フォト
無料ブログはココログ

« ニュージアム/自然史博物館、ナショナルギャラリーの復習~米国~ | トップページ | ワールドトレードセンター跡地~米国~ »

2002年2月17日 (日)

ニューヨークへ/カーネギーホール~米国~

朝6時20分に起床。
晩ごはんの残りの中華を朝食にとり
7時にチェックアウト。
タクシーでユニオン駅へ。

020217ny01

8時発のアセラ特急に乗りNYへ。
=======================================================
Amtrak: Your Reservation Confirmation
Train: 2200
From: Washington-Union Station on 02/17/02
To: New York-Penn. Station on 02/17/02
Departs: 8:00am 02/17/02
Arrives: 10:55am 02/17/02
Additional Services: Acela Express Business Class Seat
Guests: 1  $124.00
=======================================================
ビジネスクラスのせいか
各席にコンセントがついていて
席も広く座り心地がよい。

020217ny01_1

ただ、一昔前の新幹線くらいゆれるので
PCを使うのはけっこうたいへん。
本を読むのも時折つらくなる。
景色を見ながらの旅になるので
汽車の旅は楽しい。
川や湖がとても綺麗。
列車は日曜の朝でもありガラガラ、
1車両に4人くらい。
車窓からの米国の風景はともかく美しい。

020217ny02

NYには11時に到着!
噂とおり心躍る街!
タクシーから写真を撮りまくる。

020217ny02_1

タクシーにて10分ほどでホテルへ到着するも
チェックインは3時とのこと。
荷物を預けコンサートホールまで散策をする。

プラプラ歩いているとあっという間に
カーネギーホールへ到着し
本日のチケットを入手する。

020217ny03

020217ny031

020217ny032

さらに散策していると、
すぐにタイムズスクエアにでる。

020217ny033

ランチにファーストフードっぽい
ステーキハウスに入る。
ステーキ、ポテト、パン、サラダ、コーヒー
で10ドルちょっと、あまりおいしくない。

020217ny04

開演時間なので
カーネギーに戻ると
けっこうな人だかりで
ダフ屋までいる。
席は三階席で棚下だが
音は悪くない。
あまり音響の評判がよくないホールだが
さほど気にならなかった。

020217ny05

Munich Philharmonic Orchestra
Sunday, 2/17/02 2:00PM
Section Row/Box Seat Price
DC4_ FF 42 $46.00

演目は
チャールズ・アイヴズ ニューイングランドの3つの場所
ベートヴェン 交響曲第7番
ジェルジ・リゲティ ロンターノ(1967)
ブラームス 交響曲第4番

指揮 J・レヴァイン
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

レヴァインのなじみのカーネギーへの
ミュンヘンフィルを率いての凱旋コンサートのためか
アメリカ臭がすごい。
盛り上げ方、ちょっと大味な演奏。
チェリビダッケに鍛えられたオケならではの
バランスのよさは残念ながら冴えない。
ただ、管楽器のすばらしいこと
フルート、クラリネット等々名手そろい。
べト7でもブラ4でも大活躍だった。

演奏で一番よかったのはリゲティ。
CDではこういう曲はわからないことを強く感じる。
やはり、メロディではなく音で聞かせる現代曲は
オーディオ再生には向かない。
弦楽器のアンサンブルが大事な曲なだけに
壮大で美しく、全身総毛立つ迫力。

ブラ4は終楽章
重厚感ある弦楽器がすばらしかった。
レヴァインはベト7だけ暗譜で演奏、
その他は譜面を見ながら演奏、
正直で好感持てる。
ただ、ピアニシモを大事にした
もう少し精緻な演奏をして欲しい。

今日も感じたが
米国の観客はマナーが悪い
ボストンでは、横のおばさんが足踏みしてるし
(しかも拍子があっていない)
演奏中あちこちでごそごそパンフの音やらする。
携帯が鳴るのも珍しくない。
今日は最悪なのは後ろのおばさんが
チッチと口を10秒おきにならす。
周囲が注意してもなぜか止めない。

休憩時間に横のおばさんが
あのレディはクレージーだからこっちの空いている席に来いと
逆側をすすめてくれる。
そのおばさんとは休み中音楽の話でもりあがって
結果としてはいい思い出ができたのだけど
周囲の観客のあまりのマナーの悪さに閉口。

結局、米国の観客は日本以上に
クラシックをステイタスとして聞きに来ているから
音楽なんか二の次なのがよくわかった。

コンサート後は散策しながら
デリや酒屋などを探してまわる。

その後ホテルにチェックイン。
見事に格の下がった安ホテルだが
値段を考えればしかない。
 HABITAT HOTEL
 130 EAST 57TH STREET NY
なんとNYにして $70/泊!
14泊するので、まあ押さえるべくして押さえたのだか
大都会にして、見事なまでもバックパッカー向け安ホテル。
シャワールームは共用。
利用者は東欧、アラブ系ばかり也。

020217ny051

しかし、問題はこの隣の部屋に通じるドア。
音がまる聞こえの上に、なんとドアが開いてしまう!

020217ny052

荷物をほどき、再度夕飯の買出しにでかける。
ワシントンよりはるかに寒く
ボストンで買った、帽子と手袋を持参する。

020217ny06

夕食はデリの惣菜とビール。
日系米国人の店らしく
チャーハンなど米類が充実。
味はまあまあ。

« ニュージアム/自然史博物館、ナショナルギャラリーの復習~米国~ | トップページ | ワールドトレードセンター跡地~米国~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/4063196

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークへ/カーネギーホール~米国~:

« ニュージアム/自然史博物館、ナショナルギャラリーの復習~米国~ | トップページ | ワールドトレードセンター跡地~米国~ »