美術館だけに見所満載!

08020902


以前から気になっていた
常設展示のレアンドロの「スイミング・プール」
水面下から水上を覗いたような視点。

08020904


俯瞰すると、強化ガラスに水をはった構造で
視覚的なトリックを使った作品。
もちろん地上からはただのプールのように見える。

08020905


美術館を見学し終え、
キリリとして冷たい空気の中
尾山神社前をテクテク歩く。

08020913


10分ほどで海産物が豊富な近江市場へ
観光客でたいそう賑わっている模様で
お昼時の為、市場内の食堂はどこも長蛇の列。

08020914


先を急ぐ為、食事は金沢駅で食べることに。
タクシーの運転手さんに教えていただいた
金沢駅構内の加賀屋で海鮮丼をいただく。

08020917


次なる目的地の福井へ
車窓からの冬景色は美しいながらも
寒さと降り積もる雪に
冬の生活の厳しさを感じさせます。

08020923


市内で所用を済ませ、
夜は福井の料理屋さんで
蟹と河豚づくしの一夜へ!!

08020924


河豚のお刺身、
厚切りで、いつも口にする河豚と異なり
ちょっと濃厚なお味。
本格的な「ひれ酒」と素晴らしくマッチ!

イカのお造りにもこの「ひれ酒」はばっちりあって格別。
「ひれ酒」は、生臭かったり焦げ臭かったりで
あまり好みではなかったのだけれども
美味しい本物の「ひれ酒」は別格でした。

08020926


そして見事な蟹!
ずぼ蟹と言って、脱皮したての若い「越前がに」とのこと。
柔らかな殻の両端を折って引っ張ると
蟹の身だけがずぼっと抜けるのでずぼ蟹。
茹でたものもたいそう美味しい。

また、しゃぶしゃぶも
新鮮な身の半ナマ食感は
蟹の甘みを増幅してよろしい具合。

08020927


河豚しゃぶ、河豚のから揚げ、蟹味噌と
副産物を次々と平らげ、
お腹はパンパンでした。

08020929


実は今回のこの宴、
地元の酒屋さんの計らいで
醸造元の方、ワインのインポーターさんも
交えてのお酒も大充実の宴でありました。
http://keigetsu2.blog110.fc2.com/blog-entry-31.html

写真にはありませんが
醸造家さんは樽からすくってきたばかりの新酒を
ラベルのないボトルでもってこられたり、
(これがなんとも言いえぬ、みずみずしくて澄んだ味わい。)
数本のご自慢の逸品を堪能させていただきました。

ワインのインポータさんと地元の酒屋さんからは
蟹にあうのはこれだ!と、
ロゼの逸品をご持参いただき。
これまた格別な蟹とのマリアージュ。
皆さんも蟹にロゼ、お試しくださいませ。

本物尽くしの一夜。
シアワセの一言でした。

2008年2月 8日 (金)

味わいのお寿司@金沢

夕方、小松空港に到着。
滑走路にはチラホラ雪がまばらに残る。
吐く息も白く、この時期の日本海側は風が冷たい。

08020804


夕食は片町の「あづま寿し」へ。
以前から気になっていた古い建物のお寿司屋さん。
今回、初めてのれんをくぐりました。

08020806


数人程度ならべるカウンターに常連さんが2名ほど
なんとも落ち着いた雰囲気です。
お店はご主人と奥さんのお二人でやられている様子。

早速、地のお魚をおつまみでお願いしたら
皮付きの鯛と寒ブリを
ちょっと厚切りのお刺身で
堪能させていただきました。

この時期のお魚は脂がのってて
鯛もまた違った美味しさが楽しめます。
また、旬のブリは当然の如く激ウマで、
ブリというお魚を見直す旨さ。

握りは、甘エビ、イカ、あわび、うに、マグロ、そして蟹!
と次々に握っていただきましたが
どれもネタの新鮮さと腕の確かさ故に
満足できる品々。
味わいあるネタに、濃厚なお味が
この時期の北陸のネタの魅力かもしれません。

08020808

満ちたりたお腹とほろ酔い気分ながらも
お代はかなりリーズナブル。
北陸の冬の味覚、恐るべし。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »