フォト
無料ブログはココログ

« 魚の旨さ@静岡浜松 | トップページ | 映画 パンズラビリンス El Laberinto del Fauno »

2007年9月30日 (日)

FLYING MOLE DAD-M310

先日、KRELL KSA-100Sが昇天してしまいました。

070930krellksa100s


演奏中に突然カチンという音がアンプ内部からしたと思いきや
白煙を噴き出して、慌てて電源を落とした次第、
あっという間のご臨終。

輸入元のアクシスに問い合わせると
 ご指摘の症状はパワートランジスタの焼損や
 電源部のローカルに配置されたキャパシターのショート等が
 考えられます。
とのこと。
更にショックなのは
 当該モデルは昨年3月に修理受付を終了しております。
との結果。
発売から10年以上経つので仕方ないのだけども
デザインも気に入っていたので残念。

そして、迷いつつ導入したのが
FLYING MOLE DAD-M310

070930moledmdm310

デジタルパワーアンプ。
デジタルアンプは、これからの技術ながら
日本ではソニーやシャープ、海外ではTactNuforceなんかが
商品を投入して数年になります。

ただ、雑誌記事での取り扱いもあまりなく情報も少ない状況。
これを機会に少々安めのFLYING MOLEで
デジタルアンプを試してみたいというのが今回の購入根拠。

写真の大理石のアンプ置き台は
以前と同じサイズなので随分コンパクトになったのがわかります。
また、重量もDAD-M310が4kg/台と
KSA-100Sの32kgに比してグッと軽くなりました。

効率がよいのがデジタルアンプの特徴で
300W/4Ωとパワーアップしながら
発熱も少なく、省スペース。

入力はXLRのバランス入力が可能であり
出力はバナナプラグなので
現状の機器との結線も問題なし。

で、導入結果ですが、変化は明白。
音は伸びやかで、みずみずしくなりました。
またコンデンサー型スピーカーの瞬発力が
とても効くようになった気がします。

ただ、デジタル化なのかアンプの出力向上なのか
どちらかの寄与がどの程度影響しているかは不明。
クレルも途中オーバーホールしたとはいえ
パーツも老朽化していただろうし、
簡単には比較できません。

ただ、音はかなり明晰になりました。
(いわゆるデジタル臭さや硬さはありません。)
スネアドラムのシャラシャラした集合音が
かなり粒立ちよくパラパラした音として
聞き取ることができます。

お試しの購入だったのですが
しばらく使ってみたくなってきました。

<<システム構成>>
 スピーカー:MartinLogan Sequel 3
 プリアンプ:MarkLevinson No.380L
 パワーアンプ:FLYING MOLE DAD-M310
 CDプレーヤー:ESOTERIC X-50w 
 レコードプレーヤー:LINN AXIS
 カートリッジ:ORTOFON MC Kontrapunkt-a
 フォノアンプ:SHELTER MODEL216

« 魚の旨さ@静岡浜松 | トップページ | 映画 パンズラビリンス El Laberinto del Fauno »

コメント

コメントをありがとうございます。
Krellは本当に残念でした。
しかし、これをきっかけにデジタルアンプへの新陳代謝が図れたのもよき機会でもあります。
Acoustic Reality 関心度高し、です。仕上げがきれいそうで。ただ、まだ国内代理店がないのですかね?

ちなみにKrellは下取りと言うか部品取りのマニアの方の為にダイナミックオーディオさんが無償で持っていかれました。
どこかで息を吹き返しているかもしれません。

Krellが昇天してしまったのは残念でしたね。パワーアンプは発熱するから比較的壊れやすいとは思うのですが・・・しかたないですよね。後継として導入された Flying Mole のアンプ、良い音を奏でているようで何よりです!!!うちは ONKYOや Acoustic Reality のデジタルアンプを使っていますが、「明晰」というのは共通ですね。Flying Mole のアンプも良さそうで、興味あります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/8173797

この記事へのトラックバック一覧です: FLYING MOLE DAD-M310:

« 魚の旨さ@静岡浜松 | トップページ | 映画 パンズラビリンス El Laberinto del Fauno »