フォト
無料ブログはココログ

« 200年の鮨@? | トップページ | 空の日@成田 »

2007年9月 2日 (日)

映画 レミーのおいしいレストラン RATATOUILLE

070902remy


STORY
すぐれた鼻と舌を持つネズミのレミーは、一流シェフになるのが夢。ひょんなことからパリにたどり着いた彼は、今は亡き名シェフ・グストーの幽霊に出会い、彼のものだったレストランへ導かれる。そこで料理の才能ゼロの見習いシェフ・リングイニが、店の大事なスープを台なしにしてしまうのを見たレミーは、思わず味を整えに走る。レミーの才能を知ったリングイニは、二人でパリ一番のシェフを目指す…!?

------------------------------------------------------
L.A.に行った際、プレミエイベントをしていた「RATATOUILLE」(邦題:レミーのおいしいレストラン)。
気になりつつも、最終日の今日やっと観る。

原題の「RATATOUILLE」が
なぜ原題たるかを映画を観てわかり、
ナルホドとハッピーな一日。

ネズミが料理を作り、大量にネズミ登場する為、
巷では「料理映画でこれはどうよ?」のような
賛否両論があったようながら、
自分的にはかなり楽しめた。

まずは、味わいの表現!
吹き出しを使い、色と形で味わいを表現するのだが
思わず生唾を呑むよう美味しさが伝わってくる上手さ。

クライマックスの厳しい評論家に食させる瞬間もそう。
ベタな表現ながら、あっと言う間に
味わいや旨さを伝える。

そして、エンドタイトルにも白眉が。
今までの3Dアニメが
すべて平面アニメに切り替わり
なんとも懐かしい味わいなんですね、コレが。

ピクサー恐るべし。

« 200年の鮨@? | トップページ | 空の日@成田 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/7779584

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 レミーのおいしいレストラン RATATOUILLE:

« 200年の鮨@? | トップページ | 空の日@成田 »