フォト
無料ブログはココログ

« ピース!@Monument Valley | トップページ | 交通機関@L.A. »

2007年6月22日 (金)

米国のライダー@Holbrook

宿泊している「WIGWAM MOTEL」の駐車場で
早朝、バイクをチェックしていると
ご婦人に声をかけられた。

「このバイクはどうしたんだ?」等々
尋ねられ返答していると、
フト旦那さんと思しき人が
無口に横に立っていることに気がつく。

二言三言話をしている内に
「自分たちもオートバイで旅行している」、
そして、ご婦人が旦那に命令口調で
「ウチのバイクを持ってきなさい」と言うと、
旦那さんは無言で深くうなずき、
ほどなくして、サイドカー(側車)付きのハーレーが
ドドドッと眼前に現れた。

07062203


どうも道路にサイドカーを止め
「WIGWAM MOTEL」を見学してると
奥のほうでハーレーをいじっている自分を
見つけたので声をかけたらしい。

ドライブインでも、路肩に停めていても
ライダー同士はすぐに会話が成り立つ。
そして、お互いのバイク自慢。
遠目で互いのバイクを物色している
日本のライダーとはチト違う面白さ。

このご婦人、
このハーレーまたがらせてくれた上に
ポーズまで指示されて写真を撮ることに。

更にはサイドカー(側車)の構造をくまなく見せてくれた。
ちょっと驚いたのは、背もたれ後ろに
かなりの収納スペースがあること。
これだけあれば、ロングツーリングも難なくこなせる。

ご婦人が腰を痛めてタンデムができなくなり
サイドカーにした、とのことだが。
サイドカーは大きなシートといい、
カップホルダーなんかもついており
コーヒーを飲みながら、かなり快適そう。

さて、この旦那さん
終始、無口なのだがバイクへの愛着は明らか。
ツーリング中にして
このピカピカに磨き上げられた車体。
そして完璧な荷物のパッキング。
無口ながら自信満々。

バイクもすごかったけど、
夫婦の有様もすごかった。

~今日の一日~


ルート
Holbrook - Show Low - Glove - Apach Junction - Phoenix

今日はツーリング最終日。
「WIGWAM MOTEL」でのすがすがしい朝。
このモーテル、駐車場も広くて、
モーテルなのにコテージ風
もうこんな贅沢なつくりのモーテルは
今後できないかもしれません。

07062201


早起きをするといいことがあるもので
国道沿いのモーテルでありながら
なんと、うさぎがヒョコヒョコ駐車場を走ってるのを見かけたり
冒頭のライダーとの出会いがあったりと
よきことしきり。

07062202


朝はマクドナルドで軽く食事をした後
街道筋(ルート66)の面影がある町々を横目に
Gloveに向けて出発。

07062212


07062213


07062214


道中の町々 は中規模ながら
環境のよさげな町が多く
芝生が植えられた家々がきれいに立ち並ぶ。

07062215


そして、これら町を抜けると
美しい自然の待つアパッチインデアンの居留地へ。

07062216


山深く渓谷が美しい地帯を通り抜ける。
南下し高度も下がりつつあるが
まだ、気温はたいして暑くはない。

07062222


いよいよ今日でお別れになるソフテイル。
短い期間ながらも距離は走っただけに
愛着もかなりわいている。

07062223


下り道は気持ちよく走るのだが
気温も上がり始め、
下界は猛暑の予感。。。

07062241


昼食はGloveにてケンタッキー。
例によってコンボを食べる。
が、学習して少なめのコンボに。
味は日本と変わりないが、
いささか鶏肉が水っぽい感じ。
田舎だからか店員はすべて白人で意外。
都会と異なりサービスもよく接客も丁寧。

07062242


昼食後は、
Phoenixの東端にあるApach Junctionに向かう。
気温はグングン上がり45℃、
直射日光もキツく肌が露出すると
皮膚が焼けるよう。

07062262


Apach Junctionには大きなハーレーショップがあり、
そこに立ち寄る。
サービスがよく、キリリと冷えたボトルウォーターをもらい
各種の車種やアクセサリーを眺める。

07062263


ほどなくてしてPhoenixに到着。
もう、うだるとか云々より
鉄板で焼かれるような暑さ。

早々にハーレーを返却、
無傷で返却できてホッとする。

そして、宿へ
宿は初日に泊まったモーテル(Old Scottsdale Inn)。
ザッと浴びるシャワーがとても気持ちよい。
そして、お隣のメキシカン料理店で
打ち上げをかねての夕食。

07062272

食事の際に、木村さんから
「フリーダム アメリカ インク」創業までのご苦労等
米国起業話をたいへん面白おかしく聞かせてもらう。
グリーンカードを取得し、共働きで子育てをしつつ
家庭と仕事を両立させながら会社を経営していく。
なかなか凄まじくカッコのよい生き様でした。

旅行も楽しかったが、
木村氏と知り合えたこと、
木村氏から米国人の視点で
ナマの体験談を日々聞かせてもらえたことは
とても刺激的であった。

本日の走行距離 373km

« ピース!@Monument Valley | トップページ | 交通機関@L.A. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/6986773

この記事へのトラックバック一覧です: 米国のライダー@Holbrook:

« ピース!@Monument Valley | トップページ | 交通機関@L.A. »