フォト
無料ブログはココログ

« 1999年6月 | トップページ | 2000年1月 »

1999年9月25日 (土)

ダマスカス-4000年の歴史ある都-~シリア~

早朝、アンマンのバスターミナルから
ダマスカス行きのバスへ
ダマスまでは半日。

99092501

国境を越えて
ちょっと一息。
政治的に微妙な国家、
秘密警察の存在。
写真もあまり自由に撮らないほうがよいとか・・・
少々緊張する。

99092502


その後バスは市内のバスターミナルに着くが
方向がどっちか全くわからない。
適当に歩き、適当なホテルを見つけ
荷物を降ろし、適当に歩くと
ヒジャーズ駅に。
1917年建造の装飾がリッパな建物。

99092503


アサド橋の下のバスターミナルを通って
(と言っても小型乗合いバス-セルビス-のターミナル)

99092504


ダマスカス国立博物館へ
ウガリッドのアルファベットの粘土板を筆頭に
素晴らしい考古品の数々!

99092505

その後は博物館横の軍事博物館へ
国庫の大半を軍備に費やし、
今でもイスラエルとの緊張感ある国ならではの
展示には圧倒される。

99092506

再び反転して、旧市街のスーク(市場)へ
香水、タバコ、絨毯、金銀の食器、民族衣装、香辛料が
雑踏、声、むせかえる臭い4000年の歴史ある都市の中心。

99092508

99092507

ウマイヤド・モスク
世界最古のモスク。

99092509

絢爛豪華な内装に驚き。

99092510

ヨハネの墓標
もともとは聖ヨハネ聖堂があったとのこと。

99092511


夜はサーリヒーエ通りに。
ダマス一の洒落た通りらしい。
西欧の商品が一切ない割には
国の豊かさが伺われる。

99092512

夕食はオープンカフェで。
赤い缶はシリア製コーク。

99092513


さて明日はパルミラ日帰りの強行軍だぁ。

1999年9月21日 (火)

Bolshoy Theatre@Moscow,Russia

演目
グリンカ イワン・スサーニン
指揮)マルク・エルムレル
バス)マキシム・ミハイロフ
ボリショイ劇場合唱団
ボリショイ劇場管弦楽団
@ボリショイ劇場、モスクワ

Mikhail.Glinka
Ivan Susanin (Zhizn' za tsarya)
Con)Mark Ermler 
Maxim Mikhailov
Bolshoi Theatre Chorus
Bolshoi Theatre Orchestra
@Bolshoy Theatre,Moscow

ボリショイ劇場は1825年は落成。実に古く立派な建物であった。2005年から修復工事に入り延期を繰り返しつつ6年かけて再開。200億ルーブル(約470億円)以上を要したという。新しくなった劇場、是非、再訪してみたい。しかし、グリンカのこのオペラ二度と聴くことはないだろうなぁ。ちなみに五枚目の写真は当月の演目。見事にロシアものばっかりw。

990921000


990921001


990921002


990921003


990921004


1999年9月20日 (月)

Svetlanov State Academic Orchestra @Moscow Tchaikovsky Conservatory, Russia

演目
リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲
Ian Radzinsky(Ян Радзинский):ヴィオラのための協奏曲
チャイコフスキー: 交響曲第5番
指揮)ヴァクタング・ジョルダニア
ヴィオラ) アミール・シフ
ロシア国立交響楽団
@モスクワ音楽院チャイコフスキー記念大ホール

Rimsky-Korsakov:Capriccio Espagnol
Ian Radzinsky:Concerto for Viola
Tchaikovsky:Symphony No.5
Con) Vakhtang Jordania
Viola) Amir Schiff 
Svetlanov State Academic Orchestra
(Russia State Symphony orchestra)
@Moscow Tchaikovsky Conservatory


