フォト
無料ブログはココログ

« オペラ座の怪人/De La Guarda~米国~ | トップページ | 自由の女神/レミゼラブル~米国~ »

2002年2月24日 (日)

ゴスペル/レント/美女と野獣~米国~

ゴスペルを聞くために7時半起床、
8時半にホテルをでる。
グリーンラインの駅からは教会は遠く
20分ほどハーレムを歩く
歩道にはごみが散乱し
スパイクリーの映画のよう、
綺麗な街とは言いがたい。
ただ、噂にあった悪臭なんかはしない。

020224ny01

020224ny011

020224ny012

教会に着くと、やや遅刻にもかかわらず
白服の教会の女性に親切に席を案内される。

020224ny02


入ると,牧師の祈りの最中、
また外観と異なり、教会内部はホテルのロビーのようにきれいで
洗礼槽が大理石、圧倒される。
祈りの内容はあまり理解できないが、
感動的でよさそげな感じ。
目を開けるとあちこちで女の子が泣いていた。

ゴスペル、ピアノが祈りの伴奏をしていて
明るくもおごそか。
ゴスペルは喜びに満ちている
歌う喜び、神を称える喜び。
今まで立ちあったどの国の礼拝よりも
喜びに満ちている。
歌を通じて本当に称える、喜びあっている。

説教は牧師の横の女性がおこなっていた
活舌のいい、パッションのある説教。

献金の前に牧師からビジターの起立を求められ立ち上がる。
歓待の言葉の後、座ると四方の黒人から
握手を求められる。
ふと、以前カリフォルニアの教会で
有色人種である自分と握手するのを
明らかに嫌悪していた白人女性のことが頭をよぎる。

最後に、仏教徒だろうと、どこに住んでいようとも人類はみな兄弟
みたいなことを牧師が力強く言っていた。
こういった雰囲気の中で、
こういったメッセージには強く同意。
ローズ宇宙センターでトム・ハンクスに
 ウィ アー シチズンス オブ ユニバース
と言われたのと同様に感銘。
しかも、久方ぶりに宗教のすばらしさを感じた。

教会をでて、またハーレムを散歩
住人のおしゃれさに舌を巻く。

020224ny03


教会でもそうだったが
フォーマルな時のキメかたが尋常じゃなくすごい。
日本だと派手で悪趣味なのが
この辺りだとしっくりきている。

ハーレムのHMVで
早速ゴスペルのCDを購入
地下鉄でタイムズスクエアへ

バーガーキングでお気に入りのチキンサンドを食べた後
「レント」を観に劇場へ。

020224ny031

「レント」は役者の年齢層も若いためか、
非常にテンポよくアクティブな舞台
ただ、プッチーニのオペラを基に・・・
という意味での期待は裏切られる。

020224ny04

その後、時間つぶしにピザ屋へ
ほうれん草のピザがやたらうまい。

18時半より「美女と野獣」をみる。

020224ny041

仰天連続の豪華な演出。
ジョッキを携えてのダンスは見事だし。
フルオーケストラならではの繊細かつダイナミックな演奏。
光の加減で透けて見える緞帳など
随所に見られる技術力を駆使した演出。

そして、ディズニーならではのクォリティに対する執着心。
役者のレベル、オケ、セットにいたるまで
ロングランにもかかわらずくたびれていないし、
他のショーと比較しても上質なのは一目瞭然。
こういうのを見て育った子供が
オペラなんかを見るのだから
全体的に文化の質は向上していくのは納得。

020224ny05

今日はあまり歩いていないので
ホテルまでは歩く、
途中、デリでボイルしたチキンとポテトサラダを購入
夕食はワインとそれら。

« オペラ座の怪人/De La Guarda~米国~ | トップページ | 自由の女神/レミゼラブル~米国~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/4481592

この記事へのトラックバック一覧です: ゴスペル/レント/美女と野獣~米国~:

« オペラ座の怪人/De La Guarda~米国~ | トップページ | 自由の女神/レミゼラブル~米国~ »