フォト
無料ブログはココログ

« SHOEI@オホーツク海 | トップページ | よきホテル@十勝 »

2007年6月 4日 (月)

鳥の歌@知床

知床五湖の散策をしつつ
湖畔の石に座り一呼吸。

前後に他の人はおらず、
一人、ノンビリしてると横の藪がゴソゴソ
注視すると蛇がニョロニョロ。

さらにしばらく眠気も覚めやらない様子で
気が抜けたようにお休みをしていると
木々から様々の鳥の声が聞えてくる。
静寂中から、いきなりステレオのボリュームをひねった感じだった。
実は、今の今まで鳥の声をそんなに美しいとは思ったことはなく、
ちょっと自分でも驚く。

どうも空気と関係しているのかな、と。
澄んだ空気の中、鳥の声も伸びやかに
音が耳に届いてくる様は、まさにピュアな音楽。

この旅から戻ったら
是非、メシアンの「鳥のカタログ」
真面目に聴き直そう、と思った。



~今日の一日~

朝8時ウトロを発ち、知床五湖へ
羅臼岳を含めた知床半島の山々を眺め
気持ちよい空気の中、流すように走る。
途中、道路わきで鹿も見かけ山深いところに来た実感。

07060401


07060402


知床五湖の2湖からの景色。

07060411


五湖巡りは当然歩きになるのだが
ワークブーツ着用で助かった。
やはりロングツーリングはバイクブーツではなく
ワークブーツに限る。

まだ、朝早い為観光客もまばらで
快適なハイキング。
鹿はウロウロ、
人が手出しをしないのを知ってる為、
悠々と目の前で食物を物色。

07060412


ヒグマ出没中とのことで
残念ながら残りの湖は次回のお楽しみに。

07060413


知床峠へ、まだ雪も残っているが
そんなに寒いわけでもない。
峠道は朝9時から開通なので
早朝ツーリングは不可、
今日はノンビリモードだったので、ちょうどよく通過。

07060421

知床峠を下り、羅臼着。
写真は「北の国から-’02遺言-」ロケ地になったコンビ二、
実在しててちょっと驚き。
その他にも水産加工場やら番屋、スナック等
ロケ地が散在しており「道の駅」に、
所在地の案内紙が置いてある。

07060422


実は、宿泊を羅臼かウトロかと迷ったのだが
やはり宿泊するなら宿も豊富なウトロといった印象。
ただし、海産物の食事や買い物は羅臼はよさげ。

羅臼を通過し、お昼を目標に一路根室に向かう。
途中は背に知床の山々、国後島を横目に
オホーツク海沿いを南下。

07060423


07060424


07060425


12時半に根室着。
この時とばかりに銀行でお金をおろし
その後ウロウロ食事場所を探すが
なかなか見つからず
駅そばの寿司屋にフラッと入る。

07060431


地のものばかりを握ったお寿司をいただく!
これがどれも完璧の鮮度とお味。
「サーモン」は寿司ネタとしては
日頃苦手としていたが、これは別格であった。
油のしつこさが一切なく、
そこそこのネットリ感と鮭独特の風味を堪能。
「うに」はお塩でいただく、
軍艦巻きなんかには当然していない。

07060432


食事後は、摩周湖に向かって、今度は内陸を走る。
牧場の間の平坦な一本道をすべる様に流して走る。

07060441


07060441_


そして摩周湖に!
こんなに美しい湖とは、思いもよらなかった。
澄み切った湖面の色、
遠景に摩周岳を臨む視野に入る景色のダイナミックさ、
見事である。

07060442


そして、実は20年ぶりのリベンジ。
やっと観れた感も感動にプラスしている。
下記はちょうど20年前の写真だが
現在は土産店、展望台も見違えるように整備されていた。

07060442_1


夕暮れ近く屈斜路湖の湖畔を走り、阿寒湖の温泉街へ。

07060443


夕食はバイキング形式ながら、
阿寒湖に面した快適な空間での食事。

07060444


夜はホテルでマッサージをお願いする。
このマッサージをしてくれた方が
素敵な方で北海道話をいろいろ聞かせてくださる。

以前食堂を経営されていた際に
ライダーを随分とアルバイトで雇ったと言う話から
そのまま北海道に定着されたライダーの話、
都会に戻ってもすぐに北海道に舞い戻ってきた夫婦の話等々を
おりまぜ北海道でのリアルな生活の様々。

冬の生活を含めて、環境は厳しいけれど、
替えがたい「良さ」もあるのも事実。
この歳にして、ちょっと長めの北海道旅行をし
なんとなくその「良さ」も理解できた。


本日の走破距離 414km

« SHOEI@オホーツク海 | トップページ | よきホテル@十勝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/6680309

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥の歌@知床:

« SHOEI@オホーツク海 | トップページ | よきホテル@十勝 »