このホールがオープンしたのは1901年。モスクワ音楽院チャイコフスキー記念大ホールという名称が日本では用いられている。多くの音楽家たちを輩出した音楽学校であり、これまた多くのロシア国内外の音楽家が演奏したホール。
グレン・グールドもここで共産党政権下タブーだった新ウィーン楽派などを弾いて話題になったことがある。グレン・グールドのコンサートは告知が徹底されていなかったらしく、学校の先生、生徒がなにやら凄いピアニストが演奏しているぞ、と聞きつけ、ガラガラだったモスクワ音楽院ホールにコンサート途中ながら、ぞろぞろ人が入ってきたような話を、なにかで読んだ気がする。
このホールの音響だが、あまりいい印象はなかった、やはり響きが足りないので、演奏家がリキまざるを得ないようなホールだったように感じた。ちょうど今、改修工事に入ったようで、今後、改善はされるのだろう。但し、ボリショイ劇場同様、かなり長い期間の閉館になると思われるw。なんせボリショイ劇場は再オープンしないのではと言われるほど、オープンが延期につぐ延期であったのでw(なんと6年かかった)。
当日のプログラムは運がいいことにロシアものばかり。やはり自国の作曲家を自国民の前で奏するのは、彼らも手を抜けないはずだしw。
ちなみに2曲目のIan Radzinskyは当時は誰の何の曲か全くわからなかった。4枚目の写真にある壁の演目表を書き写した(というか訳もわからずキリル文字を模写した)当時のメモがあり、これを元に10年以上の時を経て解明した次第w。

990920000


990920001


990920002


990920003


1999年9月19日 (日)

St.Petersburg Academic Symphony Orchestra @Saint Peterburg,Russia

演目
スメタナ:売られた花嫁
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲
ムソルグスキー:展覧会の絵
指揮)アレクサンドル・ドミトリエフ
ピアノ)イーゴリ・ウルヤシュ
サンクトペテルブルク交響楽団

Smetana: Prodana nev?sta
Rachmaninov:Rhapsody on a Theme of Paganini, Op. 43
Mussorgsky: Pictures at an Exhibition
Con) Alexander Dmitriev
Piano)Igor Uryash
St.Petersburg Academic Symphony Orchestra

990919000


1999年9月17日 (金)

Vladimir Ovchinnikov @Saint Peterburg,Russia

サンクト・ペテルブルク・フィルハーモニー
(Saint Peterburg Philharmonia)の大ホール

演目
モーツァルト アダージョ ロ短調 KV540
ヴラジミール・リアボフ:幻想曲
ヘンデル:組曲1番
ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ Op. 24
ピアノ)ウラディーミル・オフチニコフ
@サンクト・ペテルブルク・フィルハーモニー大ホール

MOZART:Adagio in B minor, KV 540
Vladimir Ryabov:(b. 1950) Fantasia in C minor, Op.21
Handel:Keyboard Suite No. 1 in A major, HWV 426
Brahms:The Variations and Fugue on a Theme by Handel, Op. 24
Piano) Vladimir Ovchinnikov
@Saint Peterburg Philharmonia

1999年9月16日 (木)

Saint Peterburg Philharmonia@Saint Peterburg,Russia

演目
ワーグナー ローエングリン 第3幕への前奏曲
シューマン ピアノ協奏曲イ短調op54
チャイコフスキー 交響曲 第5番 ホ短調 Op64

指揮)ユーリ・テミルカーノフ
ピアノ) エリソ・ヴィルサラーゼ
サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団
@サンクト・ペテルブルク・フィルハーモニー大ホール

Wagner:Lohengrin Act III: Prelude
Schumann Piano Concerto
Tchaikovsky Symphony no.5
Con)Yuri Khatuevich
Piano)Eliso Virsaladze
Saint Petersburg Philharmonic Orchestra
Saint Peterburg Philharmonia、Saint Peterburg
@Russia

当時のメモには「このホールはそもそも1839年に貴族の会議室用に建てられたものらしい。なので、通路は狭いが、オペラ劇場のような豪華さがある。ただ、音の響きがあまりなく、コンサートホールにしては物足りない。オケの音が鋭利かつ大音量になるのは必然か。」とある。


内装は豪華、ただホールの残響が少ない。その為、オケの音は大きめになるのか。また、響きが少ない分、音が鋭利でキリリとした音楽になる。しかし、団員個々の技量がすばらしく、違和感はない。
99091601


席はほぼ満席。
99091602


ユーリ・テミルカーノフ!録音でも一風変わった解釈を披露するので親しみが持てる指揮者。
99091603


全く文字を理解することができない。当時は携帯端末もインターネットもまだまだだったので、演目を調べることもできないw。ちなみに、インターネットに接続するには、ホテルからは無理だったので、町中の電話局に通った。
99091604

テミルカーノフを聴き
ペテルブルクのCDショップで下記CDを発見購入。
驚くべき爆演!死者も目覚めるレクイエム。

990916

Yuri Temirkanov/
State Academic Russian Chorus
Moscow Philharmonic Orchestra
MELODIYA/MEL CD 10 00434

« 1999年6月 | トップページ | 2000年1月 »