フォト
無料ブログはココログ

« 映画 バベル BABEL | トップページ | 猿ヶ京温泉 初日 »

2007年4月29日 (日)

パニアケース改造

知人M氏誘導のもと富士山の周囲一周ツーリング。
周囲360°から眺めることで、富士山の様々な表情が楽しめます。
ルートは横浜町田IC→津久井湖→道志みち→富士五湖巡り→朝霧高原→御殿場IC。M氏曰く、この時期これだけキレイに富士山が見えるのは珍しいとのこと。

070429

いささか肌寒いながらも穏やか日和で、
空はまるで秋空のような碧空。
富士山をバックに広大に拡がる裾野、
開放感あふれるツーリングでした。


で、そのツーリングのために前日はパニアケースを改造。
デカパニから薄型パニへ、
リッドというパニアケースの表蓋を交換しました。

これでパニアケースが横に張り出さず
ボクサーエンジン幅やハンドル幅内に納まり
渋滞時のすり抜けが可能になるという代物。

この改造によって、
次回からはリッドだけ取り替えれば
大容量、小容量両方使えるようになります。

リッド交換の所要時間も、
片方につきヒンジ部分のネジを4箇所を
レンチを用いて外して締め直すだけなので10分程度でしょう。
長距離、連泊ツーリングはデカパニで、
普段は薄パニ常備で、という使い方を目論んでいます。

デカパニ時
070429_1

薄パニ時
070429_2


交換方法については下記に詳しいのですが、
他の方のために補筆の意味で少々。
http://www.ryukyu.ne.jp/~schaft/bmwplatz/item/pannier/pannierrid.html

まず必要機材(薄型リッド)を今回は「動研」ではなく
EuroNetShop
にて欧州から純正品を輸入購入しました。

BMW純正シティケース リッド(薄型フタのみ) -左右2個セット-

 注)取り付けには『薄型リッド取り付けパーツ』(bp2c:2,600円)が
    必要です。BMWロゴ、リフレクターは含んでいません。
    別途に購入してください。
とあるので注意を。
また、関税等で900円ほど別途かかり、
受取時現金で支払う必要があります。

次に、必要工具は
電動ドリルφ4.5 兼 電動プラスドライバー、ペンチ、スパナ7mm
になります。

070429_3


●電動ドリルφ4.5/電動プラスドライバー
付属の取付説明書にはφ4.0となっていますが、
フランジ部分をドーナツ状に切り取るにはφ4.5必要でした。

下記写真の右のワッシャーのようなものが
フランジ部分を切り取ったドーナツです。
写真の左は抜き取ったリベット二本で、
穴の空いている上面にフランジが付いていました。

パニアケースの内側から
リベットの頭をドリルで徐々に削っていき
ドーナツ状になると、
ポロっとワッシャー型になってとれます。

070429_4

●ペンチ
リベットをパニアケース外側から
引き抜く際に使います。
しっかりハマって硬くなったリベットと
スルスル抜けるリベットとあり、
硬いものは、ヒンジを痛めない様に
ジワジワ緩めながら抜く必要があります。

●スパナ7mm
リベットを抜いた代替の止め具が
ボルトタイプのネジになっています。
これによって前述した通り、
次回からのリッド交換が楽になります。

その際、ボルトタイプのネジの相手側が
7mmのナットなので、このスパナが必須になります。
一人で作業する際は片手でスパナでナットを押さえ
もう一方の手で電動プラスドライバー(トルクは最小)を操作すれば
あっという間に締められるので便利です。


薄パニの使用感は上々です。
ちょっとした外出でも
荷物を肩がけしなくてよく、
片方に常時雨具を入れておくことができ
とても重宝しそうです。

また、そんなにハードな走りはしませんが、
トップケースと異なり
バイクの重心が下方向に寄るので
走行時に安定感があります。

« 映画 バベル BABEL | トップページ | 猿ヶ京温泉 初日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/6254152

この記事へのトラックバック一覧です: パニアケース改造:

« 映画 バベル BABEL | トップページ | 猿ヶ京温泉 初日 »