フォト
無料ブログはココログ

« 新規投稿-1995年9月 2日 デンバーへ~米国~ | トップページ | 京都デ食い倒れ!2日目 »

2007年1月20日 (土)

京都デ食い倒れ!

長屋を中心とした京都のリノベーション店舗の見学と
食い倒れを目的として、2日間京都の中心街を歩き回ってきました。

まずは見事な長屋リノベーションのポールスミス(これは夏季に訪れた際の写真)

070120t01

そして今回夜に再訪した際の外観、
夜も見栄えのする素敵な店舗です。

070120t01_1

そして、店舗内。
レジの向こうには町屋特有の中庭に通じる通り庭、
これもうまく活用して奥の離れの導線に。

070120t02


こちらは町屋でありながら
ファザードにトンネルのような入り口を作り
内と外の世界観をあえて断絶させる独特の工夫。

070120t03

そして、その内部には坪庭を生かし木を植えた
ガラス張りの吹き抜けをつくりモダンな世界が拡がる。

070120t04


旧日本銀行京都支店(現京都府京都文化博物館)の外観。

070120t05

内部は、銀行時代の窓口を残し、
この裏には博物館の展示会場に。

070120t07

この窓口、下段のひとつひとつの格子窓が開き
外観からわからないようなストッパーが各窓ついている、
見事な職人技でした。

070120t06

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
続いて、京都ご飯編!

まずは新幹線の中での「チキン弁当」の朝ごはん
どうという特色もなく、浮気したくとも、
列車に乗るときは結局コレ。

070120g01_3

お昼は、大昔から気になっていた「三嶋亭」!

070120g02_1


座敷はこんな雰囲気で、年季も入り懐かしい情緒あふれる店内。

070120g03

そして、独特の八角鍋ですきやきをいただく。

070120g04


お三時は同志社大学横の「わびすけ」!

070120g05_1

名物「いもねぎ」でお燗を一本。
冬の厳しい京都で、気分も身体も温まる一品。

070120g06


そして、ディナーは四条大橋横の「東華菜館」で。
1926年建築の装飾がとても美しいスパニッシュ・スタイルの建物。
京都にかつて住みながら、一度も入ったことがありませんでした。

070120g07

エレベータは蛇腹引格子で手動のレバーで運転する
超オールドスタイル。

070120g08

席は鴨川の夜景を臨む素敵な場所でした。

070120g09

そして絶品の料理の数々。

070120


深夜は先斗町の「ウォッカバー・ナカニシ」へ
マトリョーシカの並ぶ外観は如何にもロシア!

070120g10

中西さんご自身からご説明を受けながら飲む
グルジアワイン、グルジアブランデーのうまいこと。
そして数多ある中から好みに応じて選定してくれるウォッカ!
また、なんと手作りのレーンズンパイのうまいこと!

070120g11

ロシアの建築物の写真集を眺めつつ
ロシアのお酒を京都で堪能できるとは!!
気分はもうロシアです。
旅行記「ロシア編」を早くまとめねば。。。

« 新規投稿-1995年9月 2日 デンバーへ~米国~ | トップページ | 京都デ食い倒れ!2日目 »

コメント

コメントありがとうございます。
実は学生時代にあこがれつつも
敷居が高かったお店ばかりなんです。
京都のお近くにお住まいとは
うらやましい限りです。
時間のユルやかなあの街は
遠方に住んでいていても
たまにフラっと行きたくなります。

京都、ほんまええですよね♪
近いのに意外と知らんのです。
日帰りやからしっかり見られへんのかも?

それにしても八角形のお鍋は初めて見ました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/5038237

この記事へのトラックバック一覧です: 京都デ食い倒れ!:

« 新規投稿-1995年9月 2日 デンバーへ~米国~ | トップページ | 京都デ食い倒れ!2日目 »