フォト
無料ブログはココログ

« 1999年5月 | トップページ | 1999年9月 »

1999年6月 3日 (木)

QUICKSILVER AUDIO S60

パワーアンプ:QUICKSILVER AUDIO Mono Block
も10年近く使ってきました。
先のスピーカーの買換えにあわせて
真空管8417が入手困難なので、
どうせならこの際、ということで同じく最新モデルに買換え。

QUICKSILVER AUDIO S60

990603quicksilvers60

・付属の"EL-34"以外に"6L6", "KT77", "KT88", "6550A"などの銘真空管が無調整で使用できます。
・電源容量、出力管構成、出力トランスなどに、その2倍の出力を得られる余裕を持たせています。
のフレーズに魅了されました。
その後、いくつかの真空管を試したり、
真空管はやはりロシア製が一番!なんて知識も得られました。

このメーカーの「パワーアンプの設計コンセプト」がリッパです。

●この30年間でトランスの技術は飛躍的に向上しました。この最新のトランス技術を導入すれば真空管アンプのパフォーマンスは、半導体を用いたものより十分なメリットがあると信じます。価格配分はトランスを最優先し外観は最小限に留めることによってコストパフォーマンスを追求しています。

●回路設計の特徴は、信頼性を高め音楽の純粋さを保つため、高品質な部品と厳重に選択された真空管を使い単純化していることで、保守を簡単に。

●コンストラクションは信号の流れに従った音質最優先のものとするため、外見などは二の次とする。

●スピーカーのすぐ傍に置き、スピーカー・ケーブルは出来るだけ短くする使用法を強く推奨。

●電源については、日本向け仕様として特別に電源トランスを設計開発し100ボルト、50ヘルツでの使用を完全にクリアすること。そのため、コア・サイズが米国仕様のものより大型化されています。


<<システム構成>>
 スピーカー:MartinLogan Sequel 3
 プリアンプ:Audible Illusions Modulus2
 パワーアンプ:QUICKSILVER AUDIO Mono Block
 CDプレーヤー:REVOX C221 MK2
 レコードプレーヤー:SOTA sapphire
 トーンアーム:GRADO

« 1999年5月 | トップページ | 1999年9月 »