フォト
無料ブログはココログ

« 2002年2月 | トップページ | 2002年6月 »

2002年3月 2日 (土)

カーネギーホールでマーラー最後の交響曲~米国~

いよいよ米国滞在の最終日。
お昼前から、滞在中になじんたチャイナタウンへ

020302ny01


お昼はおいしかった店に再訪、
点心に、海鮮そば、うまい!

020302ny011

020302ny02


夜はカーネギーホール。

020302ny03


演目
マーラー:交響曲第9番
指揮:B・ザンダー
ボストンフィル

NYの最後の夜にマーラー最後の交響曲を
カーネギーホールで聴ける喜び。
マーラーが晩年を過ごしたNY、
けっして楽ではなかったNY時代に推敲を重ねたこの曲を
生で、この地で聴くだけで感慨深い。

いい音楽、いい絵画、いい演劇、そしていい情景。
思い出深き、米国の旅の最後を締めくくる名演だった。


020302ny031

何回か乗り間違えも体験しつつも、
滞在中、心強い足となったNYの地下鉄にもサンクス!!

2002年3月 1日 (金)

スラットキン:NYフィル/NYシティオペラ~米国~

朝9時に起床。
午前中は予定がないので、ちょっと寝坊する。
デリのサラダを食べながら、メール書いたり、本読んだりし
11時にホテルをでチャイナタウンへ。

020301ny00


020301ny01


020301ny011_1


020301ny012


020301ny013


12時前くらいに、中国人が多い裏通りの店を見つける。

020301ny014

飲茶の店でもあるらしい。
海老シュウマイ、海老を餅でくるんだもの、鶏肉のソバ
かなりおいしいかった。
お肉は店先に肉がつるしてあるだけに、かなりの味。
いろんな部位が入っていて味付けがしてある。
全体的にいつもの米国の中華より味付けが若干濃い。

020301ny015

020301ny02

その後、NYフィルを聴きにリンカーンセンターへ。

演目
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲BB76
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番
ルトスワノフスキ:交響曲第3番
指揮:L・スラットキン
*ピアノ:A・ヴォロドス
NYフィル

客層はマチネなのでおばあさんばっかり
客席の頭は8割が白髪か禿げ。
演奏はどれもキチっとしていて、好感もてる。
ただ、このマイナー選曲のプログラムでよく客が入ると感心する。

夜のオペラまで時間つぶしに
映画「ハーツウォー」をタイムズスクエアで見る。
ブルースウィリスは月並み、ドイツ将校役がいい。

夜はNYシティオペラ。

020301ny021

演目
ガーシュイン:ポギーとベス
指揮:ジョン・デマイン
ニューヨークシティオペラ

演目は「ポギーとべス」、歌手は全部黒人。
客層は演目ゆえか黒人がかなり多い。
べス役が細身の割に声がでて、かなりいい。

ホテルに帰って
デリの夕食をとって、就寝。

« 2002年2月 | トップページ | 2002年6月 »