フォト

コンタクト

  • 居住地: Jordan
  • 誕生日: 1965年 11月 10日

自己紹介文

ブログを始めるに最初に購入したのが、なんとフィルムスキャナー。現在、新製品はあまり期待できない商品なんですね。慌ててオークションで購入しました。
高校時代の膨大なモノクロネガ。現像ミスのコマがチラホラ、暑かった暗室の悔しい思い出。
いく度かの旅行のネガ。整理が悪く時系列が滅茶苦茶。それを整理するのも、また楽しい。

私の敬愛する作家のエッセイから
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
あれはたしか1985年頃であったと思うのだが、その頃に"Back to the Future"というハリウッド映画があった。
私はこの映画をその頃に住んでいたバルセローナで見たので、この映画のタイトルの日本語訳がどういうものであったかを知らなかった。
 
この映画を見終わった後にも、この"Back to the Future"というタイトルの発想の仕方に異常なほどの関心、あるいは興味をそそられたのであった。
 
このタイトルの背後には、何かがある、何かが秘められている、と思ったのであった。
それで、かねて紹介されていたバルセローナ大学で古典学を講じている教授との酒席で、おそるおそるこの"Back to the Future"を持ち出したのであった。
おそるおそる、というのは、要するにハリウッド映画などのことを古典学の教授に、というのは失礼ではないか、との遠慮が私にあったからであった。
 
ところが、カタルーニア人であるこの教授はきわめてあっさりと、
――ああそれはホメロスの『オディッセイ』から来ているのです。
『オディッセイ』を読んでごらんなさい。謎は解けますよ。
と言ってにこにこ笑っているのであった。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
さて"Back to the Future"とは?!

興味のあること

コンサートホール、博物館、砂漠、遺跡、映画