フォト
無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月22日 (土)

ドヤ街のごちそう@大阪

大阪ドヤ街付近、動物園前駅にて。
危なげなこの界隈、ジャンバーを羽織り、
極力周囲に溶け込みなじんで
徘徊するのがコツ。

日本で、どこよりもアジアな感じ、昭和な感じ、
いささか物騒な地域であるけれども
なぜか懐かしさあふれ、ご飯も美味しい街。
大阪で時間が空くと自然と足が向く。

今日は夜も遅めなので、
新世界のジャンジャン横丁に串かつを食しに。
機会がある度に「八重勝」、「だるま」と有名店を
順にまわったので、今回は「てんぐ」を選択。

07122203


隣のオッちゃん2人は、
ギャンブルで儲かったらしく
牡蠣フライに串かつとビールで賭け事談義。

横の高齢夫婦とおぼしき2人は
熱燗と大量のフライを一度に注文、
食べるのもそっちのけで
身内の影口大会。

猥雑なことこの上ない店内。
だが、カウンターに一人たたずんでいても
なぜか居心地がよい。

で、肝心のお食事。

例えば、このサクサクの衣の中に
ふんわり甘い貝柱が入った「貝柱フライ」!
ビールがすすみます。
写真奥はなくなると次々足してくれる無料のキャベツ。
ソースをつけてアテにしてもよし、
口直しにパリパリ食してもよし、
の優れたサイドメニュー。

07122206


向かいにはこれからあげられる食材が。。。
たまご、レンコン、青ト、ウィンナー等々、

07122207


熱燗を頼むとアルミのカップになみなみと注がれてでてきます。
これを手酌で、ユルユル呑みながら
3本ペースくらいでフライを頼み
ゆっくり揚げたてを楽しむ。

写真奥は「二度付け禁止」のソース。
サラサラのソースで、フライの衣も軽い為、
日本酒でも「てんぷら」同様、相性よしです。

07122209


そして、「どてやき」
牛のスジ肉の煮込みです。
これがまた日本酒に合います!!

07122210


食後は、ほろ酔いで周辺を散歩し
「じゃりん子チエ」の世界を。。

あまりにレトロかつ荒んだ店構えに
ちょっと危なげな感じがするも、
鍋には美味しそうな煮込みが仕込んであったり、
ホルモン焼きの匂いが立ち込めるお店たちを横目に
次回はチャレンジ品目を心に決めた、大阪の夜。


07122221


<おまけ>
各種クリスマスツリー
どうも昨今は青が主流のようで。

07122283


07122285


07122287


07122288


2007年12月15日 (土)

映画 アイ・アム・レジェンド I AM LEGEND

071215iamlegend


STORY
2012 年、人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビルだけが生き残る。彼は究極の孤独と闘いながら、愛犬サムとともにほかの生存者の存在を信じて無線で交信を続ける。太陽の光が消え去ると、いっせいにうごめき出す不気味な影、“ダーク・シーカーズ”の脅威と闘いながら、途切れそうになる希望をたぐり続ける日々。そんなある日、ネビルは、ある驚くべき事実に気づく。

------------------------------------------------------

とても重要なテーマであるリチャード・マシスン原作のラストが
バッサリ変更されているのが時代性なのか・・・
社会派とか暗喩とか、はもはや不要なのか・・・
映画自体の感想をはずれて悩んでしまうのだが、
作品としてはマズマズの面白さ。

無人かつ廃墟に満ちたNYに
豊かな自然が広がり
小鳥のさえずりや陽光がもどっている近未来図は
新鮮で斬新かつ大胆な着想。
ここは定型的な「うす曇」と「闇夜」を背景にした
ヴァンパイア物語の原作設定と異なる。

自分はNY観光を古代ローマの遺跡散策のノリで
体験できる映像を観ることで満足した。
細かなことや「地球最後の男」の物語性を
求めなければ、代金相応の娯楽作品。

@ユナイテッド・シネマ豊洲

2007年12月 9日 (日)

変貌中@東京駅

夜から軽い買い物ついでに
丸ビル内の「RISTORANTE HiRo CENTRO」へ

レストランとは名ばかりで
テーブルの間隔も狭い上に、
スタッフは忙しなく、トラットリアな感じ、
入店後、ちょっと不安になってしまいました。

東京駅そばで丸ビルという立地から
客層も落ち着きがないのも要因だったのかもしれません。

ただ、料理はかなり楽しめるレストランでした。
遊び心と独創性がありながら
才気走り過ぎているわけでもなく
味もイタリアンの趣向をはずさない。
次のお皿をワクワク待つ楽しみがありました。


「フォアグラのローストと五穀米のドライカレー」
はホンノリカレー風味に
コテコテ濃ユイのフォアグラがマッチしてます。

07120903


「ラグーソースのタリアッテッレ」
細いパスタに、ピリカラのラグーソースが
見事にからまって、
食感と舌への刺激のハーモニーが見事。

07120905


「黒毛和牛ロース肉のハンバーグ」
フライパンでサッと火を通したハンバーグは
たまねぎの旨みと上質の肉のレアを楽しめました。

07120907


デザートは「ソルティドック」仕立てのシャーベット。
パウダースノウのシャーベットに塩をほんのり混ぜて、
その下には刻んだグレープフルーツが!
意表はつくほどではないが、
シアワセが口に広がるデザート。


新丸ビルに続いて八重洲口には大丸もオープン。
美味しいところも増殖中で
東京駅周辺は目が離せません。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »