フォト
無料ブログはココログ

« CompactPro meets 亜細亜式@北見 | トップページ | 鳥の歌@知床 »

2007年6月 3日 (日)

SHOEI@オホーツク海

SHOEIとはヘルメットメーカー。
今回のツーリングに先立ち
ひとつだけ装備を買い換えた。
それが、このSHOEIのヘルメットMULTITEC

3


以前も、このタイプの旧型-写真右-
(アクティブプロテクターといわれる
 アゴの保護部分が開閉できる)を
使用していたが
デザイン面での改良だけでなく
重さなど圧倒的に快適になっている。

2_1

1_1


ジェットヘルの利点と同様に
アゴの部分が上がるので
私のようなメガネ着用者は
メガネをかけたまま被ることができ
便利この上ない。

実際の使用感では、
・フルフェイスでこんなに軽いの?!
・風切り音が消えかなり静か!
といったところ。
また、旧型は開閉スイッチが左右についていたが、
今回のものは中央一箇所になり、
片手で開閉スイッチを操作できる。
これは操作性が向上した上に
信号待ちなどでクラッチを握ったまま
操作できるので、けっこう便利かもしれない。


そして今回
このヘルメットの効果が発揮されたのは
寒さ対策!
今回の北海道ツーリング
気温は14度から20度と寒暖の変化はあるものの
この程度なら衣類は通常のウエアで十分補えたのだが
顔は無防備。

冷たい風に対して、
フルフェイス型はとても効果的だった、
首から入ってくる風の冷たさと
ひっきりなしに吹く海風の風きり音対策は
運転時の快適性を向上させるもので
これがかなり運転に影響していると思われる。

シューベルトのヘルメットとも迷ったのだが
ひとつのメーカーの技術開発努力を体感したく
こちらを購入。
現在のところ、高速運転時にシールドのヒンジ部分が
キュルキュル鳴くことを除き概ね良好。


~今日の一日~

友人M宅でぐっすり眠った後、
たいへん美味しい朝食をいただき
ちょっと遅めの11時に北見を出発。

青い空と青い海、
身体はポカポカするも風は冷たいオホーツク海。
途中、網走湖近辺では潮干狩りに勤しむ家族多数あり、
日曜日のためか普段以上にノンビリムードが漂う。

07060301


能取岬に到着。
遠くに見える山々は知床半島、
本日の目的地。

07060302


道中、以前スルーした網走刑務所を見学。

07060311


07060312


監獄飯を500円で食す。
メニューは
お約束の麦ご飯(麦3:白米7)
 鶏肉と竹輪の炒め物
 いんげんと油揚げの煮物
 イカの酢味噌和え
 五目山芋汁
で720kcalとのこと。
素材もよくて美味しい。

07060313


午後は、オホーツク海沿岸をひた走り、
原生花園に立ち寄る。

07060341


鳴り砂浜、砂がキュキュと鳴く砂浜。
海の水も透明で綺麗。

07060342


16時に知床半島、ウトロに到着。
温泉に使った後、夕暮れ時は海岸で過ごす。
美しい日没。

07060344


黄金色に変わる港の風景。

07060344_


夜は漁師も集まる居酒屋でうにいくら丼。

07060345


そしてツブ貝のつぼ焼き。

07060346


知床の夕日は、かなり心に残った。
澄み切った空気、
そしてオレンジの透過色に染まった風景、
海辺で景色をまったり、ゆったり楽しむ贅沢至極なひととき。


本日の走破距離 165km

« CompactPro meets 亜細亜式@北見 | トップページ | 鳥の歌@知床 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/6680300

この記事へのトラックバック一覧です: SHOEI@オホーツク海:

« CompactPro meets 亜細亜式@北見 | トップページ | 鳥の歌@知床 »