フォト
無料ブログはココログ

« バリ島 2日目 | トップページ | バリ島 4日目 »

2006年10月 8日 (日)

バリ島 3日目

8時に起床するも、
9時半まで2度寝して、
その後、朝食に。
今日はフルーツを全種トライ!
とれも甘すぎず、
ただただジューシィで、うまい!!

06100801

その後、部屋に戻るも、
またもや窓際のソファーで居眠り。
寝てばっか。

12時にチェックアウトし
ますは籐細工の工房へ。
いくつか作品を購入させてもらう。

06100802

ココナツのチップで籠たちを燻し中。

06100803

南国にありがちな
工房横のやる気のない犬。

06100804

次は銀細工の工房へ。
細かい細工と手先の器用さに脱帽。

06100805

そしてホテルへ移動途中、
ウブドの街並を車中から。

06100806

ヒンドゥー教については全く無知ながら
マヤの遺跡に似た黒い石の寺院は
土着的な力強さとその造形からは
ミニマル・ミュージックのような繊細さを感じる。

06100807


本日の宿は
「The Viceroy Bali (ザ バイスロイ バリ)」
 JL.Lanyahan Br.Nagi Petulu Ubud Bali
フレンチがおいしいという新しいヴィラ。
門の横にはヘリポートがあり、
手入れされたエントランスから
フロントに入る前から気分が高まる。
そして、お部屋もゴージャス。

06100808


06100809

ちょっと部屋を出てみても
美しい草花と目前の渓谷とおいしい空気に
癒される。
密林で感じたのは、砂漠と同様で
大自然のなんとも言えぬ「清潔感」。
湿気を含みながら、
微かな緑の匂いを運ぶ風、
これはこれで爽やか。
自然によって生きさせてもらっていることに
心底、充実感を感じる。

06100810

部屋のテラスでビンタンビールとシガー。
もう至福の時!
やはりシガーは、シガーバーでクユラスより
南国でゆったりのくゆらすが正解かも。

06100811


06100812

テラスでモーツァルトを聴きつつ
宮本輝「錦繍」を読む。
20年前に読んだ小説を
今読むと、どんな印象かと持ち込んだもの。
当時なかなか馴染めなかったモーツァルトの音楽との
距離を縮めてくれた小説。

そして待ちに待った夕食。
まずは、前菜

06100814

スープ

06100815

メインのお肉

06100816

その後、チーズをいただき(とても新鮮!だった)
デザートとカフェ。
満月の下、ゆったりと時の流れにまかせた食事を満喫。

部屋に戻り、夕食時残ったボトルワインをチビチビ、
これまた絶品。

« バリ島 2日目 | トップページ | バリ島 4日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/3741313

この記事へのトラックバック一覧です: バリ島 3日目:

« バリ島 2日目 | トップページ | バリ島 4日目 »