フォト
無料ブログはココログ

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月26日 (土)

地底人@札幌

真冬の北海道は初めて。
驚くのは、地下街の賑わいぶり。
この雪の中、地上は当たり前ながら
ほとんど人は歩いていない。

春秋のよい時期を除き札幌の方は
暑くても寒くても地下街を多用するとのこと。
まるで「地底人」のよう。
数年後は大通り駅からJR札幌駅まで
地下道が繋がるようで
繁華街同士が結ばれるとのこと。
利便性も向上し、ますます地上から人が消えるのでは?!

本日も酷寒で
TV塔もボンヤリの大雪。
地上は人もまばら(地下は大賑わい)。

08012607


吹雪の中ススキノ方面に歩き
ブランチ気分でラーメン横丁へ。
そこで目についた店「おぢぢ」に入る。

08012603


ごく普通の味噌ラーメンだけど、
酷寒の中、歩いてきただけあって
身も心も温まる。
創意工夫の最近のラーメン店と異なり
お味は特に特色もないが
これはこれでよい。

08012605


夕方、千歳を発つ前に空港で
「二色丼」をすし屋で注文。
激ウマとは言いがたいが、
値段を考えるとやはり美味しいものを適価で
というような感じである。

08012608

冬の味覚を堪能できる北海道のこの時期。
寒さにお強い方には、
食事だけでもお勧めです。

2008年1月25日 (金)

冬の味覚@札幌

数年ぶりの札幌訪問。
しかも真冬の北海道は初めて。
知人の案内で、「味の三平」へ。
なんと味噌ラーメン発祥のお店らしい。

08012504


味噌ラーメン?!と思わせる
味噌にしては薄い色だが
ちょっとかき混ぜて、スープをすすると
なんともアッサリいい塩梅の味噌味。
そしてお肉はひき肉を少し強めに練った感じで
ホロホロくずれず、麺にいい具合にからまり
細切りのタマネギとあわせて
味を引き立たせる。

08012505


この「三平」、東京なら伊東屋のような
文具ショップの上に何気なくたたずむ。
ビルの窓の「三平」の文字が目印。

08012506


夜は少し雪が降り出して
街はちょっと美しく幻想的な趣き。
されど、すごく寒い!

08012508


狸小路市場の「すしの下倉」へ。
どうも要予約のお店らしいが
店主と常連のお客様のご配慮で無事店内に。
なんとこのお店、入り口外で靴をぬぐ。

08012511


カウンターに座ると
どうも膝の辺りにはヒーターがあるのか暖かく、
木の床に素足とかなり落ち着く雰囲気。

最初は、つまみに地のお魚を
リッパな牡丹海老、ホタテ、平目、エンガワ、さより
大間の鮪のカマトロなんかも。
牡丹海老の頭は炙ってくださり
さよりは、なんと皮を串焼きに。
これが熱燗に合うこと!

08012512


握りっていただいても、
日高の大助、平目の昆布シメ・・・・
そして見事な塩うにを。
これは醤油なしでいただける逸品。
北海道の雲丹はどこか薄味かと思いきや。
いやいや濃厚でこそないが
上品かつコクある美味しさ。

08012513


吹雪の中、駅前のホテルに戻ると
美しい雪景色。

08012515

北海道の美味しい一夜。

2008年1月 2日 (水)

あったかなツーリング@関東

31日、1日、2日と首都圏の辺境を酷寒の中
所用でちょっとしたツーリング。

31日は立川-町田-横浜 198km
 1日は横浜-川崎-川口 176km
 2日は成田-流山-大宮 249km

31日は大晦日の日らしく
なんとも世の中は収束に向かいつつ、
立川郊外は空気も澄んで
夕方の冷気と夕焼けを浴びる山々が
とても美しい感じでした。

08010202

町田、横浜の街も
多少の慌しさもあるのですが
喧騒の中にも新しい年を迎える準備も整い、
どことなく歩調も緩やかな人波が印象的。

帰りのベイブリッジはガラ空き状態で
冬の港湾とさびしげな工場群が近未来的で
なんとも幻想的な景色!


1、2日の首都高は一部を除き
こんなにスピードを出せる機会はない!
と言うほどの空きぶり。
昼中に川崎から川口まで東京の真ん中を抜けて
40分程度というのは普段では考えられません。

そして、この冬の高速ツーリング用に新たなガジェットが。
へラープラグから伸びるこの電線の先に付くもの!

08010207


KLAN 電熱ウェア です。
どんなものかと購入してみたら、
風をモロに浴び続けても冷えることがない
病みつきになりそうなウェアでした。

構造はフリースジャケットの中に電熱線がすみずみまで配線され
バッテリーから電源をとるしくみ。
電源はヘラープラグからでもバッテリー直結でも取り付けられ
各種コネクターが別売で充実しているので
どんなバイクにも取り付けられるそうです。

08010209

湾岸道路の冷たい海風も
印旛郡のさぶーい北風も
東関道で1xx km/h出しても
問題なくクリアできたスグレモノです。

ただ、他のブログでみるような
これさえあればTシャツ1枚で十分とは
いかないと思います。

風をシャットアウトするウエアと組み合わせて
初めて効果が発揮され、
更に電熱ウェアの下に
保温効果のあるシャツを着込めば万全。

また、一般道で陽射しが強い時は
真冬でも暑くなるので
スイッチを切る必要があります。
高速道路ではスイッチ入れっぱなしで
ちょうどよい程度(寒くも暑くもない程度)でした。

しかし、これ以外にも、
この電熱ウェアには意外な効果が!

それは暖かい保温効果の為
長時間運転しても肩がこらない!
これは発見でした。

冬のツーリングが楽しめる強力なサポートグッズです。
次は指先まで温まる電熱グローブも購入してしまおうかな?!

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします!!

2007年 映画Best3!は
1.トランスフォーマー:荒唐無稽の設定ながら畳み掛けるような演出とCGの凄みで最後まで強引に突き進むハリウッドのおバカ映画の底力に圧倒!!

2.パンズラビリンス:エンターテイメント性豊か、かつダークさ加減に節度あり映像の光量感と音と特撮が織りなす大人感覚のファンタジーに感嘆!!

3.リトル・ミス・サンシャイン
壊れゆく黄色いバスと対照的に家族の結束が固まる。『負け犬とは、負けたヤツのことではなく、挑戦しないヤツのこと。』なんだよね、納得!!

番外:脇役まで充実の役者陣「ブラッド・ダイヤモンド」D・フィンチャー久々の新作、ドキュメンタリーにしてリッパなアートフィルム「ゾディアック」

そして音楽は、4月の水戸芸術館での高橋悠治

CDは、オノフリのMozartとクレーメルの弦楽版Mahler!

今年もブログも引き続きよろしくお願いします!!

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »