フォト
無料ブログはココログ

« 新規投稿-2002年2月23日 オペラ座の怪人/De La Guarda~米国~ | トップページ | のだめ、燃焼! »

2006年12月16日 (土)

映画 硫黄島からの手紙 Letters from Iwo Jima

061216

映画の冒頭、
硫黄島の海岸からすり鉢山を臨んだ絵、
続いて、前作「父親たちの星条旗」ラストにて
兵士が戯れた海の俯瞰の視座につらなり
あっという間に、前作の世界にとりこまれる!お見事!

硫黄島二部作、
今回は敗戦の色が濃く漂う日本側の視点で
不毛な戦争に巻き込まれていく
個々の兵士を淡々と描く。

中盤からは日本軍が徐々に島の北部に
追い詰められていく様が息苦しく
断続的な緊張感を強いられ
どのシーンも圧迫感がある。
観終わった後は、グッタリ
気持ちも身体も椅子に沈み込んだ様。


エンドタイトル中、数度流れる
勇ましすぎず、物悲しすぎもしない
トランペットソロのテーマ曲、
一人一人の兵士が孤高の存在で
あったことを示すかのようで
胸に染み入ってくる。


「プライベート・ライアン」のようなアクション要素もない
ましてや「パールハーバー」のような変な日本描写は微塵もなく
コトバに頼らず、絵で伝えるべきことを伝える
前作同様きわめて完成度が高い映画作品。

「反戦」とか「英雄」とかコトバでの描写を拒む映画、
「感動」というコトバすら無縁の映画を作る
クリント・イーストウッドは真の偉大な映画作家と思います。

尚、日本の予告編は酷いデキなので
是非ともこちら↓米国版予告編をお勧めいたします。
http://www.apple.com/trailers/wb/lettersfromiwojima/hd/

« 新規投稿-2002年2月23日 オペラ座の怪人/De La Guarda~米国~ | トップページ | のだめ、燃焼! »

コメント

指揮官にも、一兵卒にも、それぞれに人生の背景があったのに、それが理不尽な戦いの中で一瞬で断ち切られてしまう。そんなやるせなさが迫ってきました。抑えた色調とトランペットのソロも、その思いを高めるようです。
戦場の醜さ、その中でも光る生身の人間のエピソードとか、ほんとうに公平な視点で描かれた映画だと思いました。
やはりいい映画は、スクリーンに向き合って見たいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/4570525

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 硫黄島からの手紙 Letters from Iwo Jima :

« 新規投稿-2002年2月23日 オペラ座の怪人/De La Guarda~米国~ | トップページ | のだめ、燃焼! »