フォト
無料ブログはココログ

« アムステルダム | トップページ | Nederlands Philharmonisch Orkest@ Concertgebouw,Amsterdam »

1989年2月17日 (金)

Royal Concertgebouw Orchestra@Concertgebouw,Amsterdam

演目
ハイドン:チェロ協奏曲
ブルックナー:交響曲第6番
指揮)ブロムシュテッド
チェロ)ヨーヨー・マ
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
(当時はアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団)
@コンセルトヘボウ

Haydn:Cello Concerto
Bruckner:Symphony No. 6
Con) Herbert Blomstedt
cello) Yo-Yo Ma
Royal Concertgebouw Orchestra
@Concertgebouw

早朝、列車でアムステルダムに着くとすぐにインフォメーションでA.C.O(アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団-現ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団)のチケットを買おうとするが、売り切れとのこと。ホテルだけ案内してもらうとなかなかのホテルの紹介ならびにチケットの購入方法まで教えてもらいたいへん助かる。
A.C.Oは18:30頃にコンサートホール脇に並び、19:00に予約券を入手、19:45にキャンセルチケットを何とか手に入れることができた。列に並んでいる際に、同じく並んでいる老婦人に親切にしてもらい、YO-YO MAの人気について知らされる。あわせてホールの自慢もされてしまいw、世界的なこのホールでの今晩の演奏がますます楽しみになる。
そして、チケットを受け取りいよいよホール内に入ると、さすがにすごい装飾、舞台は映像で観るよりいくぶん小さく思えるがなんと言っても天井が高い!また床は木である。響きは柔らかく、音のヌケもよい、広々とした音がし、評判通りのすばらしい音がする。ウィーンのムジークフェラインとコンツェルトハウスのよい部分をあわせたような音。ここで聴くと音楽が音楽として鳴り、ホールも演奏に参加しているかのようである。音だけに関してはベルリンフィルハーモニーの音が霞むほどw。
YO-YO MAは人気があるだけあって、技術は申し分なく完璧!音もしっかり、全体とのバランスも素晴らしく、演奏後指揮者のブロムシュテッドが抱きついていた。その後はブロムシュテッド指揮、ACOによるブルックナーの交響曲第6番。この素晴らしいホールでのブルックナーはまさしく絶品、空前絶後の体験。音の彫像が目前で築かれていく様であり、他のホールではけっして味わえないブルックナーを満喫した。
以上、当時の日記から。オーディオでもなんでも、その後のリファレンスとなってしまったアムステルダム・コンセルトヘボウのホール。未だにこの原音を再生した録音やオーディオに出会ったことがない。20年近く経た今も、そのホールの音、身体で感じた音は忘れえない。

890217001


890217002


« アムステルダム | トップページ | Nederlands Philharmonisch Orkest@ Concertgebouw,Amsterdam »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142496/50961227

この記事へのトラックバック一覧です: Royal Concertgebouw Orchestra@Concertgebouw,Amsterdam:

« アムステルダム | トップページ | Nederlands Philharmonisch Orkest@ Concertgebouw,Amsterdam »