フォト
無料ブログはココログ

« 三代目のお目見え | トップページ | 紀伊半島ツーリング 初日 »

2007年5月23日 (水)

映画 スリーハンドレッド 300

300

STORY
紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。しかしレオニダスは遣いを葬り去り、ペルシアと戦う道を選んだ。託宣師のお告げも無視し、テルモピュライでの決戦に挑むスパルタの精鋭たち。その数はたった300人。対するペルシアの軍勢は、なんと100万の大軍だった…。

------------------------------------------------------
試写で新宿厚生年金会館。
全米大ヒット、前評判もなかなかで期待の一作。

されど、ちょっとダサめ劇画タッチの
http://wwws.warnerbros.co.jp/300/
を観て気がつくべきでありました。

徹底した劇画調、漫画っぽいアングル、
コントラストの高い映像、
スローモーションを多用したカンフー映画風の戦闘シーン。
歴史映画というよりも完全な娯楽作品で
少々B級のノリあり、です。

血が飛び出しても、首が飛んでも
2次元の漫画を読んでいるよう、
スプラッター映画調にならないのはよいのですが、
最後まで紙芝居を観ているようでした。

ただ、B級映画好きの方には強くお勧めできます。

« 三代目のお目見え | トップページ | 紀伊半島ツーリング 初日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/6529354

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 スリーハンドレッド 300:

« 三代目のお目見え | トップページ | 紀伊半島ツーリング 初日 »